猿払のホタテは天然の5年物→それを伝える人達もすごい。

2017年07月29日

一昨日は、中頓別町に40日間滞在している中華大学の観光学部の学生たちと、広域観光の地域資源調査を目的に猿払村にお邪魔してきました。素敵な人たち、取り組み、美しい景観を見つけ交流してきました。

そんな研修終了後、プチ旅を楽しみました。その場所は、「さるふつまるごと館」。建物の外観に素敵なイラストが大胆に描かれいて、引き寄せられました。

女性スタッフ3人の、やさしさと機転と専門性の高さが心に残りました。

自分たちでホタテをすくって、それをグリルで焼いて食べるスタイルも面白いし、焼き方含め細かな説明をする際に、ホタテや地元に対しての誇りや愛が感じられました。

20265018_2039370639628202_6148789948212458383_n.jpg20479568_2039370899628176_6807538668328853149_n.jpg 猿払バターのみ加えて、最高でした。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8317

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)