屈斜路湖畔の砂湯のオオハクチョウ

2018年01月05日

 砂湯は、弟子屈町の斜路湖湖畔にある観光地です。

20180105_005.png

20180105_006.png20180105_007.png20180105_008.png
 屈斜路湖の東岸は割合森の中にあって、屈斜路湖を全体を見ることがむずかしいのですが、ここ砂湯は広々とした屈斜路湖の全景を見ることができます。
 ここの特徴はまず温泉です。湖岸の砂地を掘り返すとそこはすぐに温泉になります。夏場はキャンプ場も有って、湖で水浴びした後は砂を掘って温泉浴が楽しめるというわけです。
 冬に楽しめるのはこの写真にあるように白鳥です。渡り鳥の「オオハクチョウ」が羽根を休める場となっていて、その数はかなり多いので、オオハクチョウを楽しむにはよい場所になっています。
 オオハクチョウの表情は本当にかわいげがあり、見る人にとっては和みを与えてくれます。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8902

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)