« 2010年08月 | メイン

たき火

2010年09月28日

 そろそろ、北海道はたきびの季節でしょうか? 
 まだ早い? 

 それにしてもたきびって、見かけなくなりましたね。
 僕が小さいときは確かにやっていた気がするんです。
 そこで薩摩いもを焼いたりしてね。
 懐かしい思い出です。

 この歌の歌碑が、東京の中野、結構うちから近くの場所に建てられてるんです。
 そこの家、この歌の舞台になった、垣根のある家です。
 立派な家ですね。
 ここの家では、歌の通りに区内に住んでいる子供たちにたき火を体験させようと、毎年たきびを続けているんですよ。

 さて、ずっと続けてきた「あの日の歌景色」「続 あの日の歌景色」が今日で最後なのです。
 長い間、たくさんのご声援を有難うございました。
 もしも道新で連載をしていなかったら、ぼくの30周年コンサートも、おととい行った釧路でのコンサートもありえなかったと思います。
 新聞連載で私が歌手だったことを知った皆さんもたくさんいたことでしょう。
 実は一昨日のコンサートは童謡・唱歌を歌うつどい…だったので、いつものように「しゃぼん玉」や「里の秋」を歌うだけのはずだったのですが、生まれ故郷ということもあってか、先日の30周年コンサートで聞いていただいた17歳のときのデビュー曲を歌ってほしいとリクエストされました。
 幣舞橋の近くのホールでデビュー曲「釧路にて」を歌う。
 あれから30年・・・。
 ちょっと嬉しさがこみ上げてきました。

 これからも新しい自分を見つめながら、さらに童謡唱歌に潜む謎や秘密に迫って行けたら…と思っています。
 長い間、読んでいただきありがとうございます。
 スタッフの皆さんもありがとう! 

ちいさい秋みつけた

2010年09月21日

 今週から生まれ故郷の釧路に行きます。
 「全道童謡・唱歌をうたうつどい」が今年で10回目、それも僕の故郷で開かれると言うので、早くから出演のオファーを頂いたゲスト出演です。
 9月26日、釧路市生涯学習センター「まなぼっと幣舞」大ホールで行います。
 それにしても月に2回も北海道にいけるなんて、それもこれも「あの日の歌景色」の連載とこのブログのおかげです。
 来月も4日間のコンサートツァーがありますしねえ。

 それにしても今年は本当に暑かったですね。
 北海道でのコンサートのとき、「さすがに涼しいなあ」…と思いましたが、帰ってきたら東京もちょっと涼しげになっていました! 
 まさに「ちいさい秋」の到来です。
 今回新聞で「ちいさい秋」は人生の折り返し地点と書きました。
 僕はもう「ちいさい秋」の季節を迎えたんでしょうか? 
 今48歳ですから・・・とっくに迎えてますねえ! きっと・・・。

かあさんの歌

2010年09月14日

 道新ホールでの30周年コンサート、無事に終わりました。
 ありがとうございます。
 当日券をお求めになり並んで下さったお客様の数十人がチケットを買えずにお帰りになったとのこと。
 申し訳ありませんでした。
 でも感動の中で一生懸命、歌ってきました。
 僕は「かあさんの歌」をレコーディングしていますが、できたいきさつが「うたごえ運動」の中で発表された歌ということもあってか、今まであまりステージで歌うことはありませんでした。
 しかし今回は母が舞台を見ているということもあり、あえて選曲してみました。
 それも2番と3番の間に唱歌「ふるさと」(うさぎおいし・・・)をはさんだちょっと感動的な作品として、第1部のラスト曲として歌ったのです。
 しんみりとお客さまも聞いてくださいました。
 それぞれのお母さんのことを思い出して聞いてくれていたのかもしれません。
 それにしてもどうしてこの手の歌は、みなさん涙が溢れそうになるのでしょうか? 

  先年、この歌ができた場所である長野県の信州新町(現・長野市)を訪ねました。
 そこには歌碑が建つのですが、なぜか周囲に羊の像もあるんです。
 それに「かあさんの歌」手袋というキャラクターグッズがありました。
 手袋には滑り止めがついていて、受験のお守りとしても人気だそうです。

赤とんぼ

2010年09月07日

 ♪おわれてみたのは いつの日か・・・。
 ふるさとの代名詞のような童謡「赤とんぼ」を今日は取り上げました。
 とうとう30周年のコンサートまであと2日です。
 僕は今夜から北海道に入り、久々に実家で過ごす予定です。
 この一週間で、うちのスタッフが4人も風邪をひき、僕も危ない! って思ってたけれど、なんとか気力で今日まで来ましたが、さて、今回のコンサートのラスト曲に選んだのが、やはりこの歌「赤とんぼ」です。
 この曲は北海道で作られた歌だということを新聞にも書きましたが、スタート曲が「この道」で、これがラスト曲。
 途中で倍賞さんにナレーションをしていただく「しゃぼん玉」も「赤い靴」と、北海道に関連している童謡たちが多く選曲されています。
 普通の童謡ショーとは違い、「へ~」と思って頂けるように、心をこめて最後の「赤とんぼ」まで歌ってまいります。
 どうぞ宜しくお願いします。

プロフィール

プロフィール

合田道人
ごうだ みちと。1961年(昭和36年)、釧路市生まれ。高校在学中に渡辺プロダクションからシンガー・ソング・ライターとしてデビュー。翌年数々の新人賞を受ける。その後、音楽番組の構成、司会、CD監修・解説に加え、作詩・作曲など多方面で活躍。著書「案外、知らずに歌ってた~童謡の謎」などで童謡ブームの火付け役となり、「歌う作家」として講演・コンサートで全国をまわっている。
07年4月から北海道新聞で「あの日の歌景色」を連載中。

歌を聴くには

「歌を聴く」ボタンをクリックすると、タイトルの歌を聴くことができます。

歌が再生されない場合は再生ソフト「『Windows Media Player』(無料)」をインストールしてください。ダウンロードするには、下のロゴをクリックしてください。


※録音物の著作権は、北海道新聞社、ミュージック・オフィス合田に帰属します。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック