中村おやきは、間違いなく様似町民の誇り

2016年08月13日

創業50年以上の様似名物、中村おやき。 とにかく丁寧な優しいおやきなんです。

餡子は冷凍の作り置きはしません。十勝産、しかも私が15歳から3年間暮らした幕別町の「えりも小豆(しょうず)」を使用し、約5時間ほどかけて、じっくり炊き上げています。

 

生地は道産小麦で、特注の銅板で外はかりっ、中はもっちり焼き上げ、創業当時から変わらぬ形と味なんだそうです。様似町民だけではなく、日高管内の人たちみんなの支持を得ていると言っても大げさではないような気がします。

 

DSC00017.JPG

台湾の女性雑誌「女人下班後」の取材でお世話になりました。

ワンハンドフード(片手で持って歩きながら食べられる)モノが大好きな台湾の人たちに、ここのおやきはきっと人気になるでしょう!

 

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6861

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)