飲食店の一ひねりの好事例 五輪だから5種のうどん 下川町

2017年04月13日

68.JPG

ジャンプ選手を輩出する下川町と上川町がそれぞれの名物料理うどんとラーメンで前回のソチオリンピックの時に特別メニューを考え出したことを思い出します。

とってつけたものではなく、商工会青年部が短期間で相談して作り上げたこともあり素晴らしい取り組みだったなーと思います。

B級グルメとか食での町おこしや、観光客を呼び寄せるための取り組みで大切なことは、地元の人がいつも食べていること、誇りに思っていることですよね。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7853

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)