【北斗星の日々】遅延のご褒美?

2013年07月28日

4時間超の大遅延となってしまった今回7月22日(月)発の上り「北斗星」ですが、旅の最後にはこんな出会いもありました。

 

gr20130723-x100592-est-k-hokutosei-ueno.jpg

巷で話題の「緑の山手線」... 国鉄時代の通勤電車をイメージしてラッピングされたもので、僅か1編成だけのレアアイテムです。

 

そして夕方、再び上野駅に戻ると15番線ホームに懐かしい列車が...。

 

gr20130723-x100793-est-k-hokutosei_kaiso-ueno.jpg

数年前まで「北斗星」を牽いていた旧型の電気機関車「EF81」が、「北斗星」客車を数両ほど従えて停まっていました。

これも以前ご紹介したことがあったかと思いますが(→12.2/3参照)、どうやら運転士さんのハンドル訓練用に時折運転されているという試運転列車のようです。

訊けば今でも結構な頻度で運転されているらしく、 関東在住の方にとってはさほど珍しいものではないのかも知れませんが、 私のような地方在住者にとって、たまたま上京した日にこういう列車に出会えるのはちょっとした幸運です♪


gr20130723-x100801-est-k-hokutosei_kaiso-ueno.jpg

牽かれる客車の中にはかつて2往復時代の「北斗星3・4号」に使われていた「ロビーカー」もありました。

以前、この客車が奇跡的に来札した際にもこちらのブログでご紹介させて頂きましたので(→12.2/3参照)、ご記憶の方もおられるかと思います。

2008年3月のダイヤ改正・減便を機に定期運用からは外されたものの、 ダイヤ大混乱で所定の客車が使えなくなった場合など、 万々が一のアクシデントに備えて今でもすぐに使える状態で待機しているようです。

 

gr20130723-x100803-est-k-hokutosei_kaiso-ueno(4000-3000).jpg

定期運用を離れてから3年以上も経った後、 2011年11月にわざわざ全般検査(自動車で言うところの「車検」ですね)を受けているのも、 この客車が意図的に残されていることの証でしょう。

 

不思議なもので、遅延に巻き込まれて予定変更を強いられた時ほど、 行く先々でなぜか幸運な巡り合わせが待っているものです。

こういうのを私は常々「遅延の神様」と呼んでいるのですが(笑)、 今回もまさに4時間遅延のささやかな「ご褒美」といったところでした。

  (イラストレーター鈴木周作

 

~~宜しければこちらも併せて御覧下さい~~

【公式サイト】札幌の水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作

【メインブログ】宮の森日記~移住画家の日々~

【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/760

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)