« 【北斗星の日々】「北斗星」から見たあのSLの緊急事態!? | メイン | 【丸瀬布】特別運行!雪の森林鉄道SL「雨宮21号」 »

【北斗星の日々】馴染みの列車が思わぬところに…。

2012年12月11日

SLといえばもうひとつ、先日11月28日(出発日)の往路・上り列車の車窓に珍しいものを見つけました。

つい先日までJR北海道・学園都市線で走っていたディーゼルカーが4両、故郷・札幌から遠く離れた郡山駅の構内に、いかにも回送されてきたばかりといった佇まいで停まっていました。

既にご存知の方も多いかと思いますが、これは2013年度冬以降、JR東日本・釜石線などで運行される予定のSL列車の「客車」として売却された車両です。
「客車」と言っても、運行予定の路線に勾配区間がありSL単独での牽引が困難だということで、補助機関車的な役割も兼ねて敢えて動力付きのディーゼルカーが選ばれたそうです。

考えてみればこの車両自体、元を辿れば国鉄末期に製造された動力を持たない「客車」にディーゼルエンジンを積んで自走可能に改造したものですから、ある意味、こういう目的にはお誂え向きの車両とも言えるかも知れませんね。


詳細は下記のJR東日本さんのWebサイトをご参照下さい。
>>東北でSLが復活します!~SL銀河鉄道(仮称)~ 2012年10月12日(外部サイト:JR東日本Webサイト・プレスリリース※PDF)


郡山駅を出るとすぐに車窓左手に広がる車両工場「郡山総合車両センター」。
あの車両たちも郡山に回送されてきたということは、恐らくここで改造工事が施されるのでしょうか?


余談ながら、この旅では行く先々で学園都市線から引退したディーゼルカーたちと再開することとなりました。
ある者は道内他路線で、またある者は海外で…車両たちの運命もそれぞれですが、退役後も殆どの車両が再就職先に恵まれたようで、地味ながらもつくづく強運な仲間たちだとちょっと感心してしまいます(笑)。
旅の様子は個人ブログ「北斗星乗車記」にまとめてありますので、よろしければ併せて御笑覧下さい。
>>【12.11/28】北斗星(上)●猛吹雪の翌日(外部サイト:北斗星乗車記★彡)


  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/19669

コメント

鈴木さん、こんばんは。
 
思わぬところに…ということでは、私も今日ありました…水戸駅で。

用事を済ませて水戸駅に着くと、ホームに団体専用列車の「華」が居て、まさに団体客が乗り込むところ… よく見ると、その列車の奥に貨車を引いた北斗星塗装のEF510(515号機)が停車中!

おお!ラッキーと思っていたところに上りの貨物列車が入線してきて、牽引していたのはカシオペア塗装のEF510(510号機)

今日は運勢が良いのかな?なんて思いながら上野行き「フレッシュひたち」に乗り込んで、水戸駅を発車した途端、構内留置されているもう1両の北斗星塗装のEF510を発見!!

なんか、寝台列車に乗りに来い!という暗示を受けたような気がしました(^_^; そういや、ここ3カ月くらい寝台列車に乗ってないナァ…

>hide-sさん

それは色々面白いものを見られたんですね!
EF510が貨物列車も牽いているのはよく知られていることですが、でも「北斗星」ファンから見るとやっぱり寝台特急のイメージが強いですから、思わぬところで3台も見るとやっぱり不思議な感じですよね。

プロフィール

プロフィール

鈴木周作
すずき・しゅうさく。 札幌在住のイラストレーター。 初めての「北斗星」乗車は開業1週間目の1988年(昭和63年)3月。1995年(平成7年)ごろからはほぼ毎月のように乗り続け、2012年3月13日「北斗星」開業24周年記念日に乗車400回達成。愛してやまない寝台特急「北斗星」の姿を描き残すべく今日も旅を続ける。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック