« 2012年07月 | メイン | 2012年10月 »

お知らせです

2012年08月25日

いつも弊ブログにお付き合い頂きありがとうございます。

誠に勝手ながら、この先本業のピークが続きます為、しばらくの間はブログの更新が難しくなるかと思います。
また、頂いたコメント等へのお返事ができない場合もあるかと思います。
申し訳ありませんが、本業が落ち着き次第再開させて頂くつもりでおりますので、今しばらくの間ご容赦下さい。


日付変わって明日8月26日(日)には毎年恒例の「市電フェスティバル」が開催されます。
今回も「市電の会PRコーナー」では私のイラスト原画の展示をやらせて頂きます。
お近くの皆様、お時間があればぜひお立ち寄り下さい。
(写真は昨年の会場風景です)

※詳細は札幌市交通局Webサイトを御参照下さい。
 (外部サイト:札幌市交通局「2012市電フェスティバルを開催します。/札幌市」) ※PDF
 http://www.city.sapporo.jp/st/event/documents/tirasi.pdf

※屋外(テント下)での展示となりますので、荒天の場合は原画展示を縮小・中止させて頂く場合もございます。


  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

【北斗星の日々】再び「赤い電車」の話

2012年08月11日

友人がこの電車のファンだと訊いたので、前回に続いて「赤い電車」711系のお話を…。



~平成23年6月21日朝・下り「北斗星」東室蘭駅~

「赤い電車」一族の中でも、文字通り色合いの異なるこの車両。
国鉄時代の塗装を再現したリバイバル編成です。
熱心なファンの方々は運用を調べて写真を撮りに行かれたりもするようですが、訊くところによるとこの塗装は2編成しか存在しないそうで、出会えたらラッキー!の貴重な存在です。


~平成24年2月20日・上り「北斗星」札幌駅~

夕方の札幌駅5番線ホームから上り「北斗星」が発車する時、ちょうど入れ替わるように2番線に「711系」が到着します。
昭和の時代に戻ったような、今では希少な旧型車両同士の遭遇です。

その後、今年6月には学園都市線電化関連のダイヤ改正があり、また新型電車も徐々に増えているようですので、今でもこの列車に「711系」が使われているかどうかちょっと自信がないのですが…
ともかく10月ダイヤ改正では時刻・車両運用とも大きく変わる可能性もありますから、果たしてこの光景が今後も見られるのか気になるところではあります。


~平成23年9月27日・上り「北斗星」登別~東室蘭間~

この写真はちょっと説明が必要ですね。

以前、当ブログでもご紹介したことがありましたが(→昨年10月1日付記事参照)、前夜の下り列車の迂回運転の影響でこの日の上り「北斗星」は編成の向きが逆転していました。
その結果、いつもは最後尾の電源車に阻まれて見ることができない「後部展望」が、この日に限って見ることができた…というわけです。

暗くて何だか分からない…と言われてしまいそうですが、これでも熱心なファンの方が御覧になれば一目で「711系」とお分かり頂けるかと…(笑)


  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

【北斗星の日々】間もなく見納め…室蘭本線の「赤い電車」~10月ダイヤ改正~

2012年08月07日

先日、JR北海道さんから10月ダイヤ改正の概要がリリースされました。
「北斗星」については今のところ特に触れられてはいないようですが、車窓に見える風景はちょっとだけ違うものになりそうです。


~平成24年2月18日朝・下り「北斗星」東室蘭駅~

室蘭本線(苫小牧~東室蘭・室蘭)の普通列車が電車からディーゼルカーに置き換えられ、併せてワンマン運行が始まるそうです。
置き換えられるのは「711系」という国鉄時代からの古参電車。
いささか地味な存在ながら、寒色系の車両が多い北海道内にあって一際目立つ赤い車体が印象的で、下り「北斗星」の車窓にこの電車が見えるようになると「あぁ、札幌に帰ってきたなぁ…」と感じさせられる存在でした。
(関東在住の方でしたら、ちょうど上り「北斗星」が黒磯を過ぎて宇都宮線の電車が見えてきたような感覚でしょうか?)

「711系」自体は今後も札幌圏で運用されるとの事ですから、全く見られなくなるわけではありませんが、東室蘭あたりで「北斗星」と並ぶ姿はもうすぐ見納めになってしまいます。



~平成24年6月27日・上り「北斗星」東室蘭駅~


~平成23年8月17日・上り「北斗星」苫小牧駅~


~平成21年10月14日・上り「北斗星」苫小牧駅~


~平成22年11月7日・上り「北斗星」苫小牧駅~


それにしても、この区間を走る寝台列車・貨物列車はディーゼル機関車、「スーパー北斗」「北斗」はディーゼルカーですから、普通列車もディーゼルカーになると、電化区間とはいえ電気で走る列車は特急「すずらん」5往復のみになってしまいます。
勿論、余剰車両の活用とか、短編成化・ワンマン化によるコスト削減とか、JRさんとしても熟慮の末の判断なんでしょうが、素人目には何となく勿体ないようにも思えてしまいます。

まだまだ先の話ですが…
将来、車両更新の時期を迎えた時、この区間の普通列車に再び電車が導入されるのか?
それとも逆に「すずらん」にディーゼルカーを導入して電化設備を廃してしまうのか?
北海道新幹線問題も微妙に絡みそうな気がして、個人的にはちょっと気になっているところです。


※ダイヤ改正は平成24年10月27日(土)。詳細はJR北海道さんのWebサイトをご参照下さい。
(外部サイト:JR北海道「平成24年10月ダイヤ改正について」※pdf)
http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2012/120803-1.pdf


  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

【北斗星の日々】オレンジカードはお早めに!!

2012年08月03日

札幌車掌所担当の上り列車では3月で終了してしまった「北斗星」車内でのオレンジカード販売ですが、函館運輸所担当の下り列車ではまだ行われていました。
但し、車内放送では「既に生産終了している為、在庫限りの販売となります…」とのアナウンスがありましたから、ご希望の方はお早めに購入されたほうが良さそうです。

購入できるのは函館運輸所の車掌さんが乗務される下り列車の道内区間。
朝の頃合いを見計らって、「只今から車掌が車内を回って販売させて頂きます…」との放送が流れた後、各種グッズ類を携えた車掌さんが各車両を順番に回って来られます。


勿論絵柄は異なりますが、以前札幌車掌所で販売されていたものと同様、台紙付きの2枚セット・1組2千円也。
趣味的には一緒に頂いた封筒のほうも気になるところですね(笑)。


個人ブログの「北斗星乗車記」、更に1回分Upしました。
まだまだ3ヶ月分ほど溜まってしまったままですが…よろしければどうぞご笑覧下さい。
>>【12.4/14】北斗星(下)●改正後はじめての下り列車(外部サイト:北斗星乗車記★彡)http://hokutosei.sapolog.com/e373120.html


  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

プロフィール

プロフィール

鈴木周作
すずき・しゅうさく。 札幌在住のイラストレーター。 初めての「北斗星」乗車は開業1週間目の1988年(昭和63年)3月。1995年(平成7年)ごろからはほぼ毎月のように乗り続け、2012年3月13日「北斗星」開業24周年記念日に乗車400回達成。愛してやまない寝台特急「北斗星」の姿を描き残すべく今日も旅を続ける。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック