メイン

炭鉱遺産の魅力

2012年10月11日

 先週末は6、7、8日と3連休。まったく予想していなかったので、うれしくなって7日、8日と妻と2人でちょっと遠出しました。お目当ては「秋の三笠鉄道村イベント」。三笠市の幌内炭鉱で採掘された石炭を小樽港に輸送するために建設され、1882年に全線開通した道内初の鉄道、官営幌内鉄道の130年ということでいろいろな記念事業をやっているようで、以前から気になっていたのですが、鉄道よりむしろ炭鉱そのものに触れる旅行になりました。

続きを読む "炭鉱遺産の魅力" »

早く夏が来てほしい

2011年09月27日

秋めいてきました。
冬は寒くて好きになれません。
時間があっという間に過ぎて
早く夏になってもらいたいです。(そ)

「ご近所さま」~「道新の社窓から」続き

2009年08月07日

はじめまして。

ブログ初登場です!
7月にメディア局に来て、早速ブログ当番が回ってきました。何を書こうかと迷いながら(それほどネタがあるわけではありませんが…)~「ご近所さま」のお話を。

続きを読む "「ご近所さま」~「道新の社窓から」続き" »

宿泊予約始めました

2008年04月08日

北海道新聞のウェブサイトがリニューアルして1年が経ちました。
1年前に新登場した
「観光」(http://kankou.hokkaido-np.co.jp/
「温泉」(http://onsen.hokkaido-np.co.jp/
の両サイトが、この春、ちょっと便利になりました。

続きを読む "宿泊予約始めました" »

せせらぎと木もれびの里

2007年08月22日

 暑さの峠も越したようで、一服の清涼剤には少しばかり遅かったようですが、眼にも涼しげな見出しを今朝8月22日の朝刊に見つけました。「06年清流ランキング」がそれです。 国土交通省が発表する恒例のランキングですが、今年も全国1位グループの9河川に、道内から4河川が選ばれています。
 そのうちのひとつ、沙流川(さるがわ)はまさに清流と呼ぶにふさわしい川です。日高山脈から旧日高町、平取町を走って旧門別町に至り、太平洋へと流れ込みます。日高国際スキー場のふもとには沙流川温泉、沙流川キャンプ場があります。10年以上前に、日高町の道新販売所の方とキャンプ場で焼き肉をつついたのを覚えています。旧日高町のキャッチフレーズは「せせらぎと木もれびの里」だったはず。日勝峠の西の方も東の方も、秋の静かな行楽地におすすめですよ。
 小生にとっての清流はといえば、中学校への通学路を横切っていた亀田川(函館市)でしょうか。特に自慢すべき点もない川ですが、清らかな中学生を見守ったという理由で清流です。秋の彼岸に帰省できたら、川でも眺めてみようかと思います。往復の車中で聴く音楽だけはブルース・スプリングスティーンの「THE RIVER」に決めました。秋のドライブにハーモニカが心地よいはず。
 あなたの清流は、どこですか?

                                (♪水は清きふるさと***竹内***)

カボチャ×ホタテ=○○○町

2007年08月09日

 近隣縁者でなければこの組み合わせはピンとこないでしょう? 小生もその支庁管内に住むまでは知りませんでした。「町技」はソフトボール。ヒントにならないですね。町名の由来はアイヌ語の「サロ・オマ・ペット(葦のあるところ)」「サラ・オマ(葦のあるところの沼)」。さて?

続きを読む "カボチャ×ホタテ=○○○町" »

プロフィール

プロフィール

スタッフ
 電子メディア局に在籍する「不特定多数」「老若男女」のメンバーで構成しています。他のブロガーのみなさんに比べると北海道の「通」とは言えませんが、曲がりなりにも北海道の最新情報を日々発信する職場から、何かしら皆さんのお役に立てればと思っております。

※イラストは道新グループの会員組織「道新ぶんぶんクラブ」のキャラクター「ぶんちゃん」 です。




ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック