« 2012年08月 | メイン | 2012年10月 »

聴いてみよう! 蓄音機の魅力

2012年09月13日

 少し前の記事になりますが、8月30日付の北海道新聞・朝刊コラム「朝の食卓」に、私の友人・館沢桂一さんのエッセー『蓄音機』が掲載されました。彼の生業は「柄前(つかまえ)師」。どんな仕事をしているのかは、こちらをどうぞ。
http://blog.hokkaido-np.co.jp/staff/oldentries/archives/2012/02/post_994.html


 彼が実際に修理を施し、生き返った蓄音機の映像がユーチューブにあります。
http://www.youtube.com/watch?v=JHS5Bd-JBh8&feature=plcp

(ご本人がアップした動画です。本人の了解を得てリンク掲載しています)

120913.jpg


 彼の蓄音機は、過去と現代をつなぐ『タイムマシン』。電気を一切使用することなく、優雅に回転する姿は、精密で美しい『芸術品』であります。

          ◆

 彼が所有する蓄音機を聴かせてもらいました。思い出すのは、子供の頃『小学3年生』などの学年誌のふろくの、ソノシート(フィルムのようなペラペラな薄いレコード)と紙工作のプレーヤー。あれは、原理的に蓄音機そのものでした。厚紙なので、少し遊ぶと壊れてしまうのですが、それでも「本当に音がでる!」と、わくわくした感動を今でもよく覚えています。蓄音機の音色には、そんな遠い少年時代の記憶を呼び戻す、不思議な郷愁があります。

          ◆

 先人が考案した優れた蓄音機は、彼の手により、百年単位で生き続けていくことでしょう。それに比べ、近年の電子メディアとIT機器は、なんと短命なことか。残念でなりません。
 「長く後世に残る仕事を手がけたい」。人は年齢を重ねると、本能的にそう考えるようになるのでしょうか。

(電子メディア局・編集グループ・立花幹彦)


プロフィール

プロフィール

スタッフ
 電子メディア局に在籍する「不特定多数」「老若男女」のメンバーで構成しています。他のブロガーのみなさんに比べると北海道の「通」とは言えませんが、曲がりなりにも北海道の最新情報を日々発信する職場から、何かしら皆さんのお役に立てればと思っております。

※イラストは道新グループの会員組織「道新ぶんぶんクラブ」のキャラクター「ぶんちゃん」 です。




ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック