« 里の秋 | メイン | さくら貝の歌 »

汽車ポッポ

2010年08月17日

 誰でも知ってる歌だと思いきや、20代前後の若者たちにはこの歌が浸透していない…という事実を知ったのは、昨年出演したテレビでのことだった。
 元AKB48の女の子のひとりと一緒だったんですね! 
 大島麻衣ちゃんって言ったかな? 
 その子が「知らな~い」と言ったんです。
 「鳩ぽっぽ」じゃなくて「汽車ぽっぽ」?と。
 そこで我が娘たちに聞いてみると「私たちはパパと一緒にレコーディングしたから知ってるけれど…」。
 いや、実はその下の世代の子は知っているらしいんです。

 一時期SLがなくなって、機関車がなくなってしまったため、この歌は「もう不要」と教えたりしなかったわけです。
 それがその下の世代では、ちょうど由紀さんや僕の「童謡の謎」ブームがあったため、見直されたんですね。
 実は「月の沙漠」なんかもそうだったんです。
 こうなると困るのが、これからちょうど新米パパやママたちがこの歌たちを知らないことになるわけで・・・。
 というのも、その新米パパやママの子どもたちにも伝わらないということで。
 そういったことができるだけないようにと、子どもたちにもたくさんいい童謡を教えて行きたいですね。

 来月は道新ホールでコンサートが終わって3日後に、静岡の富士市で小学校の児童だけに向けてのコンサートがあります。
 たとえ知らない歌でも、どんなに昔からあっても子どもにとっては新曲です。
 そんなつもりでこの唄の本質の意味を知らせながら歌いたいと思います。
 実際、この「汽車ポッポ」が戦時中は同じメロディーなのに、歌詞が違った「兵隊さんの汽車」だったことは、自分で調べてやっと10年ぐらいに僕も知ったのですから・・・。
 伝えることは大切なのです!

「あの日の歌景色」をライブで!!
合田道人 デビュー30周年記念コンサート

2010年9月9日(木)  道新ホール
詳しくはこちらで

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/12907

プロフィール

プロフィール

合田道人
ごうだ みちと。1961年(昭和36年)、釧路市生まれ。高校在学中に渡辺プロダクションからシンガー・ソング・ライターとしてデビュー。翌年数々の新人賞を受ける。その後、音楽番組の構成、司会、CD監修・解説に加え、作詩・作曲など多方面で活躍。著書「案外、知らずに歌ってた~童謡の謎」などで童謡ブームの火付け役となり、「歌う作家」として講演・コンサートで全国をまわっている。
07年4月から北海道新聞で「あの日の歌景色」を連載中。

歌を聴くには

「歌を聴く」ボタンをクリックすると、タイトルの歌を聴くことができます。

歌が再生されない場合は再生ソフト「『Windows Media Player』(無料)」をインストールしてください。ダウンロードするには、下のロゴをクリックしてください。


※録音物の著作権は、北海道新聞社、ミュージック・オフィス合田に帰属します。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック