【北斗星の日々】Zゲージのお話、もう少々

2013年05月02日

一部知人から思いのほか反響があったので(笑)、今回もZゲージ鉄道模型のお話です。


「北斗星」を牽くディーゼル機関車「DD51」を1/220スケールで再現した「ロクハン」のZゲージ鉄道模型。
オレンジカードの上に載せてみると御覧の通り、とにかくこの圧倒的な小ささが魅力です。

小さいということは、狭いスペースでも遊べるということ。
例えば仕事机の上をちょっと片付けて走らせたり、インテリア感覚でテーブルの隅に線路を敷いたり、あるいはアタッシュケースの中に列車が走る街のジオラマを作り込んだりすることもできるわけです。


一方で(現時点での)難点といえばやはり商品アイテムの少なさでしょうか?
一例を挙げれば、まさにこの「北斗星」機関車が売られているのに「北斗星」客車は無い…というのが実状です。
(前回のブログ写真(→13.5/1参照)でもご紹介しましたが、我が家の「北斗星」客車は食玩を自分で改造して作ったものでして…^^;)

鉄道模型の商品開発には、特に金型代などに結構な投資が必要と聞きますから、メーカーとしては同一車種を沢山売って利益をあげなければ次の製品開発には移れないという事情もあるのでしょう。
その為、メーカーではまずは同じ金型をベースにして、塗装を変えるなどして製品のバリエーションを増やす努力をしているようです。
例えば「ロクハン」のWebサイト(→http://www.rokuhan.com/)を見ると、同じ「DD51」でも「JR北海道仕様」「JR貨物仕様」「国鉄仕様」…等々、沢山のバージョンが発売されているのが分かります。

また、「北斗星」こそ無いものの、牽かせる客車としては「14系客車」という、国鉄時代から特急・急行に使われていた代表的な形式が製品化されていますが、これもドアの形が異なる(=金型が流用できない)北海道仕様(現在も急行「はまなす」に使われているタイプですね)が発売されていない一方、同じ車体で塗装が異なる「国鉄仕様」「JR西日本仕様」「JR東海仕様」…といったバリエーションが用意されています。

とにかく小さな模型ですから、ここはあまり細かいことには拘らず、「青い機関車が青い客車を牽いている…」程度でOK、という位のおおらかな気持ちで楽しむのが良いのかも知れません。
ついでに言えばその小ささ故、機関車のパワーにも限界がありますから、実物どおり「ブルートレイン12両編成!」などと無理せずに、4~5両編成程度に縮めて楽しむ方が無難なようにも思います。


ちなみに写真の客車は「オリエント・エクスプレス」…Zゲージの本家・ドイツ「メルクリン」の製品です。
四半世紀前に実際こんな組み合わせもありましたね!

  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

【北斗星の日々】「25周年」の旅、記念の一品

2013年05月01日

引き続き開業25周年記念日、3月13日(水)発の下り「北斗星」のお話です。

節目の便では何か記念の品を買い求めるのがお約束ですが、革製キーホルダーも、懐中時計も、既にあらかた購入済み。
さて何を買おうかなぁ…と悩んだ末、車内販売品ではありませんが、タイミングよく新発売になったこんなものを乗車前に買って帰ることにしました。


北海道内で「北斗星」を牽くディーゼル機関車「DD51」の模型。
それも一般的なNゲージではなく、極小サイズの「Zゲージ」という規格の製品です。


比べてみるとその小ささがよくお分かり頂けるかと思います。
上の1台がNゲージ(縮尺1/150)、下の2台がZゲージ(縮尺1/220)。
ご参考までにバックの本(私がお手伝いさせて頂いた一冊です(^^ゞ→詳細はこちら)はB5版です。

Zゲージの鉄道模型は1972年、西ドイツ(当時)の老舗模型メーカー「メルクリン」によって初めて世に送り出されましたが、そのあまりの小ささと精巧さ故かなかなか後に続くメーカーが現れず、世界的にもほぼメルクリンの寡占状態が長く続いていました。
勿論、日本型の製品は最近までほぼ皆無、ようやく新興メーカーによる製品が本格的に市場に出回り始めてからまだ数年といったところです。


まだまだ黎明期と言ってもいい我が国のZゲージ。
広く普及しているNゲージと比べると、製造メーカーも、製品の種類も限られているのが現状ですが、この「DD51」を発売した「ロクハン」というメーカーは、ここ最近積極的にZゲージ製品を開発している注目株です。
http://www.rokuhan.com/

赤い電気機関車「EF81」の方は他メーカーの製品ですが、数年前に一度市場に出たっきりすぐに消えてしまいました。
また、後ろに続く客車たちは7~8年ほど前(だったでしょうか?)、たまたまZゲージサイズで作られていた食玩に、鉄道模型用の車輪を無理やり取り付けて走れるように改造した我が家のオリジナルです。

それにしても、Zゲージで「北斗星」が楽しめるようになろうとは…。
なまじ昔から本家メルクリンを知っているだけに、つくづく時代の流れを感じてしまいます。

  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

【北斗星の日々】運休の夜の風景 ~束の間のタイムスリップ~

2013年04月19日

だいぶ間が空いてしまいましたが、前回・往路3月10日(※到着日)の上り「北斗星」(→13.3/19参照)のお話の続きです。

折しも接近中の爆弾低気圧の影響で、10日出発の夜行列車は朝のうちから早々に運休が決まっていました。
上野駅でも、私の乗った上り列車が着いた時から「今夜の下り『北斗星』は運休となります…」とのアナウンスが繰り返し流されていました。

さて、夜になってせめて運休の立て看板だけでも撮っておこうかと再び上野駅を訪れてみると…


いつもなら「北斗星」がいるはずの13番線ホームに懐かしい列車が停まっていました。
ご存知、3年ほど前まで「北斗星」を牽いていた旧型の電気機関車「EF81」です。



後ろにはやはり「北斗星」の客車が5~6両ほど連なっていたでしょうか?
中には2008年3月のダイヤ改正・減便で定期運用を離れ、今はもっぱら予備車として車両基地で待機しているあのロビーカー(→12.2/3参照)の姿もありました。

この列車、以前にもご紹介したことがあったかも知れませんが、どうやら運転士さんのハンドル訓練用の試運転列車だったようです。
いつもはこの時間に上野駅に現れることはないようですが、この日は日中から強風でダイヤがかなり乱れていたので、大幅に遅れてこんな時間の到着になったのでしょう。

実は私自身も、乗車予定の電車が強風で遅れて、上野駅に着いてから「みどりの窓口」に行ったら「北斗星」の払戻し客で大混雑で、かなり待たされた末にホームに出たら丁度この試運転列車が停まっていた…というわけで、ちょっとだけ不思議な運命を感じてしまいました(笑)。


何枚か写真を撮っているうちに、ほどなく列車は車両基地へと回送されていきました。

厳密には機関車の色が当時とは違いますが、「北斗星」開業当初を思い出させる懐かしい風景。
ほんの一瞬の遭遇でしたが、25周年の節目だけに感慨深いものがありました。

  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

【北斗星の日々】25周年記念の朝に…。

2013年04月11日

しばらく更新が滞ってしまい申し訳ありません。
元々締切が重なっていた時期に新たに緊急のお仕事が舞い込み、なかなか手の空かない状況が続いています。
まだしばらくは落ち着かないかも知れませんが、何卒ご容赦下さい。

色々お伝えしたい話題は溜まっているのですが、とりあえず先月乗車時の写真から一枚…。
下り「北斗星」が五稜郭を過ぎた頃、車窓に広がる車両基地には新型電気機関車「EH800」が停まっているのが見えました。
(一両だけ塗装が異なる白ストライプの機関車です)

ご存じの方も多いかと思いますが、「EH800」は在来線規格の線路幅(狭軌)ながら、新幹線規格の架線電圧・信号システム等にも対応した特殊な設計で、北海道新幹線開業後の青函トンネル区間に投入される予定です。
(逆に言えば、「北斗星」を牽いている「ED79」をはじめとする他の機関車は、新幹線開業後は青函トンネルを走ることは物理的に不可能になってしまいます)
「EH800」は現在、1両だけ先行製造されたプロトタイプ機によって各種試験が行われているそうです。

奇しくも「北斗星」開業25周年記念日…3月13日(水)発の下り列車で迎えた朝。
節目の日にこの機関車を初めて目にすることになるというのも何か運命的な気がします。

  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

【お知らせ】原画展始まりました!~「北斗星」最新作も展示中♪~

2013年03月21日


毎年恒例、札幌市内・市電沿線「ギャラリー土土」での原画展が日付変わって昨日3月20日(水・祝)から始まりました。


今回は最新刊・JTBの交通ムック「今こそ乗りたい寝台列車の旅」掲載の「北斗星」新作イラストの原画も展示しています。

作品展【市電日記2013~スロウな電車の原画展~】は4月1日(月)まで開催中!(※3月26日(火)はお休み)
開場時間・会場地図等、詳細はこちらを御覧下さい。
皆様のご来場をお待ち致しております。


  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

【北斗星の日々】惜別!「スーパーひたち」と最後の?顔合わせ

2013年03月19日

往路3月10日(※現地日)朝の上り「北斗星」が終点・上野の15番線ホームに到着すると、隣の16番線にはちょうど退役間近の「スーパーひたち」が停まっていました。

勿論、決して「スーパーひたち」という列車が無くなるのではなく、長きに渡って活躍し続けてきた「651系電車」が3月16日のダイヤ改正をもって「スーパーひたち」運用から撤退する…ということですが、この独特のスタイルの印象があまりに鮮烈だっただけに、感覚的には「スーパーひたち」の終焉…と感じられている方も決して少なくないと思います。


「北斗星」の開業は昭和63年(1988)3月13日。
「スーパーひたち」は確か翌年、平成元年(1989)の春だったでしょうか?
どちらもまさに新生JRのイメージリーダーとして、満を持して世に送り出された当時の衝撃度と言ったら、現在の「はやぶさ」「スーパーこまち」級かそれ以上か!?と言っても過言ではないでしょう。

とは言え、純然たる新造車の「スーパーひたち」と国鉄客車の改造による「北斗星」ですから、例えるなら高卒新人ゴールデンルーキーと大卒・社会人出身のオールドルーキーの「歳の離れた同期入団」といったところ。
当時この両者を見比べて、よもや「スーパーひたち」のほうが先に第一線を退くとは誰が予想したでしょうか?

この日の上り「北斗星」は北日本の強風で約40分遅延、10時40分頃の到着。
一方、隣の「スーパーひたち19号」は10時28分入線~11時発車。
偶然の遅延と冬季限定の番線変更がもたらした、恐らく最後の(?)貴重なツーショットとなりました。


  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

【北斗星の日々】25周年は新刊と共に ~JTBの交通ムック「今こそ乗りたい寝台列車の旅」~

2013年03月16日

節目の日のこの列車に、自ら携わった出来たての新刊本を手に乗ることができたのには不思議な運命を感じてしまいます。

昨年暮からお手伝いさせて頂いてきた夜行列車のムック本がちょうど東京滞在中に刷り上がったとの報を受けて、開業25周年記念日となる復路・3月13日(水)発の下り「北斗星」乗車を前に、早速版元を訪ねて見本誌を受け取ってきました。

私が担当させて頂いたのは「旅する前に知っておきたい!寝台列車のヒミツ」と題するコラム欄。
熱心なファンの方には周知のネタばかりかとは思いますが、上下列車で異なる走行ルートの謎や、途中二度も進行方向が変わる理由、それに北海道新幹線開業後の青函トンネルの使われ方などを極々簡単に整理して、描きおろしイラストと共に紹介させて頂きました。

その他、「北斗星」の乗車記、走行ルートマップのページに掲載されている駅や車内の写真も多数提供させて頂きました。
誌面には一枚毎の撮影者名は記されてはいませんが…一応ここでは「かなりの枚数」とだけ書いておきます。
興味のある方はいつものブログ写真の作風等々と見比べて、どれが私の写真か推理してみて下さい(笑)。
ちなみに下戸の私ゆえ、食堂車の写真ではテーブル上のアルコールの有無がヒントになるかと…。


JTBの交通ムック「今こそ乗りたい寝台列車の旅」は3月15日(金)より全国書店で発売中。
いささか手前味噌ながら、熱心な寝台列車ファンのみならず、これから乗ってみたいと思われている方にも格好の一冊に仕上げられたものと自負しておりますので、ぜひお手にとって御覧頂ければ幸いです。

B5版オールカラー144頁・1680円(税込み)
JTBパブリッシング発行
(ISBN978-4-533-08993-0)


  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

【北斗星の日々】走り続けて四半世紀 ~北斗星の誕生日に~

2013年03月14日

「レールが結ぶ一本列島」のキャッチコピーを懐かしく思い出される方も少なくないでしょう。
昭和63年3月13日の青函トンネル開業・「北斗星」運行開始からとうとう四半世紀…。
25歳の誕生日を迎えた昨日(一昨日?)3月13日上野発の下り「北斗星」に乗って東京出張から帰ってきました。

お見せしたい写真も色々あるのですが、まずは一枚だけ…。
深夜の盛岡~八戸間あたりでの上下「北斗星」のすれ違いです。

今日のところはとりあえずの帰札報告ということで…。
他の写真や渾身の新刊等々、落ち着いたらまた改めてご報告させて頂きますね。


  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

【お知らせ】「市電日記2013~スロウな電車の原画展~」札幌市内で3/20~開催♪

2013年02月28日

作品展【市電日記2013~スロウな電車の原画展~】
3月20日(水・祝)~4月1日(月)札幌市内・市電沿線「ギャラリー土土」にて開催


札幌市内・市電沿線「ギャラリー土土」にて、今年もまた原画展を開催させて頂く事になりました。
北海道の雑誌「northern style スロウ」(クナウマガジン刊)に連載中の札幌市電と街の風景を中心に、昨冬リニューアルされた藻岩山ロープウエイ、蒸気機関車の走る昭和の札幌近郊の風景、寝台特急「北斗星」の旅のなど、今昔の鉄道風景を描いた水彩色鉛筆画約2~30点を展示致します。
併せて、えちぜん鉄道より発売された2013年版カレンダーの原画も展示予定です。

作品展「市電日記2013~スロウな電車の原画展~」は3月20日(水)から。
皆様の御来場をお待ち致しております。

続きを読む "【お知らせ】「市電日記2013~スロウな電車の原画展~」札幌市内で3/20~開催♪" »

【北斗星の日々】青森大雪の影響で…。

2013年02月22日

今回はひとつ個人的な宣伝をさせて頂くつもりだったのですが、やはりこちらのほうがタイムリーでしょう。

東北地方雪害の影響で今日2月22日(金)着の下り「北斗星」は函館打切り。
折返し同日発の上り「北斗星」も札幌~函館間区間運休となりました。

こういう区間運休の場合、「北斗星」と同時刻の代走臨時特急が仕立てられる場合も多いのですが、今回は「北斗星」の約1時間後、18時13分札幌発の「北斗20号」に乗車するよう案内されていました。
「北斗20号」の函館到着は21時48分。
「北斗星」の所定の発車時刻も同じく21時48分ですから、お客さんの乗換えを待ったとしても微々たる遅延で済むという寸法です。

臨時特急を仕立てるか、定期列車に乗り換えて頂くかは、その日の乗客数や車両手配の都合なども含めての判断になってくるのでしょう。
今日は「北斗20号の6号車へご乗車下さい」と書かれていたところを見ると、影響を受けたのは特急の普通車1台で済む程度の人数だった…ということでしょうか?


今日の札幌の書店・コンビニの店頭には、雑誌の発売遅延の告知が貼りだされていました。
勿論、本州からの貨物列車の運休・遅延の影響です。
普段は何の不自由も感じない大都会・札幌ですが、こういう時にはやっぱり「地方」なんだなぁ…と実感させられます。

今週末にかけてまた強い寒波が襲ってくるようですので、皆様くれぐれもお気を付け下さい…。

  (鈴木周作


~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~
【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~
【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

プロフィール

プロフィール

鈴木周作
すずき・しゅうさく。 札幌在住のイラストレーター。 初めての「北斗星」乗車は開業1週間目の1988年(昭和63年)3月。1995年(平成7年)ごろからはほぼ毎月のように乗り続け、2012年3月13日「北斗星」開業24周年記念日に乗車400回達成。愛してやまない寝台特急「北斗星」の姿を描き残すべく今日も旅を続ける。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック