« ドレミの歌 | メイン | ウミ »

ぞうさん

2010年07月27日

 子供たちだけの講演会のときには、必ずと言っていいほど朗読して歌う歌です。
 普通はあんまり40歳過ぎのおじさん〈僕のことです!〉が歌う歌ではないのですが、子供たちにはなじみの歌だし、読み聞かせをするときにはちょうどいい教材でもあります。

 この歌は動物園からいなくなったぞうさんを返して! という子供たちの願いが実現したときに作られ発表された童謡なのです。
 そうです! ゾウやライオン、ニシキヘビ、クマなどの猛獣は、戦争中にすべて軍の命令で殺される運命でした。
 というのも、戦争中にもし敵機の爆弾が動物園近くに落ちたとしましょう。
 オリが壊され、飢えた猛獣たちが人間を襲うのは目に見えていたからだったのです。
 涙ながらに動物たちにさよならを告げなければならなかった気持ちは今の子供たちにもしっかりと伝わるのです。

「あの日の歌景色」をライブで!!
合田道人 デビュー30周年記念コンサート

2010年9月9日(木)  道新ホール
詳しくはこちらで

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/12790

プロフィール

プロフィール

合田道人
ごうだ みちと。1961年(昭和36年)、釧路市生まれ。高校在学中に渡辺プロダクションからシンガー・ソング・ライターとしてデビュー。翌年数々の新人賞を受ける。その後、音楽番組の構成、司会、CD監修・解説に加え、作詩・作曲など多方面で活躍。著書「案外、知らずに歌ってた~童謡の謎」などで童謡ブームの火付け役となり、「歌う作家」として講演・コンサートで全国をまわっている。
07年4月から北海道新聞で「あの日の歌景色」を連載中。

歌を聴くには

「歌を聴く」ボタンをクリックすると、タイトルの歌を聴くことができます。

歌が再生されない場合は再生ソフト「『Windows Media Player』(無料)」をインストールしてください。ダウンロードするには、下のロゴをクリックしてください。


※録音物の著作権は、北海道新聞社、ミュージック・オフィス合田に帰属します。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック