« サンタ・ルチア | メイン | 日の丸の旗 »

乾杯の歌(スタインソング)

2009年12月29日

 や~今年も終わりに近づいてきましたねえ! 

 まず先週の答えですが、ニコラス〈サンタクロース〉がプレゼントと一緒に必ず持っていたものは何? 
 杖とか靴下とかいろいろコメントをもらいましたが、実は答えは“むち”(鞭)だったのです。
 日本にクリスマスが上陸した頃には、靴下がまだなくって足袋を下げていたというのは本当の話ですが、なぜむちだったのかと言うと、子供へのプレゼントは、悪いときにはしっかりと怒る。
 なんでもかんでも甘やかしていてはダメという教えだったのですね!

 さあて今日の歌、今年最後の歌です。
 やっぱりこの歌を聞くと「紅白歌合戦」って感じがしますねえ・・・。
 それにしても保さん(村上)の絵、そうです! そうです! これぞ、正しき、大みそかの姿(?)。
 ひとつのテレビを(そうですね、あの頃はテレビは家に一台が当たり前でした)、コタツを囲みながら(北海道はコタツじゃ寒いからなかった気もするけれど)、その年の総決算「紅白歌合戦」を楽しみながら家族みんなで見る。
 いい光景でした。
 よき日本という気がしました。
 そうそう、テレビの上にお供えのお餅、床の間には水仙・・・。
 これぞ昭和40年代の大みそかって気がするのです。

 それにしても早口言葉のようで歌うのが難しい歌ですねえ。
 今回はピアノを弾きながらということもあって、我がマネージャー山下氏と一緒に歌いました。
 それにしても似てるな~声。

 さあて、今年は60回目の「紅白」ですが、僕が小さいときにも最後の方で歌ってたサブちゃんが今年も安泰、大トリですって・・・。
 僕が小さいときのトリはひばりさんと三波春夫さんってのが定番で、その後森進一さんがトリの常連でした。
 森さん、美川さんが僕が小学校に入った年(昭和43年)に初出場したんです。
 紅組の司会にチータ。
 「紅白」の常連だったチータの今年は芸道45周年でしたが、まさか大好きだったチータの記念のリサイタルの構成を僕がやるだなんて・・・。
 考えてみたら恐れ多いことです。
 昨日(28日)はチータ宅で「もちつき」があって、家族でお邪魔して来ました。

 それにしてもよ~く考えると不思議です。
 60回記念なのだから「紅白」に貢献してきたチータには今年出てもらって、あのよき時代の「紅白」を再現してほしかったなあと思っています。
 よいお年を!


歌を聴く

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10689

プロフィール

プロフィール

合田道人
ごうだ みちと。1961年(昭和36年)、釧路市生まれ。高校在学中に渡辺プロダクションからシンガー・ソング・ライターとしてデビュー。翌年数々の新人賞を受ける。その後、音楽番組の構成、司会、CD監修・解説に加え、作詩・作曲など多方面で活躍。著書「案外、知らずに歌ってた~童謡の謎」などで童謡ブームの火付け役となり、「歌う作家」として講演・コンサートで全国をまわっている。
07年4月から北海道新聞で「あの日の歌景色」を連載中。

歌を聴くには

「歌を聴く」ボタンをクリックすると、タイトルの歌を聴くことができます。

歌が再生されない場合は再生ソフト「『Windows Media Player』(無料)」をインストールしてください。ダウンロードするには、下のロゴをクリックしてください。


※録音物の著作権は、北海道新聞社、ミュージック・オフィス合田に帰属します。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック