« 故郷の廃家 | メイン | せいくらべ »

待ちぼうけ

2008年04月22日

これは中国に伝わる話をもとに作られた童謡ですが、一昨年、この作品の作曲者、山田耕筰生誕120年の催しを、僕の構成・司会でNHKから放送した際、当然この歌も歌うことになりました。一緒に司会をしてくれた森口博子ちゃんに歌ってもらったのですが、可愛らしくてとても合っていましたっけ!

 けれど、この童謡に潜んでいるのは“怠け心”とか“夢や希望だけ追っていても、そう人生はうまくいかない”という訓えです。こうやって身近な歌を通して、人々に教えてゆくと分かりやすいものです。お説教のように、ぐたぐた言いながら「夢や希望なんて怠けていたら、つかめないぞ!」「偶然は偶然に過ぎないんだ!」なんていうより、その話をしてから「待ちぼうけ」を歌うほうがより心に響くのです。僕の「童謡コンサート」はそんな流れになっています。

※著作権が保護された作品のため、演奏、録音は控えました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2696

プロフィール

プロフィール

合田道人
ごうだ みちと。1961年(昭和36年)、釧路市生まれ。高校在学中に渡辺プロダクションからシンガー・ソング・ライターとしてデビュー。翌年数々の新人賞を受ける。その後、音楽番組の構成、司会、CD監修・解説に加え、作詩・作曲など多方面で活躍。著書「案外、知らずに歌ってた~童謡の謎」などで童謡ブームの火付け役となり、「歌う作家」として講演・コンサートで全国をまわっている。
07年4月から北海道新聞で「あの日の歌景色」を連載中。

歌を聴くには

「歌を聴く」ボタンをクリックすると、タイトルの歌を聴くことができます。

歌が再生されない場合は再生ソフト「『Windows Media Player』(無料)」をインストールしてください。ダウンロードするには、下のロゴをクリックしてください。


※録音物の著作権は、北海道新聞社、ミュージック・オフィス合田に帰属します。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック