« 大きな古時計 | メイン | クラリネットをこわしちゃった »

かなりや

2010年06月29日

 日本最初の童謡です。

 今月の終わり、ちょうど今は札幌に来てます。
 今日29日には「チェリア」開館10周年を記念して「あの日の歌景色」の講演会があります。
 9月9日の道新ホールの前哨戦って感じなると思います。
 今回もピアノの周平と一緒で、できるだけ9月9日とダブった選曲にならないようにと考えましたが、やはり7月1日が近いということでこれはやってみることにしました。
 7月1日は童謡の日なんですね。
 そこで、カナリヤのできたいきさつを話して歌いました。

 この歌って残酷な詞が目につきますけれど、新聞では書かなかった話をここで。
 このたとえられた“歌を忘れたかなりや”とは、スランプに陥っている人という感じなのですが、実際はこの詞を書いた西條八十の思いが詰められていました。
 八十は、詩人を目指していたにもかかわらず、兄が放蕩三昧で結局は、彼が一家を支えなければいけなくなりました。
 そのため、詩人をあきらめ生活のために働きました。
 そうです! まさに“歌を忘れたかなりや”だったのです。
 しかし八十はこの作品を最初にめきめきと詩人として生計を立てることになります。
 あきらめず、そしてたとえその仕事につけなかったとしても、チャンスを待つ。
 周囲も“歌を忘れてしまった”からと言って、捨て置いたりつらく当たったりしてはいけない…そう意味がこの歌には込められています。

 スランプに陥ったとき、やさしく人のことを見つめてやることも、とても大切だし、それに応えるように頑張ることが必要だということを童謡最初の歌は教えてくれています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/12649

プロフィール

プロフィール

合田道人
ごうだ みちと。1961年(昭和36年)、釧路市生まれ。高校在学中に渡辺プロダクションからシンガー・ソング・ライターとしてデビュー。翌年数々の新人賞を受ける。その後、音楽番組の構成、司会、CD監修・解説に加え、作詩・作曲など多方面で活躍。著書「案外、知らずに歌ってた~童謡の謎」などで童謡ブームの火付け役となり、「歌う作家」として講演・コンサートで全国をまわっている。
07年4月から北海道新聞で「あの日の歌景色」を連載中。

歌を聴くには

「歌を聴く」ボタンをクリックすると、タイトルの歌を聴くことができます。

歌が再生されない場合は再生ソフト「『Windows Media Player』(無料)」をインストールしてください。ダウンロードするには、下のロゴをクリックしてください。


※録音物の著作権は、北海道新聞社、ミュージック・オフィス合田に帰属します。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック