« 2011年08月 | メイン | 2011年10月 »

マイルス・デイヴィス 没後20年

2011年09月28日

 9月26、27両日の本紙夕刊の文化欄で、きょう(9月28日)で没後20周年を迎えたトランペット奏者・マイルス・デイヴィスの特集がありました。

 「マイルス死後20年 帝王が遺したもの」と題し、初回は専門誌「ジャズ批評」の編集者で、旭川出身の原田和典さんが「枠を超え たゆまず革新」と、ジャズの枠にとらわれなかったマイルスの音楽性と変遷などを紹介。続く2回目は、ジャズ中心の音楽評論を執筆している函館出身の村井康司さんが「ジャズという音楽を常に更新し、延命させた功績者だった」と、マイルスの功績を総括していました。

 さて、そんな私はマイルスが亡くなるちょうど10年前の、1981年生生まれ。実家が北海道東部の帯広市の街中でジャズ喫茶を営んでいたこともあり、マイルスは尊敬する人物の一人です。

亡父もマイルスが好きだったため、ものごころが付いたときには2枚組みの大作「ビッチェズ・ブリュー」や、当時のジャズファンを困惑させたという「オン・ザ・コーナー」など、エレキギターやキーボードなどの電気を必要とする楽器を取り入れた「電化マイルス」と呼ばれる時期のレコードなどをよく聴いていました。

 1990年代中盤。時代はJ-POP全盛期。バブル経済が崩壊したとは言え、シングルCDの売り上げ100万枚が続発するなど、日本の音楽産業は今よりも元気でした。そんな時代でも、マイルスが録音したトランペットの咆哮は、後乗りの10代(私)の耳とハートをがっつりつかみ、離しませんでした。

 流れ星のように心地よい音色を聴かせるアルバム「イン・ア・サイレント・ウェイ」があれば、不動明王のような睨みをきかし、トランペットをギターのように咆哮させ、ある種の凄みすら漂わせるライブ盤「ダーク・メイガス」もある。かといってフツー(スタンダード系/アコースティック編成)なジャズも、かっこよく聴かせちゃう。「トランペットという楽器ひとつで、ここまでいろいろな音を表現できるのか!」

 私にとってマイルスは、音楽を聴き、興奮するという体験を与えてくれた、かけがえのないプレイヤーであり構築者です。奇しくも今日は9月28日。没後20年を迎えたマイルスにこう言いたいです。

ありがとう!
 

<電子メディア局編集グループ 渡辺拓也>

「ハルカヤマ藝術要塞2011」

2011年09月27日

芸術の秋、ということで、休日に小樽市の銭函に近い春香山山麓で始まった野外美術展「ハルカヤマ藝術要塞2011」に行ってきました。札幌から国道5号線を小樽に向かい、オーンズスキー場の入り口を過ぎると、次の信号の手前に看板が出ています。その看板の砂利道を上ります。

  %EF%BE%8A%EF%BE%99%EF%BD%B6%EF%BE%94%EF%BE%8F%EF%BD%B2%EF%BE%98%EF%BD%B8%EF%BE%9E%EF%BE%81DSCN4070.jpg

  <会場への入り口です>
 

 30年ほど前に営業をやめた観光ホテルの周辺9000坪の荒地を使い、道内の56人のアーティストが彫刻や造形などさまざまな作品を展示しています。周辺の風景に溶け込み、一見すると美術作品と見えないものもあります。


  %EF%BE%84%EF%BD%B5%EF%BD%B8%EF%BD%B6%EF%BE%97%EF%BE%90%EF%BE%99%EF%BE%84DSCN4170.jpg

  <林の風景のように見えますが>

  %EF%BD%BA%EF%BD%B3%EF%BE%96%EF%BD%B3%EF%BE%89%EF%BE%8A%EF%BD%AF%EF%BE%8A%EF%BE%9F%20DSCN4160.jpg
  
  <アート作品です>


  %EF%BE%8A%EF%BE%94%EF%BD%BC%EF%BE%89%EF%BD%BE%EF%BE%9D%EF%BD%BF%EF%BD%B3%EF%BD%BB%EF%BE%85%EF%BD%B7%EF%BE%9EDSCN4091.jpg

  
  %EF%BD%BE%EF%BE%9D%EF%BD%BF%EF%BD%B3%EF%BE%89%EF%BD%BB%EF%BE%85%EF%BD%B7%EF%BE%9E.jpg
  
  <戦争の蛹(さなぎ)という作品です。
             林の中にあると、まるで生きているようで不気味でした>
 

  %EF%BE%8A%EF%BD%B2%EF%BD%B7%EF%BD%AE%EF%BE%8E%EF%BE%83%EF%BE%99DSCN4122.jpg
 

 <ホテルの廃墟が映画のワンシーンのよう>
 
   %EF%BE%8C%EF%BE%80%EF%BE%82%EF%BE%89%EF%BD%B7%EF%BD%AD%EF%BD%B3%EF%BE%80%EF%BD%B2%20DSCN4186.jpg


   %EF%BE%8F%EF%BE%99%EF%BE%89DSCN4181.jpg

  <展示会場から、遠くに石狩湾が見えます>

 札幌市中心部では、イタリア在住の彫刻家・安田侃さんの作品が展示されていますが、「ハルカヤマ」もおすすめです。紅葉で山の木々が色づき、葉が落ちると、また違った雰囲気になるでしょう。入場無料。10月22日まで。

 公共交通を使う場合は、JRバスの小樽・張碓行きで「西春香」で下車します。会場入り口までは徒歩で3分ほどです。

ところで、会場は林の中です。道はところどころぬかるんでいるし、虫がぶんぶん飛んでいます。私は不覚にも蚊に指を刺されました。厚底の靴、長袖の動きやすい服装がお勧めです。

 動画ニュースでも会場の様子をみることができます。
http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/video/?c=event&v=2109345002

               

<電子メディア局編集G・川村>

早く夏が来てほしい

2011年09月27日

秋めいてきました。
冬は寒くて好きになれません。
時間があっという間に過ぎて
早く夏になってもらいたいです。(そ)

好調コンサ 暫定首位なるか

2011年09月20日

サッカーJ2・コンサドーレ札幌の調子が抜群です。きょうも敗けなかったと、ほっとしている間に、するすると首位をうかがう位置にきています。

 昨シーズンの終盤、札幌ドームに試合を観戦に行ったときは、けが人続出で、交代要員さえ寂しい状況でした。「大丈夫か、このチーム…」と正直、ほの暗い気持ちになったのですが、今年はうってかわって絶好調。念願のJ1昇格が見えてきました。石崎監督も話すとおり、今週のホーム2試合が正念場です。

 今までスタジアム観戦も含めて、プロ野球やサッカーの試合を見る機会がなかったのですが、電子メディア局に来てから、ニュース速報やヘッドラインニュースを出す関係で、CS放送のスポーツ番組を観る(実際には、パソコンで作業をしているので、ほとんど音声だけ聞いています)ようになり、スポーツ観戦が好きになりました。一番、おもしろいと思うのは、英国のサッカー・プレミアリーグ(Jリーグの英国版と考えてください)です。スピード感や破壊力がとにかくすごい。その分、高額の移籍金でもって選手の引き抜きや放出が激しく、せっかくチームの選手名と顔が一致するようになったら、もうどこか別のチームに出されてしまったなんてことも。日本のスポーツ界はまねしてほしくないですね。

 ところで、あす21日夜7時からの札幌ドームでの東京V戦は、仕事をしている人を対象に、当日のSB自由席が1500円で割引販売されます。通常は2700円の席です。ただし、チケット購入時に勤務先の名刺など何か証明するものが必要です。

 それでは、ぜひ、応援に行きましょう。
                        

<KAMU>


                             

第52期王位戦

2011年09月06日

 8月29、30日に神奈川県秦野市の「陣屋」で行われた第52期王位戦第6局に、中継担当スタッフとして参加してきました。
CIMG2975.JPG

 広瀬章人王位に羽生善治王座・棋聖が挑む今期の王位戦。広瀬王位の3勝2敗で迎えた第6局は、羽生王座・棋聖が勝ってタイとし、勝負の行方は最終局に持ちこまれました。

 動画撮影などで前日の対局室検分から二人を追ってきましたが、第6局での厳しい二人の攻防に、仕事ということを忘れ引き込まれていくようでした。

 そんな二人の対局の動画をこちらで公開しています。
 撮影の腕は未熟ですが、ぜひご覧ください。

 今期王位戦の最後の対局が9月12、13日に行われます。
 対局の模様をどうしんウェブの王位戦サイトでもお伝えします。

 王位になるのはどちらなのでしょうか。二人の熱い闘いに期待しましょう。
(TERA)

プロフィール

プロフィール

スタッフ
 電子メディア局に在籍する「不特定多数」「老若男女」のメンバーで構成しています。他のブロガーのみなさんに比べると北海道の「通」とは言えませんが、曲がりなりにも北海道の最新情報を日々発信する職場から、何かしら皆さんのお役に立てればと思っております。

※イラストは道新グループの会員組織「道新ぶんぶんクラブ」のキャラクター「ぶんちゃん」 です。




ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック