« 花いちもんめ | メイン | 赤い帽子白い帽子 »

ひらいたひらいた

2009年05月29日

本の中で、この歌は庶民の願いを歌った歌だと書いています。
♪れんげの花がひらいた……
れんげは仏教では俗世の欲にまみれずに清く生きる象徴の花でもあるからです。
これはそんな花開くことを夢見る歌なのです。

さて、先日、7年にいちどのご開帳でにぎわう善光寺さんに行って参りました。
7年というのは、そのご開帳の年も含まれるので、実際には6年に一度、丑年と未年にご開帳されるのですが、丑年生まれことしは年男の僕にとっては何が何でも行かなければ……と、牛にひかれて善光寺・・・ならぬ、自ら運転して行ってきました。

善光寺は仏教が諸宗派に分かれる以前からの寺院であることから、宗派の別なく宿願が可能な霊場と位置づけられた仏教寺院なのです。
ですから昔から絶えることなく、たくさんの人々が参詣しているのでしょうね。
さて今回日本中の方が拝するために集まってご開帳「ひらいた ひらいた」された秘仏、善光寺式阿弥陀三尊は、欽明天皇時代の552年にインドから朝鮮、そして日本に伝わったものとされていますが、そのお姿は決して現されることはありません。
そこでその仏様をお写しした仏様、つまりご分身の仏様である前立本尊(まえだちほんぞん)を7年に一度、御宝庫から本堂にお迎えして開帳するのです。
中央には阿弥陀如来、向かって右に観音菩薩、左に勢至菩薩の「一光三尊阿弥陀如来」がお並びになっていました。

歌を聴く



20080919095725_doyonofukei-180.jpg

*** この作品の歌詞とエッセイは「童謡の風景」(北海道新聞社刊)に収録されています。
本をクリックすると立ち読みできます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7259

プロフィール

プロフィール

合田道人
ごうだ みちと。1961年(昭和36年)、釧路市生まれ。高校在学中に渡辺プロダクションからシンガー・ソング・ライターとしてデビュー。翌年数々の新人賞を受ける。その後、音楽番組の構成、司会、CD監修・解説に加え、作詩・作曲など多方面で活躍。著書「案外、知らずに歌ってた~童謡の謎」などで童謡ブームの火付け役となり、「歌う作家」として講演・コンサートで全国をまわっている。
07年4月から北海道新聞で「あの日の歌景色」を連載中。

歌を聴くには

「歌を聴く」ボタンをクリックすると、タイトルの歌を聴くことができます。

歌が再生されない場合は再生ソフト「『Windows Media Player』(無料)」をインストールしてください。ダウンロードするには、下のロゴをクリックしてください。


※録音物の著作権は、北海道新聞社、ミュージック・オフィス合田に帰属します。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック