« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

【北斗星の日々】冬季限定・時刻変更の真意は…!?

2012年11月27日

■上り寝台特急「北斗星」の時刻変更について
2012年12月15日(土)~2013年3月1日(金)の間(現地日)、札幌発の上り寝台特急「北斗星」は、宇都宮~上野間の時刻が変更となります。ご利用の際にはご注意ください。

…JR東日本さんのWebサイトにそんな一文が載っていました。
外部サイト:JR東日本「工事に伴う運転変更のお知らせ」

何かの工事か、それとも前後の臨時列車の関係かな?と最初は思ったのですが、それにしては変更期間が長すぎますし、そもそも変更の理由が書かれていないのが気になります。

早速、最新のJR時刻表を開いてみると…

やはり変更理由は書かれてはいませんでしたが…
なるほど、変更後の時刻を追っていくと何となく見えてきた気がします。

まず冬季限定の時刻変更、それも20分以上の繰り下げというのは「雪害遅延」を見越しての事と考えるのが自然でしょう。
実際、昨冬も定時で走れることのほうが珍しいのではないか?とさえ感じてしまうほど、北海道~東北の豪雪に悩まされ続けた苦い経験がありました。

それから変更区間が宇都宮~上野という点。
見ると宇都宮の発車時刻は変わらず、大宮到着が遅れているので、両駅間での速度がかなり落ちているのが分かります。
そしてもう1点、実はこれが最も大きなポイントなんですが、通常は宇都宮~大宮間で追い抜くはずの先行普通列車を追い抜かず、終点上野までピッタリ追走していることに気付きました。

【北斗星(通常ダイヤ)】 宇都宮8:13→大宮9:10-12→上野9:38
【北斗星(12/15~3/1)】 宇都宮8:13→大宮9:31-33→上野10:04
【先行普通列車】 宇都宮8:05→大宮9:27-28→上野9:56
【後続普通列車】 宇都宮8:20→大宮9:41-42→上野10:10

ちなみに時刻変更後の「北斗星」の直後には普通列車がやはりピッタリ追走していて、これ以上繰り下げて設定しようとすると今度はその普通列車に支障することも分かります。


つまりこの時刻変更、雪害遅延のリスクを踏まえた上で「過密ダイヤの首都圏での普通列車の追い抜きを回避しようとした」…ということかな?と推察しています。


ダイヤが乱れた場合、追い抜き等があればそれだけ前後列車も含めて影響が拡がってしまいますし、微妙な遅延であれば所定の追い抜きをする・しないの判断もその都度求められることになります。
特に列車本数も多く、「湘南新宿ライン」等を介して広いエリアで直通運転も行われている首都圏では、例えば「北海道の雪害で東海道線が遅れる」といった事態も考えられるわけで、そういう影響を最小限に留めたいとの意図もあろうかと思います。

また、それだけ遅延リスクの大きな時期であれば、なまじ通常ダイヤで示されるよりも、あらかじめ余裕を見越した繰り下げダイヤの方が、乗り継ぎ等の旅程への影響も少なくて済むとも言えます。
更にうがった見方をすれば、JRさんにとっても「2時間遅延で払戻し」のハードルが若干高くなるわけですが…まぁ、ここは素直に「利用者への配慮」と受け止めるとしましょう。

以上、あくまで個人的な推察ですので確証は持てませんが…
とりあえず、例を挙げれば大宮9:30発長野行き「あさま563号」、上野10:00発いわき行き「スーパーひたち15号」などには乗り継げなくなりますから要注意です!

ちなみに時刻変更に伴い上野駅の到着ホームも15番線に変更になります。
いつもとは違う光景が見られるのはちょっと楽しみですね♪

  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

【北斗星の日々】ちょっとだけ変わった風景 ~10・27ダイヤ改正後初乗車~

2012年11月25日

少々間が空いてしまいましたが、先の10・27ダイヤ改正後初めての乗車となった先々週11月9日(金)発の上り「北斗星」で見た風景をご紹介します。
「学園都市線完全電化」が売りの改正でしたが、よくよく見れば「北斗星」の周囲にもちょっとした変化はあったようです。


~札幌駅(17:12発)~

こちらのブログでも先日ご紹介させて頂きましたが、これまでの5番線から4番線にホームが変更になりました。
降りたことのある方でしたらご存知の通り、札幌駅のホームは両端が南側(南千歳方面に向かって進行右側)に大きくカーブしています。
(札幌に限らず、地平駅ホームを隣接地に移転・高架化した駅ではよく見られる光景ですね)
番線変更に伴い列車とホームの位置関係がこれまでとは逆になったので、弧を描いて停まっている列車の前方(後方)をホームから見渡せるようになりました。
ちょっとしたことですが、これもダイヤ改正後の新しい風景です。


~札幌駅(17:12発)~

ちょうど「北斗星」の発車と入れ替わるように1番線ホームに到着する手稲行き普通列車(17:14着/17:26発)。
この日もダイヤ改正前と変わらず「赤い電車」711系の6両編成でした。

ダイヤ改正後、札幌圏の電車は新型車両と旧型車両が共通で運用されるとのリリースがありましたが、これは必ずしも業務的・趣味的な意味での「共通運用」ということではなく、少なくとも「○時○分の×××M列車は赤い電車(もしくは新型車両)」という程度のルールは、全列車ではないにせよある程度決まっているような気もします。
(間違っていたらスミマセン…)


~苫小牧駅(18:05着/18:06発)~

下り線ホームに到着する東室蘭からの普通列車(18:06着)。
室蘭本線から「赤い電車」が撤退したので、これも2両編成のディーゼルカーに変わりました。


~函館駅(21:36着/48発)~

「北斗星」は今まで通り8番線ホームからの発車ですが、同じホームの反対側・7番線に到着していた函館からの特急「スーパー白鳥33号」(21:41着)は線路を挟んで向こう側の5番線に移されたようです。
仮に「スーパー白鳥33号」から「北斗星」に乗り継ごうとする場合、これまでよりも乗り換え時間が掛かってしまいますから要注意です!
(そういう需要は極めて稀かも知れませんが、木古内あたりから「北斗星」で本州方面に向かう場合など考えられなくもない乗り継ぎパターンですので…)


ちなみに今回の旅の目的はえちぜん鉄道・山王駅での原画展開催でした。
原画・額縁一式抱えて、移動の車中でも準備に追われ…(汗)
でも終わってみればそれはそれで良い想い出です♪

  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

【お知らせ】原画展・イベントのご案内

2012年11月02日

今回は宣伝で失礼します。
今月、私の原画を展示させて頂くイベントを2つほど…。

【イベント】「もいわ山さっぽろミュージアム」
~11/3(土)~4(日)もいわ山ロープウェイ山麓駅にて原画展示~

直前のご案内になってしまい申し訳ありません。
もいわ山ロープウェイのイベントに合わせて、ロープウェイ山麓駅4階(切符売り場・乗り場があるフロア)に原画12点を展示させて頂きます。
当日は私の原画展示以外にも、中腹駅、山頂展望台などで様々なイベントが企画されています。
天候が少々心配ではありますが、紅葉の藻岩山散歩も兼ねてぜひお出掛け下さい。
(※作者来場予定はございません。あしからずご了承下さい)

■日 時 : 平成24年11月3日(土)~4日(日) 10:30~22:00
■会 場 : もいわ山ロープウェイ・ロープウェイ山麓駅4階
        (市電・ロープウェイ入口電停下車 無料シャトルバス約5分)
■イベント参加料金 : 無料(但しロープウェイ等のご利用には所定の料金が必要です)
>>イベント全般につきましては、もいわ山公式サイト「もーりす通信」を御覧下さい。
http://www.moiwayama.net/event/index.html


【作品展】 「えちてつ絵日記 ~山王駅リフォーム記念・一日限りの原画展~」
~11/11(日)えちぜん鉄道勝山永平寺線・山王駅待合室にて開催~

今秋のリフォーム工事を控えたえちぜん鉄道(福井県)・山王駅の木造駅舎で原画展を開催させて頂く事になりました。
同社オリジナルカレンダーの原画など、えちぜん鉄道の駅や電車、沿線風景を描いた水彩色鉛筆画15~20点程度を展示致します。
ペンキを塗り重ねた板張りの内壁、昔のままの木枠の窓など、まもなく見ることができなくなる懐かしい駅待合室の雰囲気と併せてどうぞご堪能下さい。

作品展「えちてつ絵日記 ~山王駅リフォーム記念・一日限りの原画展~」は11月11日(日)開催。
皆様の御来場をお待ち致しております。

■日 時 : 平成24年11月11日(日) 10時~16時
■会 場 : えちぜん鉄道勝山永平寺線・山王駅待合室
 (福井駅から勝山行き電車で35分)
■入場料 : 無料
■主 催 : えちぜん鉄道株式会社/イラストレーター鈴木周作
■お問合せ : えちぜん鉄道お客様相談室 Tel. 0120-840-508 (受付時間8:00~21:00)
※当日は先着50名様にポストカードをプレゼントさせて頂きます。
※電車の運行状況、その他やむを得ぬ事情により、展示を縮小・中止させて頂く場合もございます。


  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

プロフィール

プロフィール

鈴木周作
すずき・しゅうさく。 札幌在住のイラストレーター。 初めての「北斗星」乗車は開業1週間目の1988年(昭和63年)3月。1995年(平成7年)ごろからはほぼ毎月のように乗り続け、2012年3月13日「北斗星」開業24周年記念日に乗車400回達成。愛してやまない寝台特急「北斗星」の姿を描き残すべく今日も旅を続ける。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック