« 2011年12月 | メイン | 2012年02月 »

【北斗星の日々】大雪・大混乱の札幌駅で…。

2012年01月29日

急ぎのお仕事が残っているので、ブログの方はもうしばらくお待ち頂くつもりだったのですが、取り急ぎこれだけはご紹介させて頂きましょう。

大雪等の影響でダイヤが大幅に乱れていた昨日1月28日(土)の札幌駅。
2時間半ほどの遅延で到着した下り「北斗星」と、若干の遅れで入線してきた上り「トワイライトエクスプレス」が絶妙なタイミングですれ違っていきました。

3番線に到着した「北斗星」は、同じホームの向かい側、4番線の先行・小樽行き普通列車(これも20分ほどの遅延でした)が出るのを待って、手稲の車両基地に向けて発車。
一方、手稲の車両基地から回送されてきた「トワイライト~」は、その4番線が空くのを待って入線。
長編成の寝台特急が停まれるホームが限定される札幌駅構内の事情も手伝っての偶然です。

大遅延の結果というのは遺憾ですし、乗り合わせられた乗客、乗務員の皆さんにはお気の毒ですが、ともあれ貴重な記録ではありました。


  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

【北斗星の日々】「北斗星」にもささやかな変化~平成24年3月ダイヤ改正~

2012年01月28日

いよいよ再来月、3月17日に迫ったJRダイヤ改正。
「北斗星」関連の興味深い話題もいくつか小耳に挟みつつも、まずはきちんと確認しなければ…と思っていたのですが、改正速報が掲載されたJR時刻表、ならびにJTB時刻表の最新2月号を一読して一応確証が持てましたのでご紹介させて頂きます。


■1.青森付近のルート変更

これまで「北斗星」では上下列車とも青森駅には入らず青森信号場で行われていた機関車交換ですが、3月改正以降は青森駅で行われることになるようです。
時刻表に詳しい方でしたら、青森駅の欄が「||」(他線区経由)から「レ」(通過)に変わっていた…と言えばお分かり頂けるでしょうか?
その結果、これまで函館駅で1回だけ進行方向が変わっていたものが、青森と函館で2回変わることになります。

「新幹線工事の影響」として青森停車を取り止めた平成18年3月改正以前の運行形態に戻る形になりますが、残念ながら当時行われていた青森駅での客扱い(※上り列車のみ)は再開されませんでした。
上り列車の青森停車は0時過ぎ。
以前もここから乗車される方は少なからずおられましたから、もし客扱いを再開して頂けたら、首都圏発で往路新幹線~復路「北斗星」の面白いルートが拓けるかと思ったのですが…。


(平成18年3月改正前・青森駅停車中の上り「北斗星」)

ところで気になるのは、現行ダイヤと比べて、本州側、北海道側のどちらで編成の向きが逆になるのかですが…??
これまでの経緯からある程度予想はできるのですが、恐らく時刻表3月号には新版の編成表が掲載されると思いますのでそれを待ちたいと思います。

■2.上り「カシオペア」上野到着番線変更

これまで14番線に到着していた上り「カシオペア」が、土休日を除いて15番線に変更されます。(土休日は引き続き14番線到着)
すっかりお馴染みの13番線「北斗星」とのツーショットも見る機会が少なくなってしまいます。

そのかわり…というわけではありませんが、15番線車止め付近にある啄木の歌碑。
これからは「カシオペア」到着後の新たな記念写真スポットになりそうです。


■3.食堂車の終日禁煙化

上記2点はあくまで旅客サービスに直接関係のない運行上の事情なので特に触れられてはいなかったようですが、こちらは昨年暮のJR東日本さんのプレスリリースにも掲載されていました。

これまでパブタイムに限って喫煙が認められていた「北斗星」「カシオペア」の食堂車が終日禁煙になります。
意見の分かれる問題かとは思いますが、個人的には朗報です♪


  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

【おしらせ】「市電日記2012~スロウな電車の原画展~」3/17開幕♪

2012年01月27日

作品展【市電日記2012~スロウな電車の原画展~】
3月17日(土)~4月2日(月)札幌市内・市電沿線「ギャラリー土土」にて開催


 先々週の旅のお話もまだですが、取り急ぎご報告させて頂きます。

 札幌市内・市電沿線「ギャラリー土土」にて、今年もまた原画展を開催させて頂く事になりました。
 道内雑誌「northern style スロウ」(クナウマガジン刊)に連載中の札幌市電と街の風景を中心に、えちぜん鉄道より発売された2012年版カレンダーの原画や、作者が十数年来描き続けているJR釧網本線の駅風景、寝台特急「北斗星」など、新作・近作を中心に水彩色鉛筆画約2~30点を展示致します。

 作品展「市電日記2012~スロウな電車の原画展~」は3月17日(土)から。
 皆様の御来場をお待ち致しております。

■日 時 : 平成24年3月17日(土)~4月2日(月)
        10時~16時 (※3月27日(火)はお休み)
■会 場 : ギャラリー土土(どど)
 札幌市中央区南15条西15丁目2-10
  (市電・西線14条電停下車徒歩5分)
 会場電話番号 : 011-563-0212
 ※作者連絡先ではございませんので、作品展以外のお問合せはご遠慮下さい。
■入場料 : 無料

【アクセス】
・西4丁目電停から → 市電で西線14条電停まで約16分・170円。
・JR札幌駅から → 地下鉄南北線~市電乗継で西線14条電停まで約3~40分・290円。
 (さっぽろ駅から南北線に乗って1つ目の大通駅で下車。地上に出てすぐの西4丁目電停から市電・すすきの方面行きに乗って7つ目)
 ※お急ぎの場合はJR札幌駅からタクシー利用で「ギャラリー土土」まで約20分・1,500~2,000円程度(目安)
・藻岩山(ロープウェイ・もいわ山麓駅)から → 徒歩約15分(約1km) もしくは無料シャトルバス~市電乗継で西線16条電停まで約10~20分・170円。
 (もいわ山麓駅から無料シャトルバスでロープウェイ入口電停下車。市電・西4丁目方面行きに乗って1つ目)


  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

【北斗星の日々】北海道横断「混合列車」!?

2012年01月20日

スミマセン、本業のピークはまだしばらく続きそうなんですが、とりあえず小ネタをひとつだけ。

1月11日(水)の朝7時過ぎ。
遅延の下り「北斗星」から「スーパー白鳥20号」に乗り換えた函館駅で、ふと見ると奥の留置線には「珍客」の姿がありました。

緑色の2両は釧網本線の「ノロッコ号」。
茶色い方は「SL冬の湿原号」などでおなじみの客車で、前後にはやはりSL列車に展望車として連結される「緩急車」と、資材等を積むための貨車(有蓋車)が連結されています。

それぞれ21日(土)から始まる今冬の「流氷ノロッコ号」「SL冬の湿原号」の運行を前に、五稜郭の車両工場で検査を受けていたのでしょうか?

2日後、1月13日(金)の朝9時半。
今度は実に3時間遅延の下り「北斗星」がやっとの思いで函館駅に辿り着くと、件の留置線に「ノロッコ号」の姿は見えず、SL客車たち3両だけが変わらずそこに残っていました。

そして日付変わって一昨日1月18日(水)。
たまたま通り掛かった苗穂駅の構内にあの見覚えのある3両の姿が…。

編成の前にはこれから連結されそうな雰囲気でディーゼル機関車が佇み、よく見ると客車の明かりが点いているのも分かります。
恐らくはこれから釧路に向けて回送されていくのでしょう。

それにしても、そのままローカル線で走らせたいような味のある編成ですね!
遠目には正に国鉄時代の「混合列車」…客車と貨車を併結して走らせていたローカル列車そのものといった趣です。
函館から苗穂経由ではるばる釧路まで、こんな列車が人知れずトコトコ走っていったと思うとちょっと愉快ですね♪


この先いよいよ締切前の最繁忙期を迎えます(汗)。
次の更新はしばらく先になってしまうかも知れませんが、何卒気長にお付き合い頂ければ幸いです。
今後ともよろしくお願い致します。


  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

【北斗星の日々】年明け最初の「北斗星」の旅…詳細は後日!

2012年01月15日

年明け以降、なかなか更新できず申し訳ありません。
改めまして、本年もよろしくお願い致します。

日付変わって一昨日1月13日(金)、年明け最初の「北斗星」の旅から戻ってきました。
相変わらず「遅延王子」の名に違わず(笑)今回もアクシデント続発!
そして自身初となる珍しい体験もいくつかすることができたのですが…
残念ながら目下本業締切前、レポートは今しばらくお待ち頂かねばらない事を何卒ご容赦下さい。

とりあえず一枚だけ、まずは復路の下り「北斗星」の朝のスナップをご紹介させて頂きます。
熱心な「北斗星フリーク」の方が御覧になれば、この一枚だけでも様々な事情を読み取って頂けるのではないかと(笑)


…と、今回はこれだけのつもりだったのですが、せっかくなのでもう一つだけ。

前夜の大雪で札幌到着が大幅に遅れた昨日14日(土)着の下り「トワイライトエクスプレス」。
その影響で折返し上り列車も3時間ほど遅れて、17時12分、いつもの「北斗星」のスジ(ダイヤ)に乗って札幌を発っていきました。

ちなみに「北斗星」も大幅に遅れて、上り列車の発車は18時35分過ぎに。
「トワイライト~」が「北斗星」に、そして「北斗星」はかつての「北斗星82号」になったようなこの日の札幌駅の風景でした。


  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

【北斗星の日々】旧年中はありがとうございました

2012年01月01日

年末のご挨拶をUpしなければ…と思っているうちに年が明けてしまいました(汗)

新年おめでとうございます♪
旧年中は弊ブログにお付き合い頂きありがとうございました。


札幌駅で旧年最後の上り「北斗星」を見送ってきました。

3年前、平成21年の元旦は下り「北斗星」の車中で迎えました。
東京に住んでいた頃から何度か経験した越年乗車ですが、個人的にはこの年が最も印象に残っています。
「北斗星」という列車があるうちに、出来ればもう一度くらいは経験してみたいと思っています。

では、本年もどうぞよろしくお願い致します。

  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

プロフィール

プロフィール

鈴木周作
すずき・しゅうさく。 札幌在住のイラストレーター。 初めての「北斗星」乗車は開業1週間目の1988年(昭和63年)3月。1995年(平成7年)ごろからはほぼ毎月のように乗り続け、2012年3月13日「北斗星」開業24周年記念日に乗車400回達成。愛してやまない寝台特急「北斗星」の姿を描き残すべく今日も旅を続ける。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック