特急オホーツク 車内販売の思い出

2015年06月18日

 3月31日限りで特急スーパー宗谷、オホーツクの車内販売が全廃となりました。

オホーツク1.JPG

 

 仕事の関係で、最終日のオホーツク1号、8号を利用する日帰り出張がありましたので、その様子をご紹介したいと思います。

オホーツク2.JPG

 

 私は車内で飲むことが大好きな「呑み鉄」ですので、食堂車や車内販売が大好きでして、アルコールが飲める場合はもちろん、冷たいビールを飲めない場合でも、ホットコーヒーや駅弁を買います。

オホーツク3.JPG

 
 
 この日は午後から仕事でしたのでホットコーヒーを注文、朝が早い特急では、眠気覚ましのコーヒーはありがたい存在です。

オホーツク4.JPGオホーツク5.JPG

 

 特急オホーツクの名物といえば、遠軽のかにめしでした。

 この日も途中で客室乗務員が予約を取り、遠軽駅にて「岡村べんとう屋」からかにめしを受け取りました。

オホーツク6.JPGオホーツク7.JPG

 

 残念ながら、このかにめしは現在では入手できなくなってしまいました。というのも車内販売廃止となると、駅での販売だけでは立ちゆかなくなるので、これを機に廃業を決めたそうです。

 遠軽駅は駅弁と駅そばとが両方あり、昔ながらの汽車旅の楽しみがありました。これからは出来るだけ駅そばを利用したいと思います。

オホーツク8.jpg

 
 

 帰りはオホーツク8号でしたが、遠軽のかにめしと同じく、この日限りでなくなるものがありました。網走セントラルホテル製のサンドウィッチです。

オホーツク9.JPG

 

 サンドウィッチをつまみにちびちびと呑んでいると遠軽駅到着です。ここで最後のかにめしの積み込みがありました。

オホーツク10.JPGオホーツク11.JPGオホーツク12.JPG

 

 さっそく、ビールとともにいただきましたが、ほんのりと甘く、紅ショウガと付け合わせの数の子山海漬けがアクセントとなる美味しい駅弁でした。

オホーツク15.JPG

 

 最後の積み込みは19個だったそうです。

 そして、もうこの弁当が最後だと思うと残念でなりませんでした。

オホーツク16.JPG

 

 特急オホーツクの車内販売はこの列車で終了しました。これからもオホーツクでの出張は年に数回あると思いますが、札幌--網走は約5時間30分ほどかかるので、車内でどう過ごせばいいのかと悩んでいます。

 最後に、「ありがとう!オホーツク車内販売!ありがとう!遠軽のかにめし!」

オホーツク17.JPGオホーツク18.JPG

(文・写真)北海道鉄道観光資源研究会 佐藤臣里
北海道鉄道観光資源研究会公式ホームページ(http://rail-hokkaido.net/

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4663

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)