« 待ちぼうけ | メイン | 鯉のぼり »

せいくらべ

2008年04月29日

 小さいとき、こどもの日じゃなくてもせいくらべってよくしました。あ~何ミリのびた、何センチのびたと喜んだものです。本文にも書きましたが、この歌にはちょっと面白い質問がよく来るんですね! 
  ♪はしらのきずは おととしの……で、なぜに去年のきずはないのか? 
というものです。作詞の海野厚の死や病気でふるさとに帰れなかったなどとよく書かれています。僕の「童謡の謎 3」でそこらを調べて書いてありますが、この歌が発表された年の前年の端午の節句の日の行動を調べてみると、厚は病床に伏せていたわけではありません。ちゃんと仕事先まで明確に分かったのです。さらに1番の詞が書かれたのは、発表の4年前で、そのとき厚はとても元気でした。2番をレコーディングのためにあとで付け足していたことも判明しました。しかし厚はこの歌がレコード化され、子供たちの愛唱歌に育ったとき、昭和の時代を知ることなく若く病で亡くなっています。そのちょっとした1~2年の誤差がのちのち、病床で書かれた詩と言われるようになったり、歌われ出した時期に亡くなっていたと言われるようになったのです。それがなんとなく悲しい歌として扱われるようになったのでした。

歌を聴く

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2813

プロフィール

プロフィール

合田道人
ごうだ みちと。1961年(昭和36年)、釧路市生まれ。高校在学中に渡辺プロダクションからシンガー・ソング・ライターとしてデビュー。翌年数々の新人賞を受ける。その後、音楽番組の構成、司会、CD監修・解説に加え、作詩・作曲など多方面で活躍。著書「案外、知らずに歌ってた~童謡の謎」などで童謡ブームの火付け役となり、「歌う作家」として講演・コンサートで全国をまわっている。
07年4月から北海道新聞で「あの日の歌景色」を連載中。

歌を聴くには

「歌を聴く」ボタンをクリックすると、タイトルの歌を聴くことができます。

歌が再生されない場合は再生ソフト「『Windows Media Player』(無料)」をインストールしてください。ダウンロードするには、下のロゴをクリックしてください。


※録音物の著作権は、北海道新聞社、ミュージック・オフィス合田に帰属します。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック