« ちいさい秋みつけた | メイン

たき火

2010年09月28日

 そろそろ、北海道はたきびの季節でしょうか? 
 まだ早い? 

 それにしてもたきびって、見かけなくなりましたね。
 僕が小さいときは確かにやっていた気がするんです。
 そこで薩摩いもを焼いたりしてね。
 懐かしい思い出です。

 この歌の歌碑が、東京の中野、結構うちから近くの場所に建てられてるんです。
 そこの家、この歌の舞台になった、垣根のある家です。
 立派な家ですね。
 ここの家では、歌の通りに区内に住んでいる子供たちにたき火を体験させようと、毎年たきびを続けているんですよ。

 さて、ずっと続けてきた「あの日の歌景色」「続 あの日の歌景色」が今日で最後なのです。
 長い間、たくさんのご声援を有難うございました。
 もしも道新で連載をしていなかったら、ぼくの30周年コンサートも、おととい行った釧路でのコンサートもありえなかったと思います。
 新聞連載で私が歌手だったことを知った皆さんもたくさんいたことでしょう。
 実は一昨日のコンサートは童謡・唱歌を歌うつどい…だったので、いつものように「しゃぼん玉」や「里の秋」を歌うだけのはずだったのですが、生まれ故郷ということもあってか、先日の30周年コンサートで聞いていただいた17歳のときのデビュー曲を歌ってほしいとリクエストされました。
 幣舞橋の近くのホールでデビュー曲「釧路にて」を歌う。
 あれから30年・・・。
 ちょっと嬉しさがこみ上げてきました。

 これからも新しい自分を見つめながら、さらに童謡唱歌に潜む謎や秘密に迫って行けたら…と思っています。
 長い間、読んでいただきありがとうございます。
 スタッフの皆さんもありがとう! 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13438

プロフィール

プロフィール

合田道人
ごうだ みちと。1961年(昭和36年)、釧路市生まれ。高校在学中に渡辺プロダクションからシンガー・ソング・ライターとしてデビュー。翌年数々の新人賞を受ける。その後、音楽番組の構成、司会、CD監修・解説に加え、作詩・作曲など多方面で活躍。著書「案外、知らずに歌ってた~童謡の謎」などで童謡ブームの火付け役となり、「歌う作家」として講演・コンサートで全国をまわっている。
07年4月から北海道新聞で「あの日の歌景色」を連載中。

歌を聴くには

「歌を聴く」ボタンをクリックすると、タイトルの歌を聴くことができます。

歌が再生されない場合は再生ソフト「『Windows Media Player』(無料)」をインストールしてください。ダウンロードするには、下のロゴをクリックしてください。


※録音物の著作権は、北海道新聞社、ミュージック・オフィス合田に帰属します。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック