徳島県で体験。農家のお母さんが地元の野菜を使って、方言交えながら

2018年03月05日

徳島県三好市の祖谷に室町時代からのかやぶき屋根の古民家を活かした宿泊施設があります。私が泊まらせていただいたのは5年前と4年前の二度。当時から欧米の方からの問い合わせがあると聞いていましたが、今ではほぼ毎日外国人旅行者が泊りに来ていて、なかなか予約できない人気の高さだそうです。

もちろん、歴史を感じる外観と現代的な内装や電気機器、ほぼ毎朝見られる雲海もその人気の理由だと思います。21.jpg

でも、2度泊まり私が感じた一番の魅力は、夕飯時に地元のお母さんが竹製のかごに野菜や名物の油揚げなどをいっぱい抱えてやって来て、一緒に料理をするという特別なプログラムが理由ではないかと思っています。

北海道でもこうした取り組みにチャレンジしている自治体やグループが、ぽつぽつありますが、祖谷のグレードに負けないレベルに早く届くよう頑張りたいと思っています。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9138

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)