新しい息吹が中頓別にはある 新しい焼肉店と菓子店の継承

2018年10月20日

人口約1700人の中頓別町と関わってもう6年目になります。

最初は上川、宗谷、留萌の振興局が広域で取り組んだ天塩川流域に移住者を招き入れるための事業から。今は観光振興計画の策定や、新しい組織づくり、そして若者たちの人材育成に関わっています。

その中で、中頓別凄いなーと思うことがいくつかあります。移住者が私が知る限りで去年から今年にかけて、5人います。20代から50代までですが、その多くが20~30代です。

BBQのお肉 (3).jpg

次に、起業する若手がいることです。写真は去年の7月に開業した焼肉店。既に2店あるのに1店が加わったのです。

2軒あった菓子店のうち一店が後継者がいなくて閉店するという状況に胸を痛めた札幌市豊平区出身の20代前半の男子が、修行して事業を継承したというすごいニュースもありました。勢いがある中頓別に注目してください。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9944

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)