« 庭の千草 | メイン | まめまき »

砂山

2009年01月30日

新潟・佐渡を歌った名作童謡ですが、作曲がクラシックっぽい山田耕筰のものと、民謡調な中山晋平のものが有名です。
有名です・・・と書くとほかの作曲家も書いたということになりますが・・・、実はそうなのです。
童謡最初の作品「かなりや」や「浜辺の歌」の作曲者、成田為三や国立音大の教授や宝塚歌劇団の音楽部長なども務め、童謡の作品も多い宮原禎次もこの詩にメロディーをつけているのです。
当時はひとつの詩に異なるメロディーがつくということは不思議ではなかったのですね。
どうしてかというと、童謡は最初、詩だけが作られ発表されるのが普通だったからです。

では誰が一番最初に曲をつけたのでしょうか? 
この詩を書いた北原白秋は新潟での童謡音楽会で講演し、その後聞いてくれた2000人ほどの子供たちに向って
 「新潟の童謡を今度つくろう」
と約束したそうです。
そしてこの詩が雑誌「小学女生」に発表されるのですが、それと同時に中山晋平の曲も一緒に発表されていたのです。
それが5年後の昭和2年(1927年)に耕筰もメロディーをつけ発表するのです。
そこには晋平、耕筰の熾烈な作曲家としてのトップ争いがあったとも、耕筰がちょうど金に困り楽譜集を作るため、その一曲としてメロディーを当てたとも言われていますが、そこらは次の本でしっかりと書きたいな・・・と思っています。


歌を聴く

20080919095725_doyonofukei-180.jpg

*** この作品の歌詞とエッセイは「童謡の風景」(北海道新聞社刊)に収録されています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5908

プロフィール

プロフィール

合田道人
ごうだ みちと。1961年(昭和36年)、釧路市生まれ。高校在学中に渡辺プロダクションからシンガー・ソング・ライターとしてデビュー。翌年数々の新人賞を受ける。その後、音楽番組の構成、司会、CD監修・解説に加え、作詩・作曲など多方面で活躍。著書「案外、知らずに歌ってた~童謡の謎」などで童謡ブームの火付け役となり、「歌う作家」として講演・コンサートで全国をまわっている。
07年4月から北海道新聞で「あの日の歌景色」を連載中。

歌を聴くには

「歌を聴く」ボタンをクリックすると、タイトルの歌を聴くことができます。

歌が再生されない場合は再生ソフト「『Windows Media Player』(無料)」をインストールしてください。ダウンロードするには、下のロゴをクリックしてください。


※録音物の著作権は、北海道新聞社、ミュージック・オフィス合田に帰属します。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック