北海道・オホーツクの冬シーズンの一枚 海別岳

2018年12月02日

2018_1202_001.png

斜里岳の北側に位置する海別岳は、知床連山の南に位置しています。


海別岳は標高は1419.3mで、知床連山の羅臼岳や斜里岳と比べるとオホーツクの山でありながらも見落とされやすい山の一つです。

しかし、その見栄えは、羅臼岳や斜里岳とも劣らず見事です。

夏の時期は、整備された登山道はありません。そのため、登頂には積雪期が一般的だと言われています。なだらかな斜面を有するのでスキー登山に向いています。

山の麓には流氷に向かって滑ることができるウナベツスキー場があります。リフトが一基だけのローカルなスキー場ですが、このスキー場の頂上からの景色は絶景だと言われています。しかし、まだ行ったことがありません(~~;

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10099

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)