« 2011年06月 | メイン | 2011年08月 »

映像取材・おまけの話(動画はみんなと古里を結ぶ)

2011年07月20日

 「今年も取材してくれたんですね!」。知り合いの女性から弾んだ声でそう声をかけられました。なんのことか分からず、「えっ?」と思わず聞き返すと、「ほらほら、こないだ『どうしんウェブ』に載った、羽幌神社の神輿(みこし)行列の動画ニュースですよ」と教えてくれました。つい先日、共通の友人の結婚披露パーティーに出席したときのことです。

 羽幌神社のお祭りは、赤、青2頭の加賀獅子が激しく競いながらみこしに迫る「練合(ねりあい)」が一番の見せ場。大正時代からの歴史を誇る行事ですが、終戦後の混乱で中断してしまい、1974年に赤獅子だけが復活して獅子舞を続けていたそうです。

 それが近年、練合の伝統を復活させたい、という機運が高まり、羽幌町加賀獅子保存会が道具を集めるなど復活の準備。昨年、およそ60年ぶりに赤・青の獅子のそろい踏みが復活したのです。

 昨年の、復活第1回の記念すべき練合、現地の羽幌支局長がしっかり撮影して送ってきてくれました。高校生らしい若者もたくさん参加して、元気いっぱいです。町の伝統を復活させようという住民の取り組み、そしてなにより20人以上が入っているという全長10メートル近い獅子が疾走し、激しく身をくねらせる迫力いっぱいの映像に、私たちも「これはいい映像だ!」と大喜びで編集し、どうしんウェブで公開しました。

 獅子舞の動画は今年も届きました。それが知り合いの女性が言っていたこの動画ニュースです。

 彼女は30代半ばで、今は羽幌を離れ、札幌で働いていますが、お祭りのにぎやかな様子は古里の大切な思い出の一つだとか。そしてたまたま見つけたのが、昨年の練合復活を伝える道新動画ニュース。実は、2頭の獅子舞が復活する原動力になったのは、町内や近郊で働いている、彼女の同級生たちの世代だったんだそうです。

 動画ニュースのことは、すぐに仲のいい東京の友達に知らせ「そのうち一緒に里帰りして、生の獅子舞を見ようね」と約束したそうです。今年は友達のお腹に赤ちゃんがいて実現できなかったのですが、彼女、「近いうちに必ず実現します!」とうれしそうに話していました。

 私たち地方紙の記者が地方で撮影し、どうしんウェブで紹介している動画ニュースは、テレビが全国中継で伝えるようなニュースと比べるとニュースバリューとしてはささやかなものが多いかもしれません。でも、そのニュースがウェブを通じて日本中に、いや、世界に発信されると、生まれ育った土地を離れて働いている人たちと故郷とを結びつけるきずなとなることができる。私たちの動画ニュースが持つそんな力を、彼女の言葉は教えてくれました。

 地方が疲弊してきたと言われます。人口流出になかなか歯止めがかからず、地方都市の商店街は「シャッター街」などと言われています。それでも、まちを離れた人にとっても古里は永遠に古里。心ならずも職を得るために都会に出た人なら、古里への思いは逆に強いかもしれません。これからも、故郷に残って頑張っている人たちの姿を動画ニュースで取り上げ、離れた土地で故郷を思っている人たちに届けられれば、と願っています。

<編集グループ・飯島>

やったね、なでしこ! 熊谷選手!【追記あり】

2011年07月18日

 サッカーの女子ワールドカップドイツ大会、日本代表の「なでしこジャパン」が、決勝で、これまでに1度も勝てなかった米国を相手に延長2―2の末、PK戦を3―1で制し、見事に初優勝! 前夜は三男の誕生会でささやかに乾杯して寝入ってしまったんですが、朝からチャンネルをあちこち回してなでしこたちの活躍ぶりを何度も見ました。というのも、最後にPKを決めた熊谷紗希選手は、次男坊が入っていたサッカー少年団の1学年下という、すごく身近な選手なんです。

 控えで、しかも試合中も同じ控え選手とじゃれあってばかりいたうちの次男坊と違って、熊谷選手は、小学生の当時から、少年団と選抜チームの試合のダブルヘッダーをへっちゃらでこなしていたり、すごい選手だったらしいけど、その選手が、世界1を決めた歓喜の渦の、そのど真ん中にいる姿を見て、本当に感激しました!

 この、球技での世界1って、バレーボールの東京オリンピックで金に輝いた東洋の魔女以来の快挙じゃないでしょうか。いや、サッカーの世界的な広がりを考えたら、それ以上の快挙かもしれませんね。

 大会のテレビ中継ではどうしても得点シーンばかり注目されて、テレビに映るのもFWの選手が中心でしたが、熊谷選手、W杯直前のテストマッチで頭を5針も縫うけがをして、NZ戦では頭に包帯を巻いての出場ということもあって、ドイツの新聞なんかでも、勇敢な女性ということで取り上げられたり、けっこう注目されたらしいです。

 しかも、W杯での相手は170センチちょっとの熊谷選手よりもさらに大きな外人選手。そんな、世界トップレベルの選手たちを相手に体を張って守り続けた熊谷選手の貢献はものすごく大きいと思います。だからPK戦の大事な場面で熊谷選手に順番が回ってきたのも、サッカーの神様が「これまでチームのために地道に頑張ってきたんだから、ご褒美だよ。決めておいで」なんて気をきかせてくれたんじゃないかな、なんて思ったりしちゃいました。そして、それをきっちり決めた熊谷選手はすごい!

 熊谷選手は、中学まではわが家の息子たちも通った近所の学校に通っていましたが、高校は仙台の女子サッカーの名門に進学。今は浦和レッズに所属しながら、筑波大にも通って、勉強もスポーツも頑張っています。近く、大学を休学してドイツのチームに参加する予定です。

 今大会、全試合に出続けた中心選手の熊谷選手もまだ20歳。ご近所で生まれ育ったあの紗希ちゃん(わが家ではどうしてもこう呼んでしまいます)が、世界一に輝いた場所・ドイツでどんな活躍をして、どこまで伸びていくのか、本当に楽しみです。私も、これからもずっと応援していきたいと思います!

<編集グループ・飯島>

【追記】日本の女子チームの球技での世界1は、北京五輪のソフトボールがあるというご指摘をいただきました。ソフトボール関係者の皆さん、大変失礼しました。

「電子メディア局」に改称

2011年07月15日

7月からメディア局にやってきたwataと申します。

実は2007年6月までメディアに在籍しており、このたび4年ぶりに戻ってきました。
4年も経つと、色々なことが変化しています。

・自民政権から民主政権へ
・ブッシュからオバマへ
・1ドル=124円から79円へ
・アナログから地デジへ
・レジ袋からマイバッグへ
・ガラケーからスマホへ
・北京からロンドンへ
・バンクーバーからソチへ
・マイケル中村から武田久へ

こうしてみると、世の中は本当に動いていますね。
1ドルが93円ぐらいになったとき、思わずドルのまとめ買いに走りそうになりましたが、今思えば買わなくて良かったです。


この間、わがファイターズの成績は、

2007年 優勝 日本シリーズで中日に敗退
2008年 3位 クライマックスシリーズ2ndステージで西武に敗退
2009年 優勝 日本シリーズで巨人に敗退
2010年 4位(3位と0.5ゲーム差)

悲喜こもごもの4年間でした。
今年は「日本シリーズの忘れ物」を取り返してほしいところです。
相手は好調のヤクルトでしょうか?

「ダルが抑え、中田が決める。」

このイメトレを繰り返して、秋に備えたいと思います。


さて、この7月にメディア局にも小さな変化がありました。
局の名称が変わったのです。

旧名称:北海道新聞社 メディア局
新名称:北海道新聞社 電子メディア局

ご覧の通り、「電子」が付きました。

メディア局は、Webやモバイルだけでなく、テレビ・ラジオや街頭ビジョンなどさまざまな媒体に情報を発信しています。「メディア局」という名称には、「新聞以外の電子・電波メディアに情報を出す局」という意味が込められていました。

2000年3月のメディア局発足から11年余り。新聞自体がメディアであることもあって、「電子媒体における情報サービス全般を担当する組織」であることをより分かりやすく表すために、「電子メディア局」と改称することになったのです。

20110714_1.jpg
↑こちらは証拠写真。
このブログのヘッダにある「メディア局」のプレートから、ご覧のものに替わりました。(ヘッダの変更は… きっとそのうち)

ついでに、私が所属する「企画営業グループ」のプレートはこちら。
20110714_2.jpg

部署名のプレートを天井から吊るしています。各階とも大きな部屋に複数の部署が入り組んで入っていることが多いので、部屋を見渡すとプレートがいくつもぶら下がっています。こういう表示形式はほかの会社で見かけたことがないのですが、新聞社独特の文化でしょうか?

ともあれ、新生・電子メディア局を今後ともよろしくお願いいたします。(wata)

映像取材 おまけの話(お子さんのいる家庭にお勧めの場所)

2011年07月12日

 もう先月のことになりますが、妻が仕事の関係で、札幌市中央区伏見4の市水道記念館というところで開かれた「水道展2011」(動画はこちら)に行くことになり、私も撮影機材片手に運転手兼務でついて行くことにしました。藻岩山麓通からすぐなので、前はよく通っていたんですが、中に入るのは初めて。ここ、小さいお子さんがいるご家庭に、とてもお勧めの場所です。
%E6%B0%B4%E9%81%93%E9%A4%A8%E5%85%A5%E3%82%8A%E5%8F%A3.jpg

 この記念館、藻岩山の中腹なので、まず眺めがいい。ご覧の通り、中に入って振り返ると札幌の中心街が一望できます。当日は天気もよく、絶好の「水のイベント日和」でした。
%E6%B0%B4%E9%81%93%E9%A4%A8%E7%9C%BA%E3%82%81.jpg


 そしてこちらが噴水広場。池ではなく、石敷き?の地面から直接、水が出ていて、「小さいお子さんでもおぼれる心配がありませんよ」と記念館。暑い日ははここだけでもかなり長い間遊べそうです。子どもたちみんな気持ちよさそうでしょ?
%E6%B0%B4%E9%81%93%E9%A4%A8%E5%99%B4%E6%B0%B4.jpg


 で、記念館の中に入ると、水にちなんだいろいろな展示があります。こちらはエスカレーターで2階に上がったところで入館者を迎えてくれる、表面を水が流れるスクリーン。子どもたちが手で触って大喜びしていました。
%E6%B0%B4%E9%81%93%E9%A4%A8%E6%B0%B4%E3%81%AE%E5%A3%81.jpg


 こちらは、弾力があって、ピョンピョン跳ねたりできるいすのような遊具。ほかにも、ぶら下がったり登ったりトンネルをくぐったり、室内とはいえ体全体を使って遊べる遊具がいろいろとあって、感心しました。小学校中学年ぐらいまでなら十分喜んでくれそうですし、高学年でも、友達と一緒ならかなり楽しめそうな感じがしました。
%E6%B0%B4%E9%81%93%E9%A4%A8%E9%81%8A%E5%85%B7.jpg


 もちろんお父さんお母さん向けにも、札幌の水道事業についての分かりやすく工夫された資料がいろいろと展示してあって、いろいろ勉強になりそう。開館は11月15日までで、月曜日は休館(月曜日が祝日の場合は翌日)、開館時間は午前9時30分~午後4時30分だそうです。もちろん入館は無料なので、お子さんの夏休み、一度のぞいてみてはいかがでしょうか。記念館の問い合わせ先は電話561・8928です。

<飯島>

浪江の土のうつわ

2011年07月07日

札幌のイベント企画会社「叶多(かなた)プランニング」の事務所内のギャラリーで、「東北地方のクラフト作家応援」展という企画が開かれています。

東日本大震災で、工房が壊れてしまった陶芸家ら9人の陶芸やガラス、金属工芸の作品が展示されています。

作品の中のひとつに、福島県浪江町の陶芸家、亀田大介さん(35)の「大堀相馬焼」のうつわがあります。灰色がかった白地、または濃茶のポットや茶碗、平皿など、シンプルで上品な雰囲気にひきつけられます。

亀田さんは、窯元の四代目。浪江の土を使った陶芸を続けてきました。料理研究家の栗原はるみさんが選ぶ「わたしの好きなうつわ展」の優秀賞にもなりました。

亀田さんの窯は、福島第一原発から10キロ離れた地点にあり、もう浪江の土を材料にした陶芸は作れないそうです。陶芸家にとって、土は命。震災当時、たまたま千葉県内で個展を開いていた作品500点あまりが壊れずに残り、そして今、全国各地で展示即売されています。浪江の土でつくった最後のうつわたちです。


    


 【参考】 「叶多プランニング」は、札幌市中央区大通西5丁目大五ビル6階。展示会は、10日午後7時まで開かれています。

<KAMU>

プロフィール

プロフィール

スタッフ
 電子メディア局に在籍する「不特定多数」「老若男女」のメンバーで構成しています。他のブロガーのみなさんに比べると北海道の「通」とは言えませんが、曲がりなりにも北海道の最新情報を日々発信する職場から、何かしら皆さんのお役に立てればと思っております。

※イラストは道新グループの会員組織「道新ぶんぶんクラブ」のキャラクター「ぶんちゃん」 です。




ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック