« すかんぽの咲く頃 | メイン | 一かけ二かけて »

鉄道唱歌

2010年01月26日

 今でも東海道新幹線で東京から出発するときや到着のときのアナウンスの前には必ず流れるメロディーです。
 ♪汽笛一声新橋を…と新橋駅前には、大きなSLが今も広場に置かれています。

 新聞では歌詞は一番だけのせたのですが、この歌全部で66番まであるんですね。
 はっきり言って全部読んだこともなければ、もちろん歌ったこともなかったのですが、今回新聞の歌詞どおりにワンコーラスを歌ったら、短かったのでもうすこし何番までかは歌ってみようと始めたんです。
 そうしたら途中で「どうだ!こうなったら、全部66番まで歌ってみましょう」ということになっちゃって・・・。
 はじめのうちはよかったけれど、最後まで歌ってみて驚き! 30分近く歌いました。
 皆さん、歌詞も載せておきますのでお暇な方は聞いてみてください。
 でも66番までちゃんと(?)歌ってる録音は、ほかにもあまりないはずですから・・・。
 そして歌ってみて、日本の旅・・・すてきですね。
 こうやってひとつづつ情景を思い浮かべながら、新橋からずっと走ってゆくのはとても素敵だなあ・・・と思いました。
 昔はこうやって歌とともに子供たちは勉強したのだと思う。
 こういう歌を排除しているようになっている日本は、この先大丈夫なのかな? 
 日本の今の発展は勤勉なわけでしょう? 
 勉強することはとても大切なことだな…と思わせてくれた一曲でした! 
 では歌詞はココに・・・ぜひ歌聴いてね。


歌を聴く

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10911

プロフィール

プロフィール

合田道人
ごうだ みちと。1961年(昭和36年)、釧路市生まれ。高校在学中に渡辺プロダクションからシンガー・ソング・ライターとしてデビュー。翌年数々の新人賞を受ける。その後、音楽番組の構成、司会、CD監修・解説に加え、作詩・作曲など多方面で活躍。著書「案外、知らずに歌ってた~童謡の謎」などで童謡ブームの火付け役となり、「歌う作家」として講演・コンサートで全国をまわっている。
07年4月から北海道新聞で「あの日の歌景色」を連載中。

歌を聴くには

「歌を聴く」ボタンをクリックすると、タイトルの歌を聴くことができます。

歌が再生されない場合は再生ソフト「『Windows Media Player』(無料)」をインストールしてください。ダウンロードするには、下のロゴをクリックしてください。


※録音物の著作権は、北海道新聞社、ミュージック・オフィス合田に帰属します。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック