« みどりのそよ風 | メイン | 雨降りお月 »

野ばら

2008年06月10日

ひとつの歌詞に何百というメロディーが施されている「野ばら」。これは合唱団向きといった感じの歌ですよね! 今回、このブログのためにはじめて歌いましたが、いや~これまた難しいのなんの。ウェルナーとシューべルトのメロディーをふたつ歌ってみましたが、ちょっと声を太くすると、いわゆるクラシック、オペラ風になっちゃう。秋川雅史さんの、♪わたしの~~みたくなっちゃうんですよね。合田道人っぽくとなればできるだけ、声をやわらかくうたわなければならない・・・。先々週の「波浮の港」もそうでしたが、この類いの歌って結構、やさしく美しく歌うのって難しいのです。声を大きく歌おうとすれば、♪わたしの~~みたいにオペラっぽい発声になっちゃうし・・・。どうぞ聞いてみて下さい。苦労のあとを・・・。えっ? これで苦労したの? って? すいません!

歌を聴く(作曲/ウェルナー)

歌を聴く(作曲/シューベルト)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2998

コメント

合田さん  はじめまして!
 道新掲載の シリーズ いつも 楽しみにして 拝読 切りぬき 歌っています。
(孫にも 教えようと 思って・・・)

「ご本人の歌 聞けます」に 検索しようと 思いつつ PC未熟者ゆえ
 中々 入れるのが困難で とうとう 今日まで・・・

ようやく 聞けました! これから 過去の 全部 歌詞見ながら
一緒に 歌おうと 思っています。
 でも 本当に 便利な 世の中に なりましたね。
 只々 PCの さまざまな 機能に 驚いている 老女です。
 これからも ずーと 続きますように・・・


みるさん。一緒に歌ってくださっていますか?ありがとうございます。来月には1回目から50回目の新聞のものが本になります! お孫さんにも教えてあげてくださいね。童謡だけではなく、物事って伝えなければもちろんなくなってしまうんですから。

プロフィール

プロフィール

合田道人
ごうだ みちと。1961年(昭和36年)、釧路市生まれ。高校在学中に渡辺プロダクションからシンガー・ソング・ライターとしてデビュー。翌年数々の新人賞を受ける。その後、音楽番組の構成、司会、CD監修・解説に加え、作詩・作曲など多方面で活躍。著書「案外、知らずに歌ってた~童謡の謎」などで童謡ブームの火付け役となり、「歌う作家」として講演・コンサートで全国をまわっている。
07年4月から北海道新聞で「あの日の歌景色」を連載中。

歌を聴くには

「歌を聴く」ボタンをクリックすると、タイトルの歌を聴くことができます。

歌が再生されない場合は再生ソフト「『Windows Media Player』(無料)」をインストールしてください。ダウンロードするには、下のロゴをクリックしてください。


※録音物の著作権は、北海道新聞社、ミュージック・オフィス合田に帰属します。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック