« 2011年03月 | メイン | 2011年05月 »

【上京報告】節電下の東京(4)地上路線の様子は… ~JR山手線ほか~

2011年04月29日

p01_gr20110414-0085.jpg
(平成23年4月14日)

 先ほど乗った地下線の東急田園都市線では一部蛍光灯が外されていましたが、地上を走るJR山手線では日中は室内灯が全て消灯されていました。
 勿論、日中であれば車内は充分明るいので全く問題ありませんが、駅に停車した時など、たまたまその車両が跨線橋の真下に来ると急に真っ暗になって驚いたりします。

 ちなみにドア上の情報案内モニターは、運行情報など重要な案内も流されているためか通常通り点けられていました。

p02_gr20110413-cx40369.jpg
(平成23年4月13日)

 駅のエスカレーターも使用停止になっているものが多数見られましたが、必ずしも全て停止しているわけではなく、混雑状況とか、隣接する階段の有無なども考慮して判断されているようでした。
 写真は上野駅9・10番線のもの。
 すぐ脇に階段も併設されているのでこれは停止対象です。


  (鈴木周作

 【震災被災者の皆様にお見舞い申し上げると共に、被災地域の一日も早い復興をお祈り致しております】


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【寝台特急北斗星】水彩色鉛筆画家のリピーター的乗車日記

【上京報告】節電下の東京(3)エスカレーター停止中 ~東急世田谷線~

2011年04月28日

p01_gr20110413-cx40262.jpg

 地下の田園都市線から地上の世田谷線に向かう途中、乗り換え通路のエスカレーターは運転休止になっていました。

p02_gr20110413-cx40265.jpg

 三軒茶屋駅の世田谷線ホーム。
 運行本数が若干減らされていると聞いていたのですが、そこは東京、元々の本数が多いので殆ど気にならない程度です。
 例えば、乗り換え時刻検索サイトなどで綿密な接続プランなどを決めてしまっているような場合はともかく、とりあえず駅に行って来た電車に乗ろうという程度であれば、それほど困る事もなさそうな気がします。
 
p03_gr20110413-cx40339.jpg
(写真いずれも平成23年4月13日)

 下高井戸駅付近にて。
 満開は過ぎていたようですが、沿線には桜が見事に咲き誇っていました。


p04_gr20110113-0225.jpg

 ここで宣伝を少々…。
 東急世田谷線では、私が表紙イラストを描かせて頂いた「世田谷線沿線散策ガイド」が配布されています。
 有人駅で一日乗車券「世田谷線散策きっぷ」(140円也)を買うと貰える他、山下駅構内の「たまでんカフェ山下」にも置かれています。(※「散策きっぷ」のイラストは私のものではありませんので念の為)
 現地にお出掛けの際はぜひお手にとって御覧頂ければ幸いです。
 (続く)


  (鈴木周作

 【震災被災者の皆様にお見舞い申し上げると共に、被災地域の一日も早い復興をお祈り致しております】


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【寝台特急北斗星】水彩色鉛筆画家のリピーター的乗車日記

【上京報告】節電下の東京(2)車内減灯実施中 ~東京メトロ/東急田園都市線~

2011年04月27日

p01_gr20110413-cx40256.jpg

 電車に乗ると、天井の蛍光灯が各車両数本ずつ外されている事に気付きました。
 とは言っても、夜間や地下線での運行もありますから、一定の照度は確保するよう充分配慮されているようです。
 比較対象として適当かどうか分かりませんが、深夜・減灯後のB寝台車よりは明るいかな?という印象でした。 

 写真は渋谷から乗った東急田園都市線、直通運転の東京メトロ半蔵門線の車両でした。

p02_gr20110413-cx40259.jpg
(写真いずれも平成23年4月13日)

 三軒茶屋で電車を降りて、東急世田谷線に乗り換えます。 
 (続く)


  (鈴木周作

 【震災被災者の皆様にお見舞い申し上げると共に、被災地域の一日も早い復興をお祈り致しております】


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【寝台特急北斗星】水彩色鉛筆画家のリピーター的乗車日記

【上京報告】節電下の東京(1)「つなげよう、日本。」 ~JR東日本~

2011年04月26日

 すっかり遅くなってしまいましたが、先々週、震災後初めて訪れた東京で見てきたものを順次ご紹介していこうと思います。

p01_gr20110414-0163.jpg

 東京に着いてまず目に付いたのがJR東日本各駅に貼られたこのポスターでした。
 少し前には「MADE IN DREAM」と題した、まるで映画「三丁目の夕日」のワンシーンを髣髴とさせるような東北新幹線「はやぶさ」の素晴らしいポスターが話題となりましたが、全線運転再開への決意を示す今回のポスターも、それと相通じるセンスを感じる実に印象的なものでした。

p02_gr20110414-0167.jpg
(写真いずれも平成23年4月14日 JR浜松町駅)

 未だ全線再開が叶わぬ中、様々な立場や意見もありましょう。
 このような形でのメッセージの発信は大変勇気の要ることだったと想像しますが、少なくとも私自身はこのポスターを見て一瞬目頭が熱くなる想いでした。
 関係各位の英断に拍手を贈りたいと思います。
 勿論、決してこのようなイメージポスターばかりでなく、各駅では具体的な運行状況等のアナウンスも丁寧に行われていたことも忘れずに書き添えておきます。

 ちなみに東北新幹線は昨日4月25日(月)から東京~仙台間で運転再開。
 4月29日(金・昭和の日)にはいよいよ全線での運転再開が予定されています。
 (続く)


  (鈴木周作

 【震災被災者の皆様にお見舞い申し上げると共に、被災地域の一日も早い復興をお祈り致しております】


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【寝台特急北斗星】水彩色鉛筆画家のリピーター的乗車日記

【北斗星の日々】東北本線全線再開も「北斗星」は5月中旬まで運休

2011年04月22日

 本業締切前の為、更新やコメントへのお返事が滞ってしまい申し訳ありません。
 とりあえず今週末がヤマになりそうですので、もう少々お待ち下さい。

 さて、既報の通り4月21日(木)よりJR東北本線が全線運転再開、同線経由での首都圏~札幌間のレールがようやく繋がったことになりますが、残念ながら「北斗星」「カシオペア」の再開は当面先送りされることが本日4月22日18時58分付でJR北海道さんのWebサイトに掲載されました。
 理由は「JR東日本管内で引き続き復旧作業が行われる為」との事で、「北斗星」は5月15日(日)発まで、「カシオペア」は5月16日(月)発までの運休がアナウンスされています。

>>【JR北海道Webサイト】列車運行情報(随時更新)


  (鈴木周作

 【震災被災者の皆様にお見舞い申し上げると共に、被災地域の一日も早い復興をお祈り致しております】


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【寝台特急北斗星】水彩色鉛筆画家のリピーター的乗車日記

【北斗星の日々】東北本線・4月21日全通予定&東京に行ってきました

2011年04月19日

 しばらく更新が滞ってしまい申し訳ありません。
 まだしばらく本業繁忙期が続く見込みです。
 頂いたコメントへのお返事等も落ち着いた後に改めてさせて頂きますので、今しばらく御容赦下さい。


 さて、「北斗星」のルートにあたるJR東北本線ですが、その後順調に復旧が進み、最後まで不通となっていた仙台~一ノ関間も4月21日(木)から運転再開予定と発表されています。

>>【JR東日本Webサイト】東北地方の運転再開状況(随時更新) [PDF]

 一方、「北斗星」については4月27日(水)発までの運休が既に発表されていますが、現在のところ、その後新しい情報は発表されていないようです。

>>【JR北海道Webサイト】列車運行情報(随時更新)

 ともかく路線が繋がる目途が立ちましたので、後は運転・予約再開の報を待ちましょう。


p01_gr20110413-cx40138.jpg

 ところで先日、とある事情で急遽上京することになりました。
 実に約1年ぶりの飛行機利用です。
 久々に訪れた「節電下」の東京の様子など、色々ご報告したい事もあるのですが、こちらも目先の本業が一段落した後、改めて…ということで何卒御容赦下さい。

 写真は上空から見た郡山駅。
 「北斗星」ルートを何とか見付け出そうと必死に覗き込んでいたのですが、結局はっきりと見付けられたのはここだけでした。


  (鈴木周作

 【震災被災者の皆様にお見舞い申し上げると共に、被災地域の一日も早い復興をお祈り致しております】


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【寝台特急北斗星】水彩色鉛筆画家のリピーター的乗車日記


【北斗星の日々】4月27日までの運休決定

2011年04月12日

 4月14日発までの運休が既に発表されていた「北斗星」「カシオペア」ですが、引き続き4月27日発までの運休が決まりました。
 28日発以降は未定との事。
 JR北海道さんのWebサイトの「列車運行情報」に、日付変わって昨日(4月11日)18時03分現在の情報として掲載されています。

>>【JR北海道Webサイト】列車運行情報(随時更新)


 それから、私事で恐縮ですが…
 本業締切前の為、この先しばらくの間、ブログの更新が滞り気味になるかも知れません。
 頂戴したコメント等へのお返事も大幅に遅れたり、場合によってはお返事差し上げられない事もあるかと思いますが、事情ご賢察の上何卒御容赦下さい。

 状況を見ながら、重要な話題などは極力Upできるよう努力致しますので、今後とも変わらずお付き合い頂ければ幸いです。


  (鈴木周作

 【震災被災者の皆様にお見舞い申し上げると共に、被災地域の一日も早い復興をお祈り致しております】


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【寝台特急北斗星】水彩色鉛筆画家のリピーター的乗車日記

【北斗星の日々】東北本線・余震の影響で不通区間拡大/全線再開見込みは4月下旬に

2011年04月09日

 順調に復旧区間が増えていたJR東北本線ですが、4月7日(木)深夜の大きな余震の影響で再び不通区間が拡大。
 4月中旬とアナウンスされていた全線再開も4月下旬へとずれ込む模様です。 

 改めて、JR東日本さんのWebサイトに掲載された昨日4月8日(金)現在の「運転再開状況」から、「北斗星」のルートにあたる東北本線(上野~盛岡間)の部分を整理して御紹介します。

>>【JR東日本Webサイト】東北地方の運転再開状況(随時更新) [PDF]

※上記Webサイトの「運転再開情報」は随時更新されています。
 下記は全て本ブログ記事投稿時点(2011-04-09 03:02:45)の情報ですので御注意下さい。

上野~黒磯 → 運転再開済み
黒磯~安積永盛 → 4月中旬運転再開予定
安積永盛~本宮 → 4月9日運転再開予定
本宮~仙台 → 4月中旬再開予定
仙台~一ノ関 → 4月下旬運転再開予定
一ノ関~水沢 → 4月下旬までに運転再開予定
水沢~北上 → 4月11日頃運転再開予定

北上~盛岡 → 4月9日運転再開予定


一方、盛岡以北の第三セクター区間については、各社Webサイトに以下の通り掲載されています。

>>【IGRいわて銀河鉄道Webサイト】
>>【青い森鉄道Webサイト】

盛岡~二戸(IGRいわて銀河鉄道)→ 4月9日から本数を減らして運転予定
二戸~目時(IGRいわて銀河鉄道)→ 再開未定
目時~八戸(青い森鉄道)→ 4月9日は終日運休

八戸~浅虫温泉(青い森鉄道)→ 4月9日から運転再開予定
浅虫温泉~青森(青い森鉄道)→ 運転再開済み
 
青森以北、津軽海峡線は4月9日から運転再開予定です。


  (鈴木周作

 【震災被災者の皆様にお見舞い申し上げると共に、被災地域の一日も早い復興をお祈り致しております】


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【寝台特急北斗星】水彩色鉛筆画家のリピーター的乗車日記

【北斗星の日々】「トワイライトエクスプレス」のヘッドマークをよく見ると…!?

2011年04月07日

 一昨日4月5日(火)札幌発の「トワイライトエクスプレス」。
 検査上がりとおぼしきピカピカの機関車の先頭には、すっかり年季の入ったピンク色のヘッドマークが掲げられていました。

p01_gr20110405-cx40019.jpg

 実はこの列車のヘッドマーク、よく見ると「北斗星」など道内の他の寝台列車のものとは少し構造が違うようです。

p02_gr20091027-0002.jpg

p03_gr20091027-0008.jpg

p04_gr20091027-0004.jpg

 こちらは「北斗星」のヘッドマーク。
 2年前の秋、札幌駅・JRタワー展望室で開催させて頂いた原画展「北斗星☆旅の絵日輝(えにっき)展」の会場で展示していたものです。
 さすがJR関連会社の主催イベントとあって、実物のヘッドマークや車両部品など、JR北海道さんから貴重な展示品を色々お借りすることができたのも今となっては懐かしい思い出です。

 恐らく雪の付着を防ぐ為でしょう、表面に透明の樹脂板が貼られているのが北海道仕様。
 道外のJR各社のヘッドマークには見られない特徴です。
 ついでに言えば表面の文字や絵も、一般的には風雪にも耐えうるよう切り抜き文字やペイントで頑丈に描かれるのが常ですが、この個体は切り絵よろしくカッティングシートを貼り重ねて描かれていました。 
 樹脂板カバーのおかげで、このような作り方でも充分実用になるようです。

 一方の「トワイライト~」は「本州仕様」とでも言いましょうか?
 樹脂板カバーのない、少し厚みのある金属製で、写真では判りませんが裏側(内側)は空洞になっています。
 ちょうどドラムカンの底を薄切りにしたようなものですね。
 この内側の空洞に水でも溜まってしまったのか、写真でも特に下側の腐食の激しさが伺えます。

 この形状のヘッドマークは、道内では恐らく「トワイライト~」だけだったと思います。
 あるいは運行開始に際してJR西日本さんが製作・供与したものなのかな?とも想像しているのですが…。


  (鈴木周作

 【震災被災者の皆様にお見舞い申し上げると共に、被災地域の一日も早い復興をお祈り致しております】


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【寝台特急北斗星】水彩色鉛筆画家のリピーター的乗車日記

【北斗星の日々】「トワイライトエクスプレス」を見送ってきました。

2011年04月03日

p01_gr20110403-cx40004.jpg

 今日は上り「トワイライトエクスプレス」の出発風景を見に行ってきました。
 札幌発14時05分。
 夜行列車としては随分早い時間帯ですが、観光利用に軸足を置いた列車だけに、車窓を楽しみながらティータイムを楽しむにはむしろ丁度良いかも知れません。

p02_gr20110403-cx40026.jpg

p03_gr20110403-cx40040.jpg

 列車がホームを離れていく瞬間、それまで激しく降り続いていた雪が急に弱まり、雲の合間から穏やかな春の陽射しが差し込んできました。
 まるで長旅の前途を祝福するかのような、ちょっと印象的な光景でした。


  (鈴木周作

 【震災被災者の皆様にお見舞い申し上げると共に、被災地域の一日も早い復興をお祈り致しております】


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【寝台特急北斗星】水彩色鉛筆画家のリピーター的乗車日記

【北斗星の日々】3週間ぶりの寝台特急 ~「トワイライトエクスプレス」再開一番列車、札幌到着!~

2011年04月02日

p01_gr20110402-cx40012.jpg

 ようやく運転再開となった「トワイライトエクスプレス」、その再開一番列車が今朝9時52分、札幌駅に無事到着しました。
 あの震災当日の朝の下り「北斗星」以来、約3週間ぶりの寝台特急の到着です。

p02_gr20110402-cx40035.jpg

p03_gr20110402-cx40042.jpg

p04_gr20110402-cx40045.jpg

 そういう先入観はもはや時代にそぐわないのは重々承知の上ですが、それでも国鉄世代の私にとっては、やっぱり寝台特急こそが大幹線の証。
 そこに寝台特急が一本も走っていないと思うと、どこか心許なく感じてしまいます。
 長旅を終え、手稲の車両基地へと引き上げていく列車のテールライトを見送って、ずっと詰まっていた砂時計がやっと少しずつ流れ始めたような気がしました。

 一部区間で不通が続いている東北本線も、4月中旬には全線開通見込みとの事。
 再び「北斗星」が動き出す日もそう遠くない事を祈ります。


  (鈴木周作

 【震災被災者の皆様にお見舞い申し上げると共に、被災地域の一日も早い復興をお祈り致しております】


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【寝台特急北斗星】水彩色鉛筆画家のリピーター的乗車日記

【イラスト】北国の春 ~青森県・十和田観光電鉄の風景~

2011年04月01日

 今日から4月、季節の変わり目に合わせて春らしい絵を1枚ご紹介させて頂きます。

2011-03.jpg

 青森県の十和田観光電鉄(三沢~十和田市間)の風景。
 主に沿線高校生の通学の足として活躍する小さなローカル私鉄ですが、途中の線路沿いにはこのような立派な桜並木が続いていて、時にはお花見の団体列車も運転されるという隠れた人気路線でもあります。

 先の震災ではこの地域にも少なからず影響が及んだようですが、同社Webサイト(http://www.toutetsu.co.jp/)で確認したところ、現在のところ通常運行に戻っている模様です。

 「北斗星」の沿線…と言っても上り列車で午前1時頃、下り列車でも早朝というより深夜に近い時間帯の通過ですからなかなか気付かないものですが、三沢駅を通過する時によくよく注意して見ていると、「北斗星」が走る青い森鉄道の駅とは別に、少し離れた駅前に2両編成がやっと停まれる位の小さな駅があるのが分かります。
 そこが十和田観光電鉄、地元流に言えば「十鉄(とうてつ)」の始発駅。
 昔ながらのローカル私鉄といった佇まいが感じられる大好きな駅です。

 桜が咲くのはゴールデンウィーク頃でしょうか?
 彼地に明るく温かな春の空気が流れる日々を本当に待ち遠しく思います。


  (鈴木周作

 【震災被災者の皆様にお見舞い申し上げると共に、被災地域の一日も早い復興をお祈り致しております】


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【寝台特急北斗星】水彩色鉛筆画家のリピーター的乗車日記

プロフィール

プロフィール

鈴木周作
すずき・しゅうさく。 札幌在住のイラストレーター。 初めての「北斗星」乗車は開業1週間目の1988年(昭和63年)3月。1995年(平成7年)ごろからはほぼ毎月のように乗り続け、2012年3月13日「北斗星」開業24周年記念日に乗車400回達成。愛してやまない寝台特急「北斗星」の姿を描き残すべく今日も旅を続ける。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック