広いということ。空気、水がきれいということが北海道の価値

2017年05月16日

先日、タイの国営放送チャンネル3のプロデューサー他3名と6日間、日高管内と十勝管内の4つの町、広尾町、えりも町、様似町、浦河町を取材アテンドをした。

18424111_1996667017231898_4204622936859687959_n.jpg

この写真は、広尾町の吉田ご夫妻が20年近く手をかけた「夢の館」の広大な土地。

十勝で生まれ育った私でも、なんて気持ちがいいのだろうと思う、十勝の牧草畑と空と木々。経済発展のスピードがすごいバンコクから来た3人のうち1人は、取材の途中で裸足になって、この牧草地を静かに歩いていた。そして深呼吸していた。

何もないことが価値なんだと改めて知った思いがする。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8007

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)