【北斗星の日々】今では飛行機♪

2017年03月09日

実を言えば、最近では移動手段としてはもとより、創作の対象としても飛行機の面白さに目覚めつつあるところです。

 

gr20170225-x100021-hok-xx-slow50(480-360).jpg

現在発売中の季刊「スロウ」Vol.50/2017冬号(クナウマガジン刊)の拙連載「さっぽろ市電日記」では、丘珠空港を拠点とするHAC(北海道エアシステム)の飛行機の絵を初めて描かせて頂きました。

全貌はぜひ書店等でお手に取って御覧頂けたら嬉しいです。

>>【スロウ】版元Webサイト(※外部サイト)

 

gr20170206-x100678-xxx-xx-ado(360-480).jpg

もうひとつ。

先月2月のAIRDO機内誌「rapora」では、私の水彩色鉛筆画ポストカードを紹介して頂きました。

「新千歳空港で出合える北のクラフトたち」と題して、ターミナルビル2階「クラフトスタジオ」の取扱商品として、他の作家さん達による雑貨・工芸品などと合わせて掲載されています。

現在、バックナンバーがWeb上で公開されていますので、よろしければぜひ御覧下さい。

>>【AIRDO】機内誌rapora・新千歳空港で出合える北のクラフトたち(※外部サイト)

 

ちなみに掲載写真のポストカード3種類のうち、中央の絵柄(「空の絵日記」#1.新千歳・夏・飛行機と鈍行列車)は、実は私自身も度々利用しているAIRDOのB767からの機窓風景を描いたもので、他のお店では販売していない「クラフトスタジオ」のみのオリジナル商品です。

こちらの絵柄も含めて、同店取扱商品は通信販売でもご購入頂けますので、興味のある方はぜひお問合せ頂ければ幸いです。

>>【クラフトスタジオ】ポストカード通信販売のご案内(※外部サイト)

 (イラストレーター鈴木周作