« 2011年04月 | メイン | 2011年06月 »

アレバ社をめぐる過去記事

2011年05月29日

 福島第一原発の汚染水の処理で、東電はもとより日本政府からも頼みの綱とされているフランスの「アレバ社」。ニュースによれば、東電は、福島第1原発の施設内にたまった高濃度の放射能汚染水の処理費用として531億円を手当てしているそうです。今までの東電の発表を聞いていると、この金額で済みそうもないですね。

 ところで、アレバ社とは、どんな会社なのか。本紙の過去の新聞記事などを参考に、調べてみました。
 
 

 はじめに、プロフィールから。アレバ社は、2001年にフランス政府の肝いりで設立した原子力複合企業です。フランス原子力庁やEDFと呼ばれるフランス電力会社などが出資しています。いわゆる国策会社です。原子炉の建設から運転、ウランの探鉱から使用済み核燃料の再処理、ウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料の製造まで行います。原子力関連の「何でも屋」です。
 
 水素爆発した福島第一原発3号機で使われていたプルサーマル用のMOX(モックス)燃料も、アレパ社の子会社の前身企業が製造しました。

 そのアレバ社と提携して、2008年から原発用の燃料を共同生産しているのが、三菱重工業です。
 
 アレバ社の傘下には、使用済み核燃料からプルトニウムを取り出す再処理工場や、プルトニウムとウラン燃料と混ぜ合わせたMOX燃料を製造する会社があります。

 日本の原発の使用済み核燃料を、フランスのアレバ社の傘下企業に運び、プルトニウムを取り出し、MOX燃料と、そのときにできた高レベル廃棄物が日本に返還されます。

 プルサーマルは、通常の原発で、このプルトニウム入りのMOX燃料を使う発電方式ですが、アレバ社は、日本のプルサーマルと「切っても切れない」、脱原発派から言えば、「切りたくても、なかなか切ってくれない」関係にあるといえるでしょう。汚染水の処理で、ますます切れない関係になりました。

 このアレバ社、実は北海道の経済とも関係があります。

 2008年11月21日付の道新の記事「日鋼、室蘭に新工場 原発鋳造部品シェア8割」によりますと、日鋼の室蘭製作所には、世界最大級の1万4千トンプレス機があり、原子炉圧力容器など原発関連の鍛造部品を作っています。記事によれば、日鋼は、原発関連鍛造部品の8割のシェアを占めていて、「原発建設は室蘭製作所抜きには成り立たない」と言われるそうです。

 当時は世界中で原発新設計画が目白押しで、そのために日鋼は室蘭に新工場建設を含む大型投資を行い、「フランス原発大手のアレバ社は、日鋼との間で16年までの長期安定供給を締結した」とあります。不景気に悩む地元にとっては、工場新設はもちろん朗報です。

 最近、マスコミなどで「原子力村」という言葉がよく使われていますが、「村」などというレベルではなく、世界規模で原子力マネーが地域経済まで浸透していることに脱原発への道のりの難しさを感じます。

<KAMU>

映像取材 おまけの話(ゴールデンウイーク後編)

2011年05月23日

 さてさて、ゴールデンウイーク後半初日の3日に私が向かったのは、以前、勤務していた名寄市方面。名寄市の「なよろ市立天文台きたすばる」に北大が設置した、惑星観測用では世界最大という望遠鏡を撮影したかったんですが、せっかく出張するなら、と動画向けの素材をいろいろと物色。名寄の手前、士別市の観光牧場「羊と雲の丘」にある「世界のめん羊館」でゴールデンウイーク中、ヒツジの毛刈りを披露している、との情報を入手、最初に取材することにしました。
%E3%82%81%E3%82%93%E7%BE%8A%E9%A4%A8%E5%86%85%E9%83%A8.jpg

 世界のめん羊館には、ご覧の通り、文字通り世界のいろいろな種類のヒツジが集まっています。建物は、中庭を取り巻く「C」のような形。外側にはヒツジを入れる飼育スペースが並んでいて、訪れた人が自由にヒツジを眺めています。
%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E7%BE%8A400.jpg


 毛刈りは、飼育されている中から「今日はこれ」と1匹選び、めん羊館の入り口に連れてきて始まります。最初は、何事か、と大暴れするヒツジも、ベテランの職員さんに押さえられると急に静かに。バリカンを使ってみるみる毛刈りが進んでいきます。
20110503_%E7%BE%8A%E3%81%AE%E6%AF%9B%E5%88%88%E3%82%8A500.jpg

 しばしお手本を披露した後で、メーンイベントの、子どもたちの毛刈り体験。ちょっとおっかなびっくりだけど、みんな頑張って、上手に刈っていましたよ! 動画はこちらです。

 動画の最後には、シープドッグショーも写っています。実はこのショー、この日が今シーズンの初日で、ワンちゃんは頑張ったんだけど、飼育棟から追い立てられたヒツジたちは“わが家”に戻りたくて、逃げること逃げること。さしものワンちゃんも右往左往で、ヒツジたちはとうとう見物客の目の前に誘導されることなく「本日はこれまで!」となってしまいました。

 さて、ヒツジの毛刈り体験の撮影を終え、目的地の名寄へ。欲張って、天文台に行く前に、雪国博物館というところに寄って、いつもゴールデンウイーク前に冬囲いを外してお披露目される「キマロキ」を撮影しました。

 キマロキっていうのは、機関車、マックレー車、ロータリー車、ついでに車掌車が一体になった、国鉄時代最強の除雪ユニットだそう。運よく地元の保存会の人たちがいて、汽笛を鳴らしてもらうことができました。音っていうのも動画の魅力の一つです。なんとなく懐かしさを覚える音、ぜひ聞いてみてください。動画は、こちらです。

 と、あちこち寄り道して、ようやくお目当ての望遠鏡。前回、2月に名寄に行ったときも見たんですが、当時はまだ組み立て中。それが見事に完成していました! これが望遠鏡の前部です。
%E7%B4%A02%E6%9D%90400.jpg


 そしてこちらが、大切な観測用の計器が詰まっている後ろ側です。
%E7%B4%A0%E6%9D%90_1400.jpg

ドームも望遠鏡も全体が、星を追いかけて動きます。ロボットのような、メカニカルな格好よさです! もう「秘密基地から発進!」っていう感じです! こちらはぜひ動画でご覧ください。

 その日のうちに満足して帰宅。4日には街中でガンダム展、5日には札幌市南区の豊平川サケ科学館でサケ稚魚の放流を撮影。6日は本来業務の編集に専念し、映像編集室在籍最終日の8日は、昔の遊びを楽しむ「あそびの広場」という子供向けイベントを撮影しました。どうです?この笑顔。
%E3%80%8C%E3%81%82%E3%81%9D%E3%81%B3%E3%81%AE%E5%BA%83%E5%A0%B4%E3%80%8D500.jpg

「通りゃんせ」がこんなに盛り上がるとは、取材に行っていた私自身、びっくりしました。実際に盛り上がっている様子はこちらです。

 というわけで、最後は520人の「通りゃんせ」で締めくくった私の撮影、映像編集室の1年10カ月で合計160本になりました。あらためて思うのは、サケ稚魚の放流も、「あそびの広場」でもそうなんですが、子どもたちが生き生きと楽しそうにしている姿を見るのは本当に楽しくて、なんだかこちらまでうれしくなってくる、ということ。実は、撮影した160本の大半は、休日に出勤しての撮影だったんですが、それも「子どもたちの飛び切りの笑顔が見たい」というのが大きな動機であり、支えでもありました。


 わが家には3人の子どもがいます。親として考えると、幼い子から、そして今まさに社会に足を踏み出そうとしているわが子たちの年代まで、今の「子ども」たちは、いじめや親の収入の格差、超氷河期といわれる就職難など、私たちのころよりずっと困難な問題に直面しているように思えてなりません。さらに震災では、おおくの若者が夢を断念することを余儀なくされ、福島の子どもたちは外遊びもままなりません。そんな中、ニュースデスクという新しい業務を通じ、子どもたちの笑顔が増え、そして長く続くよう、ほんのちょっとでも貢献できたら、と願っています。

%E6%94%BE%E6%B5%81%EF%BC%92500.jpg

石弘之さん、札幌で原発事故について講演

2011年05月23日

  21日の土曜日に、「ジャーナリスト会議北海道」の主催で、環境問題研究家の石弘之さんの講演会がありました。参加者は30人くらいのこじんまりした集まりでした。

 講演では、原発の発電の仕組みから福島の事故経過、人や生態系への影響、代替エネルギーまでと幅広く多岐にわたる内容でしたが、その中で、気になった部分を紹介します。

 第一に、今回の東京電力・福島第一原発事故と、1986年に起きた旧ソ連のチェルノブイリ原発事故との比較です。(データは石さんが講演で紹介した数字です)

 チェルノブイリ原発では、ウラン燃料3・6トンを含む約180トンの核燃料がありました。
これに対して、福島第一原発(福島と略)は1号機から4号機まで、保管中の使用済みの核燃料も含めると、1048トンありました。チェルノブイリの6倍です。この1048トンのうち、使用済みの核燃料は、699トン。実は、人体に有害な放射性物質の量は、核燃料を燃やす前よりも、燃焼したあとの方が増えます。実は、チェルノブイリよりも福島の方がのちのちの被害や影響は深刻かもしれません。

 <写真は、講演会で話す石弘之さん>

%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E7%94%A8%E7%9F%B3%E3%81%95%E3%82%93.jpg

 現在、地球上の放射能の3パーセントは、25年前に起きたチェルノブイリ原発で放出されたものといわれています。福島は、まだ事故は収束していませんが、日本は半永久的に、放射性物質を地球上にばらまいた責任を問われることでしょう。

 第二に、事故が収束したあとの、原発の廃炉の費用の問題です。
原発は、正常に停止した場合でも、一基につき600億円かかるといわれています。事故を起こした原発は、さらにその何倍もの費用がかかります。

 これから日本で何基の原発が廃炉になるかわかりませんが、少なくとも現在計画中のものは作らせない、建設中のものは、放射能に汚染されないように建設を中止しなければ、日本の財政破たんは回避できないでしょう。財政破たんの前に待ち構えているのは、もちろん大増税です。

 一方で、原発推進のために、国から福島県に支払われた交付金の累計は、1877億円。そのお金はどこにいったのでしょうか。このお金をストックしておけば、年間の外部被ばく量が20ミリシーベルトを超える可能性のある地域に住む子どもたちの集団避難が可能になり、その子どもたちの将来の健康被害を少なくできたことでしょう。

 最後に、私たちは何ができるか。

 まず、事故を忘れないこと。「のどもと過ぎれば熱さ…」といいますが、日本人は、重大事故が起きても、その教訓を生かせない。
 原発は、国主導で進める政治の問題。だから、選挙で、電力会社が後ろ盾にいるような候補は選ばぬこと。
 そして、生活を省エネルギーにして、電気と水の消費を三割減らすこと、などを挙げています。

 原発の代わりに、自然エネルギーの利用促進が提唱されていますが、石さんは自然エネルギーは発電コストが高く、1か所で大量の発電が難しいので、原発の代替は難しいとみています。たとえば、風力発電で、原発1基分の電力をまかなうとしたら、一基(本)2000キロワット級の巨大な発電用風車をなんと1700本建てなければなりません。

 発電用の風車は、さっぽろテレビ塔くらいの大きさがありますから、干渉防止のため、100メートルくらいの間隔が必要です。さらには、羽根の回転で低周波も発生する。

 まずは、自然エネルギーで原発分の電力を作るという発想ではなく、生活の無駄を見直して、原発分を省エネでまかなうという発想が最も有効です。

 ◇◇◇ ◇◇◇

 日本ジャーナリスト会議北海道主催の次回の講演会は、6月2日(木)午後6時半から、札幌市民ホールで開かれます。入場無料。大震災後に、被災地に入り、その惨状をニューヨークタイムスなどで伝えたフリーカメラマンの野口隆史さんと、日本科学技術ジャーナリスト会議理事の柴田鉄治さんが講演します。

<KAMU>

映像取材 おまけの話(ゴールデンウイーク前編)

2011年05月11日

 一昨年7月以来の映像担当を離れ、今週から、ウェブのニュースをコントロールする「ニュースデスク」という業務を担当しています。ゴールデンウイークは、これが最後とばかり、あちこちを歩き回って撮影しました。初日の4月29日は美唄市の宮島沼。国の天然記念物・マガンの渡りのピークで、しかも夕焼けもめったにないほど見事。圧倒されるような光景でした。写真、空に広がる粒々がマガンなんですが、分かるでしょうか?

%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E7%94%A860s_2500.jpg

 宮島沼は、妻が知人に勧められていて、栗沢にいる知人を訪ねた帰り、寄ってみよう、ということになり、初めて足を延ばしました。

 日没は6時半ごろだったでしょうか。その30分ほど前から、日中どこかの餌場で過ごしていたらしい群れが波状的にねぐらの沼へ。日没前後10分ぐらいは、しばしば空一面がマガンで覆われるほどの圧巻で、カメラを構えて待ち構えていた人たちからも「おぉ~」っと思わずため息が出るほどでした。動画で見たいという方はぜひ、こちらをご覧ください。

 ちなみに、こちらが飛んでいるマガンの姿。さすがに天然記念物! 飛んでいる姿もなかなか美しい鳥でした。
%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E7%94%A860s_3300.jpg


 最初のうちは沼の真ん中に固まっていた鳥たちも、最後には沼の水面いっぱいに。美唄市が開設している宮島沼のHPによると、この日は6~7万羽ものマガンが大集合していたそうで、まさに、北への渡り直前のピークだったようです。
%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E7%94%A860s9500.jpg

 たまたまの訪問でしたが、ベストの時期、ベストの天候で、北海道の自然の雄大さ、美しさを心ゆくまで堪能することができました。ぜひもう1度見てみたいのですが、これだけの好条件で見られる機会があるかどうか。それでも皆さんにはぜひ一度、渡りの時期を調べた上で立ち寄ることをお勧めします。

 ゴールデンウイーク後半の撮影おまけ話はまた次回!

<飯島>

原発避難牛、北海道に 

2011年05月10日

 たくさんのコメントお寄せいただき、感謝申し上げます。

 コメントにもありますように、ネット上で、「牛」への関心が高まっているようです。福島県内の「計画的避難区域」にいる牛たちの受け入れ先問題です。福島県は、年間被ばく量が20ミリシーベルトを超すかもしれない福島市や郡山市などの子供たちの疎開よりも、牛たちの受け入れに熱心に取り組んでいるように見受けられます。

 牛たちは、30都道府県で、引き受ける用意があるそうです。道内では、公共牧場15カ所で、「受け入れ可能」とのことです。ところで、この福島の「計画的避難区域」の繁殖用のメス牛16頭がいち早く、新ひだか町内の牧場に到着しました。一時的に、飯舘村にも滞在していました。

 農水省は、先月から、福島原発事故の影響で飼育できなくなった「繁殖用肉牛の受け入れ先を探していて、北海道も受け入れ可能と名乗りを上げていました。ネットなどでその情報が流れ、先月二十日過ぎから、道庁農政部畜産振興課には、問い合わせの電話やメールが多数寄せられているそうです。

 その多くは、「北海道産の乳製品や肉類は放射性物質が混入していなくて安全だと思っていたのに、これからは安心して、購入できなくなる」「福島県の牛をどうか北海道に入れないでほしい」という内容とのことです。

 道の担当者によると、国が基準として示した放射線量を下回る牛については、北海道への移動を規制する法的根拠がないとのこと。個人が購入した牛についても、当然ですが、勝手に殺処分したり、飼育をやめさせるなどの強制力はありません。一方で北海道産の食品に対するイメージや期待もあり、担当者も対応に苦慮しています。原発事故で、消費者が放射能に敏感になっている時期ですから、道や各農協は独自の慎重な対応が求められそうです。

 写真は、春の貴婦人、石狩市マクンベツ湿原のミズバショウの群落=5月6日撮影
      

BUROGU%20%20-1.jpg

      
BUROGU.jpg


  

<KAMU>


 

御礼 「道新ブログから被災地へ 土田英順チャリティー・コンサート」

2011年05月06日

 東日本大震災の被災者支援のための「道新ブログから被災地へ 土田英順チャリティー・コンサート」が、4月28日、300名もの方の拍手で幕をあげることができました。実行委員会一同、感謝の意に堪えません。ご来場、声援、応援、そしてたくさんの義援金、ありがとうございました。

 プログラムにのっとり、第1部は道新ブロガーさんによる座談会です。阿部さおりさん、高橋みつるさん、坂下美樹さん、黒田伸さん。実行委員会が思い描いていた以上に力のこもったメッセージが続き、いつものブログとは違った熱気が、ステージと客席の間に渦巻いていました。
 
 休憩をはさんで第2部は、土田英順さんのチェロと、矢崎有佳さんのピアノ伴奏によるコンサート。おなじみの「アベマリア」の調べが流れ出すと、会場は魔法をかけられたように魅了されてしまいました。曲間の軽妙なトークにもひきこまれて、アンコールまであっという間の1時間でした。


bloggers.jpg

左から 矢崎さん、土田さん、阿部さん、高橋さん、坂下さん、黒田さん

 終演後のロビーでは座談会の4ブロガーが募金箱を持って立ち、ファンの方と言葉をかわしながら箱を重たくさせていきました。土田さんと矢崎さんのテーブルには、長い列。サイン会です。募金箱にお預かりしたお金のほかに、当日会場でお買いあげいただいた土田さんのCD売り上げ金から、1枚につき1000円を土田さんが募金箱に移しました。

 お預かりした総額は383,397円。金額精査後、連休をはさみ、本日5月6日、日本赤十字社北海道支部に間違いなく納めてまいりました。依頼人名は「どうしんブログチャリティーコンサート参加者」としました。
 
 また、当日の様子を短時間ではございますが「どうしんウェブ」の動画ページに掲載しました。被災地の皆様に義援金だけでなく、声も届けたいからです。日本の内外から支援が寄せられています。道新ブログもその中のひとつでありたいと思います。

 重ねて、ご来場いただけなかった方も含めて、このコンサートへのすべての賛同者に謝意を表します。ありがとうございました。

hokuyobank.jpg
                                    コンサート実行委員会 竹内宏幸

映画「大地の詩」

2011年05月06日

 昔、新聞記者になりたてのころ、自分もルポルタージュ記事が書けないものかと、先輩記者たちの書いたルポルタージュ作品をかなり読んだ時期がありました。その中に、共同通信記者だった斎藤茂男さん(1928年―1999年)という方の書いた「父よ、母よ」という本があったように思います。大分、昔なので、記憶違いがあるかもしれませんが。そして、そこに描かれていたのが、オホーツク管内遠軽町の児童自立支援施設「北海道家庭学校」だったと記憶しています。斎藤茂男さんは優れた記者で、作品も素晴らしかったという印象が残っています。

 その北海道家庭学校を1914年(大正3年)に創設した留岡幸助(1864年―1934年)の生涯を描いた映画「大地の詩―留岡幸助物語」(山田火砂子監督)が5月7日、札幌シネマフロンティアとディノスシネマズ旭川で公開されるので、自分も見に行こうと思っています。主演は、村上弘明さん、その妻役で工藤夕貴さんが出演します。

 留岡幸助という人は、岡山県の出身だそうで、キリスト教の牧師になり、北海道の遠軽にやってきて、少年たちの教育や更正に力を注いだといわれています。

 初日の7日、札幌シネマフロンティアでは、最初の上映の後と、2回目の上映の始めに主演の村上弘明さんが舞台挨拶をするそうです。

 昔読んだ本の感動を思い出しながら、映画を見るつもりです。(カワ)

風評被害といえるのか

2011年05月03日

 日々、道新や通信社から配信される記事をどうしんウェブに投入していますが、3月末ころから、「風評被害」についてのニュースが増えてきました。「風評被害」とは、実際には問題がないのに、事件や事故などで、悪いイメージが先行して、ものが売れなくなるような場合に使われます。
 
 でも、今回の福島原発事故との絡みでいえば、この言葉、何かひっかかります。スーパーで、福島県のイチゴや茨城県のホウレンソウを、「何か危なさそう」と思って、違う産地のものを選ぶ私も加害者になるのでしょうか。まだ原発事故のめどがたたない日本への旅行を「怖いから」とキャンセルする外国人の行動も風評被害なのでしょうか。
 
 福島県知事もいうように、放射能は目に見えないが、確実に人体に悪影響がある。怖いから、放射能を避けようとする行動を風評被害につなげるのは、マスコミの拡大解釈ではないのか、と感じていました。

 

 4月30日号の「週刊東洋経済」に、慶応大の深尾光洋教授が、「『風評被害』の元凶は誰か」という論文を寄せていて、ひっかかりがストンとおちました。

 論文で深尾教授は「政府やマスコミは、(福島原発事故による)消費者の買い控えを『風評被害』と呼ぶが、あたかも消費者の行動が合理的でないかのような、まったく的外れな表現だ。政府の情報開示が不十分だから、不信感を持たれるのだ」と書いています。

 さらに、「3月17日に水道水の摂取制限や飲料・食品の出荷停止基準を大幅に緩めたことも不信感を増大させた」とも指摘しています。

 では、3月17日と、それ以降では、出荷停止の目安となる放射能の暫定基準値はどう緩くなったのでしょうか。もう一度、ふりかえってみました。

 まずは、1988年の道新の記事から。 「(ヨーロッパ産の)ドライハーブ、キノコ、セージ葉から、1キロあたり379~776ベクレルの放射性セシウムが検出され、輸入禁止となっている…」
 1989年は「フランス産のキノコ(アンズタケ)から1キロあたり532ベクレルの放射性セシウムが検出された」とあります。
 
 1986年のチェルノブイリ原発事故のときには、日本は、輸入食品に対して、放射能検査をしました。そのときの輸入禁止の基準は、1キロあたりの放射性セシウム370ベクレルでした。
 
 しかし、国内産の食品についての放射能の基準値がなく、厚労省は、3月17日に、暫定基準値を決めました。
詳しくはこちら→

・牛乳・乳製品 放射性セシウム 200ベクレル
          放射性ヨウ素  300ベクレル

・野菜類         放射性ヨウ素 2000ベクレル
 (根菜・いも類を除く) 放射性セシウム 500ベクレル  (いずれも1キロ当たり)

 ところで、ベクレルとか、シーベルトとか、放射能の単位が出てきます。
 ベクレルは放射能の強さ、シーベルトは放射能が体に与える影響、わかりやすくいえば「痛さ」みたいなものでしょうか。 
 
 以前の370ベクレルと比べると、暫定基準値は、かなり高いです。
 さらに、この基準値を3回連続で下回れば、出荷停止は解除されます。

 ちなみに、飲料水では…

・WHOでは、1リットルあたり1ベクレル
・ドイツガス水道協会では、同0・5ベクレル
・日本政府 同300ベクレル(ただし放射性ヨウ素のみ)=3月17日以降

 4月27日、一部の地域を除き、福島県産の原乳の出荷制限が解除となりました。福島県の佐藤雄平知事はじめ、縦方向への成長がとまったオジサンたちが、一列に並び、乾杯のビールならぬ「福島県産牛乳」を飲むキャンペーンのイベントをしています。

 この福島県産牛乳をめぐっては、中部大学の武田邦彦教授が自身のブログで、福島県のいわき市長に対して、「学校給食に福島県産の牛乳や野菜を使わないで」という声明を出して、論議を呼んでいます。武田邦彦教授のブログは、1日40万アクセスものの視聴者を誇る人気番組です。

 福島では、食品の放射能汚染は深刻な問題です。空気中の放射線量のレベルも非常に高いのに、さらに食品による内部被ばくも心配しなくてはならないのです。

 原乳の出荷停止は解除されましたが、すでに福島県や千葉県の一部で、牧草から放牧禁止の基準をはるかに超える放射性物質が検出されています。乳牛を牛舎から外に出さず、放射性物質が付着していない輸入したえさを与えれば、牛乳は安全ということなのでしょう。

 いまは、福島だけが放射能汚染されているような印象ですが、北海道も、泊原発、青森県に大間原発(建設中)、そして最も危険な六ケ所村の核燃再処理工場が近くにあります。他人事ではありません。

<KAMU>

プロフィール

プロフィール

スタッフ
 電子メディア局に在籍する「不特定多数」「老若男女」のメンバーで構成しています。他のブロガーのみなさんに比べると北海道の「通」とは言えませんが、曲がりなりにも北海道の最新情報を日々発信する職場から、何かしら皆さんのお役に立てればと思っております。

※イラストは道新グループの会員組織「道新ぶんぶんクラブ」のキャラクター「ぶんちゃん」 です。




ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック