« 第37期天元戦 札幌対局の様子 | メイン | 映像取材・おまけの話(「おまかせ」では守れない) »

放射能を測るということ

2011年11月13日

11月初旬、知人を訪ね、駆け足で、福島県三春町と福島市に行ってきました。

 三春町は、郡山市の隣、美しい里山に囲まれた歴史のある町です。
「三春滝桜」という樹齢1000年のシダレザクラの巨木が有名です。根尾谷の淡墨ザクラ・山高神代ザクラなどとともに国の天然記念物の指定を受けています。

 自然豊かで、空気もとてもきれいに見えるのですが、ここも原発事故の影響を受けています。

  %E4%B8%89%E6%98%A5%E3%81%AE%E9%87%8C%E5%B1%B1DSCN4454.jpg

   <三春町の美しい里山>

 場所にもよりますが、三春町の公表データらよると、1時間あたり0・2マイクロシーベルトから1・0マイクロシーベルトくらい。札幌市は、0・03~0・04マイクロシーベルトですから、1桁大きい値です。

 ちょうど訪ねた日に、秋の収穫を祝う祭りが行われ、町の中心部に大勢の人たちが集まっていました。子供たちがマスクをしている様子はなく、物産コーナーでは地元産の野菜や果物、木の実などが売られていました。

   %E7%A7%8B%E7%A5%AD%E3%82%8ADSCN4471.jpg

 こんなにフツーにしていて、大丈夫なのだろうかと、旅人の私は逆に心配になりました。実は、高性能のマスクを持参していたのですが、町の人がマスクをしていないのに、旅人がマスクをするのはどうにも違和感があり、マスクをせずに過ごしました。


 帰途、福島市内にある「市民放射能測定所」に寄りました。

   %EF%BD%BC%EF%BE%90%EF%BE%9D%EF%BE%8E%EF%BD%B3%EF%BD%BC%EF%BD%AC%EF%BE%89%EF%BD%B3%EF%BD%BF%EF%BD%B8%EF%BE%83%EF%BD%B2%EF%BD%BC%EF%BE%9E%EF%BD%AE%20DSCN4516.jpg


 JR福島駅から歩いて7、8分の商店街にある複合商業ビル「パセナカミッセ」の中に、入っていました。10月にこの場所に移転したそうです。

 正確には、「市民放射能測定所(CRMS)」というのは、独自に食品や体内の放射性物質の検査をする市民団体の名称です。食品からの内部被ばくの不安を解消しようと、7月に設立したそうです。

 「市民放射能測定所」の入っているビルは、物販コーナーがないと店子になれないとのことで、本や雑誌も販売しています。そのため、看板は「CRMSブックセンター」となっています。
 
 知人らによると、福島には、放射性物質の測定所はあるが、それは農家など業務用の人しか利用できず、市民には開放されていないそうです。福島県の各地で、市民が独自に測定所をつくる動きができています。


 「測定所」には、食品の放射性物質と、体の中の内部被爆を測る装置があります。機材は、別の市民団体から寄贈されました。食品検査は有料で、内部被ばくは、20歳未満は無料。でも、検査に使う薬品などにかなりのお金がかかるそうで、寄付を受け付けています。

 この測定を担当しているアーティスト風の素敵な男性の、「内部被ばくを調べて安心してもらうより、本当は、(子どもたちには)早く放射線の高い土地から避難してほしいですよ。測定できるのは、セシウムとか一部の放射能だけですから」という言葉が何とも重かったです。

 食品や体の中の放射能の正確な値がわかったとしても、原発事故以前のような本物の安心や健康が得られるわけではないのですから。

 %EF%BE%8E%EF%BD%B0%EF%BE%99%EF%BE%8E%EF%BE%9E%EF%BE%83%EF%BE%9E%EF%BD%A8%EF%BD%B6%EF%BD%B3%EF%BE%9D%EF%BE%80%EF%BD%B0%20DSCN4509.jpg

 <体の中の放射性物質を調べるホールボディカウンター。一回3分間で身長80センチ以上の子どもなら検査できる> 

 %EF%BD%BE%EF%BD%BC%EF%BD%B3%EF%BE%91%EF%BD%BF%EF%BD%B8%EF%BE%83%EF%BD%B2%20DSCN4510.jpg
 
 
       

<電子メディア局編集グループ・川村>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/16868

プロフィール

プロフィール

スタッフ
 電子メディア局に在籍する「不特定多数」「老若男女」のメンバーで構成しています。他のブロガーのみなさんに比べると北海道の「通」とは言えませんが、曲がりなりにも北海道の最新情報を日々発信する職場から、何かしら皆さんのお役に立てればと思っております。

※イラストは道新グループの会員組織「道新ぶんぶんクラブ」のキャラクター「ぶんちゃん」 です。




ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック