« 早く夏が来てほしい | メイン | マイルス・デイヴィス 没後20年 »

「ハルカヤマ藝術要塞2011」

2011年09月27日

芸術の秋、ということで、休日に小樽市の銭函に近い春香山山麓で始まった野外美術展「ハルカヤマ藝術要塞2011」に行ってきました。札幌から国道5号線を小樽に向かい、オーンズスキー場の入り口を過ぎると、次の信号の手前に看板が出ています。その看板の砂利道を上ります。

  %EF%BE%8A%EF%BE%99%EF%BD%B6%EF%BE%94%EF%BE%8F%EF%BD%B2%EF%BE%98%EF%BD%B8%EF%BE%9E%EF%BE%81DSCN4070.jpg

  <会場への入り口です>
 

 30年ほど前に営業をやめた観光ホテルの周辺9000坪の荒地を使い、道内の56人のアーティストが彫刻や造形などさまざまな作品を展示しています。周辺の風景に溶け込み、一見すると美術作品と見えないものもあります。


  %EF%BE%84%EF%BD%B5%EF%BD%B8%EF%BD%B6%EF%BE%97%EF%BE%90%EF%BE%99%EF%BE%84DSCN4170.jpg

  <林の風景のように見えますが>

  %EF%BD%BA%EF%BD%B3%EF%BE%96%EF%BD%B3%EF%BE%89%EF%BE%8A%EF%BD%AF%EF%BE%8A%EF%BE%9F%20DSCN4160.jpg
  
  <アート作品です>


  %EF%BE%8A%EF%BE%94%EF%BD%BC%EF%BE%89%EF%BD%BE%EF%BE%9D%EF%BD%BF%EF%BD%B3%EF%BD%BB%EF%BE%85%EF%BD%B7%EF%BE%9EDSCN4091.jpg

  
  %EF%BD%BE%EF%BE%9D%EF%BD%BF%EF%BD%B3%EF%BE%89%EF%BD%BB%EF%BE%85%EF%BD%B7%EF%BE%9E.jpg
  
  <戦争の蛹(さなぎ)という作品です。
             林の中にあると、まるで生きているようで不気味でした>
 

  %EF%BE%8A%EF%BD%B2%EF%BD%B7%EF%BD%AE%EF%BE%8E%EF%BE%83%EF%BE%99DSCN4122.jpg
 

 <ホテルの廃墟が映画のワンシーンのよう>
 
   %EF%BE%8C%EF%BE%80%EF%BE%82%EF%BE%89%EF%BD%B7%EF%BD%AD%EF%BD%B3%EF%BE%80%EF%BD%B2%20DSCN4186.jpg


   %EF%BE%8F%EF%BE%99%EF%BE%89DSCN4181.jpg

  <展示会場から、遠くに石狩湾が見えます>

 札幌市中心部では、イタリア在住の彫刻家・安田侃さんの作品が展示されていますが、「ハルカヤマ」もおすすめです。紅葉で山の木々が色づき、葉が落ちると、また違った雰囲気になるでしょう。入場無料。10月22日まで。

 公共交通を使う場合は、JRバスの小樽・張碓行きで「西春香」で下車します。会場入り口までは徒歩で3分ほどです。

ところで、会場は林の中です。道はところどころぬかるんでいるし、虫がぶんぶん飛んでいます。私は不覚にも蚊に指を刺されました。厚底の靴、長袖の動きやすい服装がお勧めです。

 動画ニュースでも会場の様子をみることができます。
http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/video/?c=event&v=2109345002

               

<電子メディア局編集G・川村>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/16547

コメント

ハルカヤマの魅力ある一面をわかりやすく切り取って見せてくれました。ありがとうございます。

素晴らしい「要塞」でした 現代アートとか野外のオブジェとか大好きです 蚊に喰われるのもものともしませんが 海の向こうの銭函の海岸に発電用の巨大風車が建つのは許せません。こういう野山に溶け込んで共存するようなのが、いいですね 子供からお年寄りにまで楽しんでいただけるイベントだと思います 手作り感あふれる環境も 素晴らしいです

プロフィール

プロフィール

スタッフ
 電子メディア局に在籍する「不特定多数」「老若男女」のメンバーで構成しています。他のブロガーのみなさんに比べると北海道の「通」とは言えませんが、曲がりなりにも北海道の最新情報を日々発信する職場から、何かしら皆さんのお役に立てればと思っております。

※イラストは道新グループの会員組織「道新ぶんぶんクラブ」のキャラクター「ぶんちゃん」 です。




ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック