広いということが何事にも代えられない価値 天塩の牧場で

2017年04月15日

昨年の夏、ハーバード大学他海外の大学生たちが1泊2日で天塩町に20名も訪れた。そのコーディネイターの一人としてかかわる中で、彼らが発するアメージング!という言葉を何度も聞いた。

道路の両側に広がる草地、バスの窓にぶつかるような背の高い草花、のんびりと草をはむ乳牛たち。刈り取られたばかりの牧草ロール。そして、そこで搾乳された牛乳。

DSC01417.JPG

初めて見る広大な牧場に身を置き、童心に帰る彼らを見て、土地の持つ力を強く感じました。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7850

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)