« だいこく様 | メイン | ともしび »

叱られて

2008年12月05日

この歌を知らない子供ってもう多いと思います。
いいえ、20代30代の人でもこの歌を知らないでしょう。
僕もこの歌を「よく歌っていた」という記憶はありませんが、やたら恐ろしい、嫌いな歌だったことは覚えています。

それは北海道の三笠時代ですから、もう40年も前のことです。
当時、幼稚園が家のすぐ後ろにあったのですが、おゆうぎかいで何かのレコードに合わせてみんなで踊ったことがありました。
その曲を自分で持っていたオープンデッキに録音しておきたくて、父に頼んで幼稚園の先生にそのレコードを貸してもらったことがあります。
その踊りの歌は何だったのか? 覚えていませんが、そのレコードにはほかに3曲収められていました。
その一曲が「叱られて」だったのです。
そのとき、僕ははじめて「叱られて」を聞きながら録音したのですが、とても怖い感じがしたのです。
♪ゆうべ・・・のところからマイナーになって、コードもディミニッシュが使われていたんですね! 
今回、周平とレコーディングしながら、その不気味で怖い印象の解明ができました。
同時に「こんときつねが・・・」と出てくるのが怖かったんですね。
そう言えばきつねは人を化かすという話をなぜか僕はずっと信じていたのですから・・・。

歌を聴く



20080919095725_doyonofukei-180.jpg

*** この作品の歌詞とエッセイは「童謡の風景」(北海道新聞社刊)に収録されています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5353

プロフィール

プロフィール

合田道人
ごうだ みちと。1961年(昭和36年)、釧路市生まれ。高校在学中に渡辺プロダクションからシンガー・ソング・ライターとしてデビュー。翌年数々の新人賞を受ける。その後、音楽番組の構成、司会、CD監修・解説に加え、作詩・作曲など多方面で活躍。著書「案外、知らずに歌ってた~童謡の謎」などで童謡ブームの火付け役となり、「歌う作家」として講演・コンサートで全国をまわっている。
07年4月から北海道新聞で「あの日の歌景色」を連載中。

歌を聴くには

「歌を聴く」ボタンをクリックすると、タイトルの歌を聴くことができます。

歌が再生されない場合は再生ソフト「『Windows Media Player』(無料)」をインストールしてください。ダウンロードするには、下のロゴをクリックしてください。


※録音物の著作権は、北海道新聞社、ミュージック・オフィス合田に帰属します。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック