北海道 オホーツクの冬 一枚の写真 知床 鹿の食害

2019年02月15日

20190215_001.png

知床の生態系を学べる写真です。鹿はこの時期になると土中から食を得ることがむずかしくなります。
そのために木の皮を食べます。主に食べるのはキハダの木の皮です。鹿は360度食べてしまうケースが多いです。
そうなると木の導管が損なわれて水分が木に上がっていかなくなります。そして、時期が来ると枯れてしまいます。
その枯れた木をねらって、赤けらなどのキツツキが虫を食べにやってきます。木に穴が空いているのはそのためです。
こうして知床の食物連鎖が完成されていきます。それも鹿による食害が多いので、木の手当は大変です。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10353

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)