« 宇宙飛行士・山崎直子さんに元気をもらう | メイン | デーブマンの思い出尽きぬ  ~ アナウンサー仲間が「偲ぶ会」 ~ »

「デーブマン」こと高田文之さんを偲ぶ

2013年01月28日

 高田文之さんの訃報が、1月25日の北海道新聞朝刊・社会面に掲載されました。享年66歳。HBCラジオの『ミスター・デーブマン』と言ったほうが、ピンとくると思います。
 近年は、表舞台から退いていましたが、私は最近まで、行きつけの飲食店で、何度かお話をする機会を持ちました。

          ◆

 初めてお会いしたのは3年ほど前。お互い一人客どうし、カウンターに並び、お酒を酌み交わしました。
 『中学生の頃、ベストテンほっかいどうを毎日聴いていましたよ。』『30年後、そのデーブマンさんと、隣で一緒にお酒が飲めるとは、夢にも思いませんでした。本当に感激です。』そんな会話に始まり、ラジオの魅力や、時事問題、日本の行く末についてまで、二人でいろんな話をしました。

 そこには、かつての恰幅(かっぷく)のいい「デーブマン」の面影はなく、スリムな体型になっていましたが、優しい眼差しと、なめらかな語り口は、昔と変わりませんでした。時には、我々マスコミに対する辛口批評も展開されましたが、それは、我々後輩に対しての期待の裏返しととらえ、彼の話に耳を傾けました。

 最後にお会いしたのは昨年11月。10月末に亡くなった作家の藤本義一さんについての思い出話や著書について、じっくり語り合うことができました。

          ◆

 時を越え、世代を越えて、高田文之さんと本音でお話できた時間を、私は生涯忘れることはないでしょう。人生の先輩として、未熟者の私を、もっともっと叱咤激励してほしかったです。


ありがとう、ミスター・デーブマン。
あなたは、私の永遠のヒーローです。
どうぞ、安らかにお休みください。

(電子メディア局・編集グループ・立花幹彦)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/19990

プロフィール

プロフィール

スタッフ
 電子メディア局に在籍する「不特定多数」「老若男女」のメンバーで構成しています。他のブロガーのみなさんに比べると北海道の「通」とは言えませんが、曲がりなりにも北海道の最新情報を日々発信する職場から、何かしら皆さんのお役に立てればと思っております。

※イラストは道新グループの会員組織「道新ぶんぶんクラブ」のキャラクター「ぶんちゃん」 です。




ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック