« 2012年11月 | メイン | 2013年01月 »

【丸瀬布】特別運行!雪の森林鉄道SL「雨宮21号」

2012年12月16日

「北斗星」とは全く関係のない話題ですが、あまりに素晴らしかったのでこちらでご紹介させて頂きます。
遠軽町・丸瀬布森林公園「いこいの森」で行われた森林鉄道SL「雨宮21号」の雪中特別運行。
目先のお仕事がちょうどひと区切りついたので、昨日12月15日(土)に日帰りで観に行って来ました。

北海道遺産にも指定されている「雨宮21号」は、昭和初期から同地で木材運搬などに活躍し続けてきた機関車です。
現在でも春~秋の週末を中心に「いこいの森」に敷設された保存線で観光客を乗せて運行されていますが、今回、丸瀬布地区の開拓100年記念イベントとして、実に12年ぶりとなる雪中走行が実現しました。

写真は全くの素人なので拙いものばかりで恐縮ですが、色々解説するよりも画像で見で頂いたほうが現場の感動も伝わるでしょう。少々枚数が多くなりますがよろしければご笑覧下さい。

札幌から日帰りで4時間ほどの滞在でしたが、森や鉄橋、趣のある機関庫などシチュエーションも魅力的で、その上何と言っても30分毎に繰り返し運行されるので、気がつけば撮った写真は優に数百枚…。
加えて、大勢のファン・来場者で賑わいながらも、どこか和やかな雰囲気に包まれていたのも北海道の地域性か、それとも被写体の可愛らしさによるものでしょうか?

このような素晴らしいイベントを主催して下さった遠軽町と、 企画・運営されたまちおこし団体「夢里塾(むりじゅく)」の皆様に心から敬意を表するとともに、今後もますます楽しいイベントで地域を盛り上げて下さることを期待したいと思います。

※イベントの模様は本家「どうしんウェブ」にも掲載されていますので併せて御覧下さい。
>>【北海道新聞】雨宮21号 雪原疾走 遠軽(12/16 07:15)
(時間が経つと記事が削除される場合もありますので予めご承知おき下さい)

札幌に戻る帰りの車中にて。
じっくり描いてみたいテーマがまたひとつ増えてしまいました♪

  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

【北斗星の日々】馴染みの列車が思わぬところに…。

2012年12月11日

SLといえばもうひとつ、先日11月28日(出発日)の往路・上り列車の車窓に珍しいものを見つけました。

つい先日までJR北海道・学園都市線で走っていたディーゼルカーが4両、故郷・札幌から遠く離れた郡山駅の構内に、いかにも回送されてきたばかりといった佇まいで停まっていました。

既にご存知の方も多いかと思いますが、これは2013年度冬以降、JR東日本・釜石線などで運行される予定のSL列車の「客車」として売却された車両です。
「客車」と言っても、運行予定の路線に勾配区間がありSL単独での牽引が困難だということで、補助機関車的な役割も兼ねて敢えて動力付きのディーゼルカーが選ばれたそうです。

考えてみればこの車両自体、元を辿れば国鉄末期に製造された動力を持たない「客車」にディーゼルエンジンを積んで自走可能に改造したものですから、ある意味、こういう目的にはお誂え向きの車両とも言えるかも知れませんね。


詳細は下記のJR東日本さんのWebサイトをご参照下さい。
>>東北でSLが復活します!~SL銀河鉄道(仮称)~ 2012年10月12日(外部サイト:JR東日本Webサイト・プレスリリース※PDF)


郡山駅を出るとすぐに車窓左手に広がる車両工場「郡山総合車両センター」。
あの車両たちも郡山に回送されてきたということは、恐らくここで改造工事が施されるのでしょうか?


余談ながら、この旅では行く先々で学園都市線から引退したディーゼルカーたちと再開することとなりました。
ある者は道内他路線で、またある者は海外で…車両たちの運命もそれぞれですが、退役後も殆どの車両が再就職先に恵まれたようで、地味ながらもつくづく強運な仲間たちだとちょっと感心してしまいます(笑)。
旅の様子は個人ブログ「北斗星乗車記」にまとめてありますので、よろしければ併せて御笑覧下さい。
>>【12.11/28】北斗星(上)●猛吹雪の翌日(外部サイト:北斗星乗車記★彡)


  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

【北斗星の日々】「北斗星」から見たあのSLの緊急事態!?

2012年12月08日

3時間近い大遅延の結果、思いがけず「SLはこだてクリスマスファンタジー号」と遭遇してしまった下り「北斗星」。
実は2年前にも同じケースに乗り合わせていました。

p07_gr20101204-0396.jpg

2012年12月4日(現地日)の東北新幹線・新青森開業初日、そして「SLはこだて~」も確か記念すべき運行初日の一番列車だった気がします。

ちなみにこの時の旅の顛末は個人ブログ「北斗星乗車記」にまとめてありますので、よろしければ併せて御覧下さい。
>>【10.12/3】北斗星(下)●東北新幹線・新青森開業の日(外部サイト:北斗星乗車記★彡)


ところで、写真に写っているSL「C11-207」、ヘッドライトを両側に2個搭載した珍しいスタイルから「カニさん」とか「ふたつ目」とか呼ばれているようですが、この機関車に関して実に心配なリリースがありました。

>>「SL冬の湿原号」運転計画の変更について 平成24年12月7日(外部サイト:JR北海道Webサイト・プレスリリース※PDF)

車輪の取り替え工事が必要となり、今冬の「SL冬の湿原号」に使用できなくなってしまったとの事。
その結果、「SL冬の湿原号」自体も平日を中心に多くの便がディーゼル機関車の代走による「DL冬の湿原号」として運行されるそうです。
JR北海道さんはもう1両、「C11-171」というSLを保有している為、週末を中心に最低限のSL運行は確保できたのはある意味不幸中の幸いかも知れませんが、それでもSLを楽しみに道東旅行を計画されていた方や、地元の観光業関連の方々にとっては痛手となりましょう。

一方で、SLという実に手の掛かる機械の「お守り」を一生懸命続けてこられたJRの現場の皆様の心情を思うと、只々お気の毒としか言いようがありません。
まずは関係各位にお見舞い申し上げると共に、一日も早い現役復帰を祈りたいと思います。

  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

【北斗星の日々】ほぼ3時間遅延の朝

2012年12月05日

ここ最近は遅延らしい遅延に遭うこともなく順調な旅が続いていたのですが、今回の上京では往路・11月28日発の上り「北斗星」が落ち葉による車輪空転で30分ほどの遅延。
そして復路・12月1日発の下り「北斗星」では本州内・松島駅付近でレールに亀裂が見つかった影響で実に3時間弱の大遅延となりました。

遅延のおかげで…などと言っては叱られそうですが、この日は普段出会うことのない様々な列車を車窓に見ることができましたので何枚かご紹介させて頂きます。


~函館~森間(赤井川駅通過中)~

通常ダイヤでは遭遇するはずのない「SLはこだてクリスマスファンタジー号」が、ちょうど赤井川駅に停まっていました。
「SLはこだて~」は12月の週末を中心に運転される臨時列車。
営業区間は函館~大沼公園間ですが、下り列車の大沼公園到着後、ひと駅先の赤井川まで回送されてから折り返す運行形態になっているようです。

こうして見ると、赤井川駅の素朴な雰囲気は営業区間以上にSLに似合っているようにも思えます。
趣味的には、どうせならここまで乗客を乗せてくれたらと思ってしまうところですが…。


~長万部~洞爺間~

何の変哲もない普通列車ですが、絶妙のタイミングで写真に収めることができたので…(笑)。
勿論普段この場所ではすれ違うことのない列車です。



~洞爺~伊達紋別間~

3両編成のお座敷列車がすれ違って行きました。
基本的に団体貸切専用なのでまさに神出鬼没、こんなところで遭遇するとは思いもしませんでした。


~札幌~

手元の時計で14時02分…2時間47分遅延でようやく到着!
見ると同じホームの反対側では大阪行きの「トワイライトエクスプレス」が発車時刻を待っていました。
滅多に見ることのできない東西寝台特急、一瞬の競演です♪


ついでながら、しばらく更新が溜まってしまった個人ブログの「北斗星乗車記」、とりあえず3回分ほどUpさせて頂きました。よろしければこちらも併せてご覧頂ければ幸いです。

>>【12.11/28】北斗星(上)●猛吹雪の翌日(外部サイト:北斗星乗車記★彡)
http://hokutosei.sapolog.com/e383227.html

>>【12.11/13】北斗星(下)●三十路最後の想い出(外部サイト:北斗星乗車記★彡)
http://hokutosei.sapolog.com/e383390.html

>>【12.11/9】北斗星(上)●えちぜん鉄道・山王駅原画展へ(外部サイト:北斗星乗車記★彡)
http://hokutosei.sapolog.com/e383389.html

  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

【お知らせ】月刊「旅行読売」2013年1月号・夜汽車特集に掲載して頂きました

2012年12月03日

 今回は少々宣伝…と言っても「北斗星」絡みのお仕事のご報告です。

 月刊「旅行読売」(旅行読売出版社発行)2013年1月号・夜行列車特集にイラスト・記事を掲載して頂きました。
 見開き2ページ・イラスト8点、「北斗星の人々」と題して、これまでの旅を通じて出会った車掌さん・乗務員さんや乗り合わせた乗客の方々との思い出を車内の情景と共に描いています。
 12月1日(土)より全国書店で発売中。(地域によっては発売が若干遅れる場合もございます)
 B5版4オールカラー188頁、480円(税込み)。

 ちなみに札幌では雑誌発売が本州より2日ほど遅れるのが常ですが、たまたま発売日に東京にいたので帰りの「北斗星」乗車前に入手することができました。
 今日の夕方、市内某書店を覗いてみたらまだ並んでいなかったようですが、多分明日には出ているかと思います。
 店頭で見かけた際はぜひお手にとって御覧頂ければ幸いです。

  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

プロフィール

プロフィール

鈴木周作
すずき・しゅうさく。 札幌在住のイラストレーター。 初めての「北斗星」乗車は開業1週間目の1988年(昭和63年)3月。1995年(平成7年)ごろからはほぼ毎月のように乗り続け、2012年3月13日「北斗星」開業24周年記念日に乗車400回達成。愛してやまない寝台特急「北斗星」の姿を描き残すべく今日も旅を続ける。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック