« 愛情物語@豊平川さけ科学館 | メイン | 小さなギャラリーの丸木俊生誕100年記念展 »

いまだ現役!41年前のシャープ製電卓

2012年12月03日

 電卓が一般家庭に普及するきっかけとなった「カシオミニ」が発売されて、今年で40年。
 『答えイッパツ♪ カシオミニ♪ 』のCMフレーズは、私と同じ40代半ば以上なら、ほとんどの人の耳に残っているはずです。

 以前このブログで、「現役で動く20年前のPC」を紹介しましたが(ページはこちら)、私はカシオミニよりも、さらに昔の電卓を所有しています。父から譲り受けた41年前のシャープ製電卓で、今でも普通に使えます。1971年11月に発売されたもので、製品名は「電子ソロバン KC-80A」。シャープのOEM(=相手先ブランド製造)で、販売元は事務用品を扱うコクヨです。当時の値段で 36,900円。

 最近の写真だということを証明するため、妻のiPhone5に、私が前回書いた道新スタッフブログの画面を表示して隣に置きました(=写真下=)。電卓の表示部分はグリーンに発光する電子管で、数字のデザインは独特の曲線基調です。何だか今の電卓よりも温かみと優しさが感じられます。

121203-pic01.jpg


 内部を見てみましょう。この頃の電子機器は「ゆったり配線」なので、ネジを外してケースを開ければ、基盤を簡単に見ることができます(=写真下=)

121203-pic02.jpg


 基盤には製造年月日がプリントされています(=写真下=)。昭和46年(=1971年)10月22日の製造です。今年で製造後41年。前年の1970年はアポロ13号が「奇跡の生還」をした年。映画の「アポロ13」でも、操縦席のコンピュータの計器表示は、この電卓のような電子管を多用していました。

121203-pic03.jpg


 基盤上のLSIチップはシャープ製で、型番はNRD2256(=写真下=)。ネットで調べたところ表示の電子管を制御するLSIチップです。当時の電子機器は、キーボード入力・演算・表示用などの専用LSIで構成されていました。電卓はこの後「ディスプレーの液晶化」「太陽電池の搭載」と、まさに現在シャープが得意とする技術革新を続けていくことになります。シャープは、今は苦境に立たされていますが、日本のエレクトロニクス産業を支えてきた、百年企業の意地と底力を見せてほしいと思います。

121203-pic04.jpg


          ◆

 自営業だった父は、ソロバンは得意ではなかったようで、帳簿の計算を速く正確に行いたいために、大枚はたいて、この「電子ソロバン」を購入したのでしょう。保育所通いの幼い私は、夜な夜な父がこの電卓で帳簿計算をしていた光景を、今でも鮮明に覚えています。

 いまだにキーも表示管も壊れず、現役で動作するということは、父がこの電卓を大切に使っていたという証拠であり、シャープ製品の信頼性の高さを裏付けるものです。

 41年間お疲れさまでした。次は『製造50年、現役電卓』を目指して、昔の父の記憶とともに、このシャープ製電卓を大切に保管していきます。

(電子メディア局・編集グループ・立花幹彦)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/19592

コメント

 すごい!原稿ですね。思わず、コメントしたくなりました。コンサブログの黒田です。僕が中学生のころ、たぶん1972年頃だと思いますが、数学の先生が、ガラガラ手で回す電卓のようなものを持っていました。そして、このシャープのような電卓ができる、いやできたというような話をしていたのを覚えています。
 立花さん、すごい。解剖?するところがすごい。さすがですね。

物凄く懐かしいものが!と、いっても計算機の方が年上ですけど・・・
私の実家は自営業だったので、実際に使用してたみたいです。物心ついたときには私のおもちゃになっていました。
タイムスリップしたみたいで懐かしいです。
今でも動くなんて驚きです!

プロフィール

プロフィール

スタッフ
 電子メディア局に在籍する「不特定多数」「老若男女」のメンバーで構成しています。他のブロガーのみなさんに比べると北海道の「通」とは言えませんが、曲がりなりにも北海道の最新情報を日々発信する職場から、何かしら皆さんのお役に立てればと思っております。

※イラストは道新グループの会員組織「道新ぶんぶんクラブ」のキャラクター「ぶんちゃん」 です。




ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック