« 2009年08月 | メイン | 2009年10月 »

【第50期王位戦第7局】深浦王位がV3 木村八段を退ける

2009年09月30日

 深浦康市王位が30日午後6時52分、125手までで挑戦者の木村一基八段を破り、第50期王位戦七番勝負を制した。深浦王位は羽生善治名人を下した第48期、第49期と同様、3期連続、フルセットでタイトルをつかんだ。

  終局後のインタビューで深浦王位は第7局について「苦しい戦いだった。入玉してようやく勝ちが見えた」と話した。また、シリーズ7番勝負について、3連敗の後の4連勝という「奇跡的」な成績をおさめただけに、「3連敗は苦しかったが、粘り強くさせたのがよかった」と振り返った。
 
 一方、最後の最後でタイトルを逸した木村八段は「最初は流れが良かったのですが、勝ちきれませんでした」と小声で悔しさをにじませていた。

syukyoku.jpg

【第50期王位戦第7局】17時10分 記者控え室の様子

2009年09月30日

 午後から将棋関係者が続々と記者控え室に集まっています。検討にも次々と新しい棋士の方々が参加しています。

 現在の検討陣。

 渡辺明竜王・鈴木大介八段・野月浩貴七段・阿久津主税七段・田村康介六段・瀬川晶司四段

200909301710kentou.jpg

【第50期王位戦第7局】記者控え室<番外編>

2009年09月30日

続々と記者控え室に到着する棋士や関係者。
控え室にもうひとつ増えていくものがあります。

 それはお土産の「お菓子」です。

20090930oyatsu5.jpg

 長野の「栗くるみろまん」、新宿中村屋の「こがねはずみ」、四日市・なが餅笹井屋「采女なごん(うねめなごん)」、帯広・六花亭の「マルセイバターサンド」、札幌・石屋製菓の「白い恋人」などなど。

 お菓子はどんどん増えていき、どんどん消費されていきます。体重もどんどん増えていきます・・・。

【第50期王位戦第7局】現在の控え室のようす

2009年09月30日

陣屋の控え室の人口密度は?
ずいぶん人が王位戦です

仲居さんらしき人に
王位、お茶
コーヒーどうぞ

検討会は餅つき大会
君は先手もち ぼくは後手もち
食えんなあ

検討会にギャラリー集合
船頭多くして船、氷山にタイタニック
渡辺竜王ついに長考の気配

【第50期王位戦第7局】大盤解説会盛況

2009年09月30日

 大盤解説会が飯野健二・七段を中心に14時から始まりました。会場には多くの将棋ファンが詰めかけています。

20090930ohban7.jpg
 
 今回の「陣屋」大盤解説会は、解説者の豪華リレーとなっています。

 先ず、解説者として登場した今対局副立会の飯野健二・七段と瀬川晶司四段。
 
 続いて渡辺明竜王、野月浩貴七段が解説者として登場しました。

20090930ohban6.jpg

 渡辺竜王、野月七段は次の一手クイズをどの手で出題するか悩んだり、将棋ファンに問いかけるなど、会場は盛り上がっていました。

20090930ohban5.jpg

【第50期王位戦第7局】深浦王位、木村八段 3時のおやつ(30日)

2009年09月30日

 深浦王位、木村八段の30日3時のおやつを紹介します。

【深浦王位】
20090930oui7oyatsu3.jpg
・フルーツ
・コーヒー
・オレンジジュース(氷入り)

【木村八段】
20090930oui7oyatsu4.jpg
・アイスクリーム
・アイスコーヒー

【第50期王位戦第7局】大盤解説会受け付け始まる

2009年09月30日

 本日30日14時から神奈川県秦野市「陣屋」で行われる大盤解説会は、13時から受け付けが始まり、将棋ファンが続々と来場している。

 対局者はまだ休憩中のため、テレビ画面に映し出されている対局者モニターはまだ無人のまま。それでも詰め掛けた将棋ファンは棋士の登場を待ち、画面にくぎづけになっていました。

20090930oui7-oban2.jpg

 解説者は飯野健二・七段をはじめ、渡辺明竜王、佐藤義則八段、野月浩貴七段、田村康介六段、瀬川晶司四段など豪華なメンバーです。

【第50期王位戦第7局】深浦王位、木村八段の昼食メニュー(30日)

2009年09月30日

 深浦王位、木村八段の昼食メニュー(30日)を紹介します。

 本日は「陣屋」さん名物のカレーです。対局時の限定メニューだそうです。

 カレーはビーフとチキンの2種類。関係者にも振る舞われました。
 
 ビーフは辛口、チキンはやや辛口といったところでしょうか?

 美味しくいただきました。

20090930lunch.jpg

【写真はビーフカレー】

【第50期王位戦第7局】検討陣に田村六段も

2009年09月30日

 記者控え室では、さらに田村康介六段も加わり検討をしております。

 記者控え室の現在の検討陣。渡辺竜王、野月七段、田村六段、瀬川四段が中心となって行われております。

2009093050oui-kentou2.jpg

【第50期王位戦第7局】記者控え室に渡辺竜王が

2009年09月30日

 11時20分、記者控え室に3人の棋士がみえました。ご自身のブログで公言されていた渡辺明竜王、野月浩貴七段、佐藤義則八段です。

 雨が降り続く秦野市「陣屋」に到着した渡辺竜王、野月七段が早速、検討に加わっています。

2009093050oui-kentou.jpg

【第50期王位戦第7局】「陣屋」で大盤解説会

2009年09月30日

 王位戦第7局の大盤解説会が本日30日午後2時から、神奈川県秦野市の鶴巻温泉「陣屋」で開催されます。

 解説者は、副立会人の飯野健二・七段。そのほかゲストも続々登場予定です。

50oui-ohban1.jpg

 大盤解説会が行われる会場には、座布団、椅子、大盤はもちろんのこと、盤面カメラ、対局者の様子が見れるテレビ2台が設置され準備万端。

50oui-ohban2.jpg

 「陣屋」さんには朝6時、1人のお客さんが到着。大盤解説会が開かれるのを心待ちにしているとのことでした。

 13時受付、14時開始です。2000円でコーヒー飲み放題だということです。


【第50期王位戦第7局】対局2日目の記者控え室

2009年09月30日

 対局2日目。記者控え室では立会人の佐伯昌優九段、副立会人の飯野健二・七段、さらに先ほど到着した瀬川晶司四段を中心に検討が行われております。
  

2009093050oui1.jpg

【第50期王位戦第7局】深浦王位、木村八段の10時のおやつ(30日)

2009年09月30日

深浦王位と木村八段の30日10時のおやつを紹介します。

 【深浦王位】
50oui7oyatsu1.jpg
・フルーツ
・ホットコーヒー

【木村八段】
50oui7oyatsu2.jpg
・和菓子
・ホットコーヒー

【第50期王位戦第7局】封じ手は「△6四歩」

2009年09月30日

 再開した王位戦第7局の「封じ手」を拝借しましたので、写真をアップします。
 


 封筒には棋戦名と対局者名、立会人の佐伯昌優九段、飯野健二・七段の名前が書かれています。駒位置が書かれた盤面図には、赤字で「6三」にある「歩」が「6四」に進むと矢印で示されています。さらに、その下にはやはり赤字で「△6四歩」と書かれています。
20090930fuujite1.jpg
20090930fuujite2.jpg

【第50期王位戦第7局】深浦王位、木村八段の朝食メニュー(30日)

2009年09月30日

 深浦王位と木村八段の朝食メニューを紹介します。

 両者ともに同じメニューです。

20090930asa.jpg

・オクラ浸し糸賀喜・いか塩辛
・湯葉
・塩鮭・源氏玉子焼き・大根おろし
・丸茄子信田巻・青葉
・鶏団子、豆腐、長葱
・海苔・生玉子・梅干し・納豆
・白飯・浅漬け・味噌汁(豆腐と若布)

【第50期王位戦第7局】深浦王位、木村八段 3時のおやつ(29日)

2009年09月29日

 深浦王位と木村八段の3時のおやつを紹介します。

【深浦王位】
20090929oyatsu3.jpg
・レモンティー
・モンブラン

【木村八段】
20090929oyatsu4.jpg
・アイスクリーム
・アイスコーヒー

【第50期王位戦第7局】昼食休憩中にカメラ反転

2009年09月29日

 12時30分、昼食休憩に入りました。この休憩時間を利用して対局室のカメラを調整することに・・・

 インターネットで盤面を閲覧されている皆様は気がつかなかったかもしれませんが、記者控え室で見ている盤面映像は先後逆の状態でした。(インターネット中継用の写真は180度回転していました)

 最終局は振り駒が行われること、また今回の盤面カメラは固定式のため木村一基八段を先手と想定し設置していました。

 振り駒の結果を祈るような気持ちで見ていましたが・・・

20090929hanten.jpg

 短時間で設備担当者がカメラを反転して設置。

 これで記者控え室も通常の状態で、盤面を確認することが出来ます。
 

【第50期王位戦第7局】深浦王位と木村八段の29日昼食メニュー

2009年09月29日

 深浦王位と木村八段の29日昼食メニューを紹介します。

【深浦王位】
20090929e_01.jpg

・天ぷらうどん(温)
・おにぎり
・オレンジジュース(氷入り)


【木村八段】
20090929e_02.jpg

・天ざるそば

【第50期王位戦第7局】深浦王位、木村八段の10時のおやつ

2009年09月29日

 深浦王位と木村八段の10時のおやつを紹介します。

20090929oyatsu2.jpg
 【深浦王位】
・和菓子
・抹茶

20090929oyatsu1.jpg
【木村八段】
・和菓子
・コーヒー

振り駒の結果、先手は深浦王位

2009年09月29日

 午前9時05分、記録係の渡辺愛生(あいお)三段が深浦王位の歩5枚を手にし、絹布(けんぷ)に放った。

 両棋士が対局室に現れる前の午前8時30分。渡辺三段はすでに対局室にいた。渡辺三段は「振り駒をするのは初めてなんです。緊張しています」と念入りに位置確認をしていた。

20090929furikoma1.jpg

 思い起こせば去年、箱根で行われた第49期王位戦第7局の深浦王位と羽生名人の対局。当時の記録係・伊藤和夫二段が放った最後の1枚が立ったため振りなおしに。さて今年は・・・。

 歩、歩、歩、歩、と金

 先手は深浦王位。時間をゆっくりかけて指した初手は「7六歩」。

20090929syote.jpg

 戦いの火蓋はきっておろされた。

 

【第50期王位戦第7局】深浦王位、木村八段の朝食(29日)

2009年09月29日

 深浦王位、木村八段の29日朝食メニューを紹介します。

 両者ともに同じメニューです。

2009092901.jpg

・胡瓜若布酢の物・大和芋千切り梅肉
・鮪の山かけ
・メロー西京・源氏玉子焼き・しらすおろし
・里芋の揚げ出しアサツキ
・湯豆腐
・海苔・生玉子・梅干し・納豆
・白飯・浅漬け・味噌汁(あさり)

【第50期王位戦第7局】対局室検分&関係者会食

2009年09月28日

 第50期王位戦7番勝負第7局に向け、深浦康市王位(37)と、挑戦者の木村一基八段(36)が28日、会場の鶴巻温泉「陣屋」に到着しました。
 

 2人は17時から行われた検分で駒を並べ感触を確かめるなど入念に対局室をチェックしました。
2009092803.jpg

 今回の対局で使用する駒は宮松影水(みやまつ・えいすい)。関係者いわく、最高級品だそうです。

2009092804.jpg

 検分終了後のインタビューで深浦王位は「第4局以降、自分の将棋が指せるようになってきた。第7局は悔いの残らないよう指したいと抱負を語っていました」。ちなみに今日は深浦王位の結婚記念日だそうです。

 一方、挑戦者の木村八段は「第6局から日程的に少し空いたが、早く第7局を指したかった。流れは悪いが、自分の中では決して悪い将棋ではなかった。第7局は頑張りたい」と両者ともに最終局に意欲を見せました。

 その後、関係者会食が始まり、雰囲気は一転、終始なごやかムードに。陣屋さん提供の「秋」を連想させる美味しい料理はもちろんのこと、神奈川県秦野市の酒屋「金井酒造店」さんで、モーツァルトを聴かせて熟成させた「初陣の誉」に一同感激。

 両棋士も関係者も、明日があるのでほどほどに?堪能しました。

【第50期王位戦第7局】インターネット中継班 現地到着

2009年09月28日

 29日から始まる第50期王位戦第7局。インターネット中継班は先ほど対局が行われる神奈川県秦野市の鶴巻温泉「陣屋」に到着しました。

 これから対局開始前までにWEBカメラ・PCの設定など中継に備え準備を行います。

2009092801.jpg
【写真】記者控え室に設定中のPC

 第50期王位戦も最終局までもつれ込む熱戦。北海道新聞メディア局では3期続けて第7局のネット中継を担当することになりまた。

 対局の様子や控え室の情報などみなさまにお伝えできればと思っております。ご期待ください。

2009092802.jpg
【写真】明日からの対局に備え準備中の対局室

約1分で起動する! 低額・快適ネット端末をつくろう【完成】

2009年09月22日

意外と長くなってしまった快適ネット端末の構築も今回いよいよ大詰めです。
というのも今回、やっとパーツの取り付け作業・起動となるからです。
第50期王位戦最終局のネット中継も間近に迫っていますし、手短に作業完了したいと思います。

まずはノートパソコンのバッテリー、電源ケーブルを取り外します。
これは作業中に誤って電源が入って、ノートPCを壊してしまうのを防ぐためです。
その後、ノートパソコンのHDDを取り外します。
取り外したHDDが付いていたところに、準備編で用意したSDカード-2.5インチ変換アダプタを取り付けます。
もちろん、変換アダプタには前回データを書き込んだSDカードを挿入してください。
というふうに書くと簡単な作業のようですが、慣れていない方ですと結構苦労されるかもしれません。

そもそもHDDがどこに付いているか知らない方も多いでしょう。
ノートPCの場合、HDDは裏面についている場合がほとんどです。
小さめのプラスドライバーでカバーを取り外していくと2.5インチHDDがみつかると思います。
裏面にない場合は、側面にある場合もあります。
また、ノートパソコンを開いたキーボードの下の部分にHDDが取り付けられている場合もあります。
どうしてもわからない場合は、ノートPCのマニュアルを読んだり、ネットで調べたりすると良いでしょう。
ただし、HDDを個人で取り外すとメーカーなどの保証が受けられない場合があります。

また、機種によってはSDカード-2.5インチ変換アダプタをうまく付けられない場合もあるでしょう。
側面にHDDが付いているタイプのノートPCの場合、変換アダプタの長さが足りなくて、取り付けできないケースがあります(工夫次第で何とかなるかもしれませんが)。
繰り返しになりますが、このあたりは自己責任で作業をお願いします。

さて、無事にSDカード-2.5インチ変換アダプタを取り付けられたら、バッテリー、電源ケーブルを取り付けて電源を入れてみてください。
これまでの作業を正しく行っていれば、Puppy Linuxが起動するはずです!
マウス(PS/2またはUSB)、キーボードの種類(日本語キーボードなど)、画面の解像度などの選択肢が表示されますので、使用されているノートPCの環境にあわせて設定してください。
設定が完了すれば、Puppy Linuxのデスクトップが表示されます。

初回起動後、電源を切る際に、パソコンの設定と個人ファイルを保存する「pup_save.2fs」というファイルに作成するか聞いてきますので、Yesと答えておいてください。
ファイルの容量はSDカードが2GB以上あるのであれば、最大容量である1.25GBを選択しておくと良いでしょう。
これで2回目以降の起動時には、マウス、キーボードの選択などは必要ありません。

ここまでの設定が済めば、ノートPCは約1分ほどで起動するはずです。試してみてください。
また、ネットサーフィンも動作が非常に軽快なことに驚かれることでしょう。
さらにYou Tubeやニコニコ動画などのFlash動画も試聴可能です(マシンスペックによっては動画が駒落ちする場合があるようです)。
快適なネット生活を楽しんでください!

今回で無事にインストール作業は終了しましたが、ネットワーク設定などは説明していません。
ここまでの連載の作業を問題なく出来た読者の方なら、ネットワーク設定など筆者が説明しなくても出来るように思いますが、機会があればまたご説明したいと思います。
マニアックな短期連載にお付き合いいただき、ありがとうございました。
(技術担当・O)

【第50期王位戦】3期連続の王位戦第7局中継 ファイト!

2009年09月21日

 まさか、と思った政権交代。当然で、そうでもないか。
 それはともかく、まさか、と思った王位戦第7局のネット中継。来てしまいました。北海道新聞の登板は3年連続です。

 2年前の第48期王位戦第7局。鶴巻温泉・陣屋での歴史的名勝負で深浦康市八段(当時)が羽生善治王位を下してタイトルを奪取したときのことが思い出されます。1日目の対局を終えて、池に映る名月を見ながら、集中力を高めていた深浦さんの凄さが蘇ります。あの感動を伝えられたのが始まりか。
 
 昨年の第49期には羽生名人と橋本崇載七段の挑戦者決定戦に初めて「挑戦」するという冒険もありました。幸い多くの支持をいただきました。そして、タイトル戦第7局は箱根・花月園。深浦王位は死闘を制し、見事に初防衛を果たし、羽生キラーとして存在感を高めたものでした。
 
 今年は王位戦半世紀の祝賀会を取材しました。対局者の抱負で、深浦王位が「最後まで勝ち残って50期という名誉ある王位を取りたい」と述べておりました。一方の木村一基八段は「本当は全勝(4連勝)で決めたいが、王位戦はほとんどが大接戦勝負となっており、盛り上げるためにはいろいろ考えないと…」と、最終的には両者ともフルセット勝負を予想しており、一時は木村圧勝でタイトル奪取と思われましたが、深浦の反撃が大爆発し、その言葉どおりの第7局勝負になりました。
 
 7月13日の開幕で、北海道対局は7月22、23日でしたので、王位戦は本当に長丁場です。北海道は紅葉の合間に、初雪の声も聞かれます。ともあれ、いよいよ9月29、30日で最後。なにぶん、本州での対局とあって北海道から出て行くのは大変なのですが、ネット班は注目されているファンのために、よいページをつくって中継したいと準備をしております。ご期待ください。

約1分で起動する! 低額・快適ネット端末をつくろう【インストールその3】

2009年09月17日

前回まででデータの準備が整いましたので、いよいよデータの書き込みに移ります。
まずは準備編で用意したUSB-SDカードリーダーを作業用パソコンに接続してください。
Windowsがカードリーダーを認識したら、これまた準備編で用意したSDカードをカードリーダーに挿入します。
すぐにSDカードへデータを書き込みたくなりますが、あわてずにフォーマットから行ないましょう。

マイコンピュータを開いて、該当するドライブを右クリックします。
筆者の環境の場合、Eドライブとなりました。「リムーバブル ディスク(E:)」などというドライブ名となっているはずです。
ここで注意していただきたいのは、ドライブを間違えないことです。
間違えてCドライブをフォーマットすると作業用パソコンのWindowsが起動しなくなります。十分にご注意ください。
仮に筆者と同じくSDカードがEドライブと認識されていた場合は、Eドライブのアイコンを右クリックして「フォーマット」を選択してください。
フォーマット画面で容量がご用意したSDカードと一致していることと、ファイルシステムが「FAT」となっていることを確認してください。
問題なければ「開始」をクリックして、SDカードをフォーマットします。容量にもよりますが、それほど時間はかからないでしょう。

次に前回、「ウルトラISO体験版」で抽出・編集したPuppy LinuxのファイルをSDカードにコピーします。
Puppy Linuxの容量は100MB程度ありますので、コピーには数分かかります。
これでPuppy LinuxのデータをSDカードにコピーできたわけですが、このままではPuppy Linuxは起動できません。
SDカードにブートローダーを書き込む必要があります。
これには前々回、ダウンロードしておいたsyslinuxを使用します。
syslinuxのzipファイルを解凍すると、中に「syslinux.exe」というファイルが含まれています。
筆者の場合、zipファイルをCドライブ直下に解凍しましたので、「C:\syslinux-3.81\win32\syslinux.exe」に該当のファイルが生成されました。
このexeファイルを使用して、ブートローダーをSDカードに書き込みます。

Windowsのスタートメニューから、プログラム>アクセサリ>コマンドプロンプトを選択します。
するとコマンドプロンプトのウィンドウが開きますので、以下のコマンドを実行してください。

C:\syslinux-3.81\win32\syslinux.exe -ma e:

コマンドの最後の部分はドライブを指定しています。
先ほどフォーマットしたSDカードのドライブがE:ドライブの場合、上記のように「e:」を指定します。
このコマンドも間違わないようにご注意ください。
ドライブの指定を誤ると作業用パソコンのWindowsが起動しなくなります。

今回の作業は間違ってしまうと作業用パソコンの環境を壊してしまいます。
作業は慎重に行なってください。
緊張するかもしれませんが、確認しながら作業すれば大丈夫です。
次回はSDカードをノートPCに取り付けます。いよいよLinuxの起動です!
(技術担当・O)

約1分で起動する! 低額・快適ネット端末をつくろう【インストールその2】

2009年09月14日

前回で必要なものは全てダウンロードした・・・はずでしたが、大切なソフトをダウンロードするのを忘れていました。
前回Puppy Linuxのインストールディスクファイルをダウンロードしましたが、このディスクファイルは通常CD-ROMに焼き込んで使用します。
しかし、今回はインストールディスクに含まれるファイルが必要なだけですので、CD-ROMに焼き込むのは少々もったいない気がします。
ISOファイルからディスク焼き込みが出来る環境(CD-RWドライブ&焼き込みソフト&CD-R)をお持ちの方は、もちろんCD-Rに焼いていただいても結構ですが、今回はISOファイルから直接ファイルを抽出する方法をご紹介します。

使用するソフトは「ウルトラISO体験版」です。
株式会社インターコム様のホームページからダウンロードできます(こちらからどうぞ)。
今回はISOファイルからのファイル抽出が目的ですので、体験版の機能で十分です。
しかし、この「ウルトラISO」というソフトは、CDやDVDのイメージファイルを編集、作成、変換など出来るとても便利なシェアウェアです。
体験版の場合は作成できるイメージファイル容量が300MB以下に制限されます。
ご興味のある方はご購入しても良いかもしれません。

さて、体験版をダウンロード・インストールしたら、「ウルトラISO体験版」を起動してください。
メニュバーからファイル>開くを選択し、前回ダウンロードしたpuppy-4.1.2.1-JP.isoを選択してください。
すると画面上にPuppy Linuxのインストールディスクの中身が表示されます。
7つあるファイルをすべて選択、右クリックして「場所を指定して抽出」を選択してください。
ファイルを抽出するフォルダを選択すると、ファイルの抽出が開始されます。
これで無事にPuppy Linuxのインストールディスクの中身を取り出すことが出来ました。

抽出したファイルには編集が必要です。
以下の作業を行ないます。

(1)isolinux.binというファイル名をsyslinux.binに変更
(2)isolinux.cfgというファイル名をsyslinux.cfgに変更
(3)syslinux.cfg(isolinux.cfg)内の「pmedia=cd」を「pmedia=hdd」に変更
(4)syslinux.cfg(isolinux.cfg)内の「timeout 50」を「timeout 1」に変更

syslinux.cfgの編集にはWindows標準のメモ帳などのテキストエディタを使用します。
筆者はいつも「TeraPad」というフリーソフトのテキストエディタを使用しています。
こちらもシンプルで使い勝手が良く、オススメです。

次回はいよいよSDカードへ今回作成したデータを書き込んでいきます。
苦労した分、ノートパソコンがより軽快に起動してくれるはずです。
(技術担当・O)

約1分で起動する! 低額・快適ネット端末をつくろう【インストールその1】

2009年09月13日

マシン、パーツの準備が整ったら、いよいよLinuxのインストール作業に入ります。
今回はOSにPuppy Linuxを使用します。
Puppy Linuxは、インストールに必要なディスク領域が約100MBと小さいにもかかわらず、たくさんのアプリケーションがプリインストールされている非常にすぐれたLinuxディストリビューションなのです。

また、Puppy Linuxは日本語版が用意されており、デフォルトの状態で日本語表示・入力が出来ます。
WindowsやMacでは日本語入力なんて出来て当り前なのかもしれませんが、Linuxの場合、日本語がうまく表示・入力できないディストリビューションもあります。
このあたりもLinuxの敷居を高くしてしまっているのかもしれません。

ともかく、まずはPuppy Linuxのダウンロードです。
Puppy Linuxは、こちらの公式サイトからダウンロードできます。
ダウンロードのタブをクリックし、お好みのサイトを選択してください(どれでも同じです)。
次にダウンロードしたいファイルを選択するわけですが、必ず「puppy-4.1.2.1-JP.iso 」を選択してください。
最新版の4.20p1バージョンは今回紹介する方法でインストールを行なうと、なぜか起動時にフリーズしてしまいます(理由がわかる方は是非御一報ください)。
ただし、Puppy Linux本来のCDブートでの使用であれば、4.20p1バージョンのほうをおすすめします。
最新版のほうがセキュリティ面も含めて、さまざまな改良が加えられているためです。
4.1.2.1バージョンでも最新版でもファイルサイズは100MBですので、ADSLなどのブロードバンド環境であれば遅くとも1時間以内にダウンロード出来るでしょう。
ISDNなどのナローバンド環境でも半日ほどかければダウンロードできるのではないでしょうか。

ダウンロードするものはまだあります。
起動環境を整えるためにsyslinuxが必要です。
syslinuxは、主にLinuxで使われるブートローダーで、今回はそれに含まれるユーティリティを使用します。
syslinuxは、こちらのサイトからダウンロードできます。
「syslinux-*.**.zip」(*.*はバージョン)をダウンロードしてください。
こちらは数MBなので、ダウンロードはすぐに終わるでしょう。

インストール編と言いながら、必要ファイルのダウンロード終わってしまいました。
次回はSDカードにデータを書き込んでいきます。
まだOS起動まで長い道のりですが焦りは禁物です。楽しみは後にとっておきましょう。
次回も御期待ください。
(技術担当・O)

道新ついったー開始なう

2009年09月10日

 北海道新聞社メディア局は10日、ネット交流サービス「Twitter」での情報発信を始めました。ユーザー名は doshinweb です。アイコンは、われらのアイドル「ぶんちゃん」。buntw.jpgどうしんウェブに掲載するニュースの見出しをつぶやきます。ニュースのウオッチに、話のタネに、ぜひご利用下さい。
 ニュースだけだとちょっと単調なので、メディア局スタッフも、ときどきいろんなことをつぶやきます。フォローをぜひよろしくお願いします。
 実は、アカウントは何日か前に取得して、ニュースが想定通り流れるかテストしていました。まったくPRをしていないのにもかかわらず、Twitterを使い込んでいらっしゃる方々に見つけられ、フォローを頂いています。ちょっとびっくりするやら、うれしいやらです。
 Twitter って何? という方は、本家Twitter のサイトを見ていただくのが一番なのですが、簡単に説明すると、一言で書くブログみたいなものです。
 ブログと異なる点は、まず一本の記事が短く、140字以内で書くということです。もう一つの違いは、例えばAさんの記事にBさんが何か言いたいときには、Aさんのスペースに書き込むのではなく、Aさんへのコメント、を意味する「@Aさん」という印を付けて、Bさんが自分のスペースに書き込む点です。(ブログでいう「トラックバック」にちょっと似ていますね)
 ところで、AさんとBさんが交流するには、互いの発言を読み合うことが必要ですよね。こうした仲間になることを「フォローする」とか「フォローされる」とかといい、仲間になると、自分の発言と相手の発言をまとめて表示できるのです。本当は「記事を書き込む」とか「発言」というより、twitter という言葉の意味の通り、「おしゃべりする」、「つぶやく」とした方がしっくりきます。
 Twitterはいろいろな使い方があるようで、上の説明も一つの捉え方に過ぎないと思っています。私たちは、Twitterを使っている方々に、便利にどうしんウェブを利用して頂ければという思いと、情報がさらに充実している「北海道新聞」本紙を購読していただければという願いを込めニュースをつぶやきます。
 ちょっと長くなりましたが、ウェブで公開しているすべてのニュースが対象になっているわけではないこと、ニュース以外のつぶやきは北海道新聞社の見解を代表しているものではないこと、予告なくサービスを停止することがあるということをご理解いただいて、ぜひ、doshinweb フォローなう!

約1分で起動する! 低額・快適ネット端末をつくろう【準備編】

2009年09月10日

今回から実際に1分起動のネット端末の実現を目指して作業していくわけですが、まずは準備が必要です。
以下のものが必要となります。

・ノートパソコン(CPU:Pentium 166MHz MMX以上、メモリ:128MB以上、2.5インチHDD、LANポート)
・SDカード(2GB以上)(1000円程度)
・USB-SDカードリーダー(1500円程度)
・SDカード-2.5インチ変換アダプタ(2000円程度)
・作業用パソコン(ウィンドウズが動作するもの)

作業用のパソコンと使い古しのノートパソコンがあれば、約4500円分のパーツ代のみで済みます。
ノートパソコンがない場合は、中古で売られているもので十分です。
ちなみに筆者はSONY VAIO PCG-SRX7を使用しています。
ご予算に余裕があれば、メモリは256MB以上あるとさらに快適に動作するようになります。
知識のある方はオークションで中古パソコンを探しても良いかもしれません。

SDカードは、SDアダプタがあればminiSDカードでも、microSDカードでも構いません。
カードリーダーですが、購入するのであればメモリースティックやCFカードなども使用可能なマルチカードリーダーのほうが使い勝手が良いでしょう。

今回、一番入手が難しいパーツは、SDカード-2.5インチ変換アダプタかもしれません。
他のパーツは既に持っている方も多いと思うのですが、この変換アダプタを所有している人は少ないでしょう。
「SD IDE 2.5」などのキーワードでネット検索すると、ネット通販しているページを見つけることが出来ます。

前回もお断りしましたが、この企画は「チャレンジしたい人向け」です。
上記の製品のご購入やその他の作業につきまして、当方が責任を負うものではありません。
そのあたりを十分ご理解の上、お楽しみいただければと思います。

さて、次回からはいよいよLinuxのインストール作業に移っていきます。
どうぞ、ご期待ください。

(技術担当・O)

約1分で起動する! 低額・快適ネット端末をつくろう【はじめに】

2009年09月08日

皆様は普段どんなパソコンを使っていますか?
デスクトップ、ノート、メーカーも様々だと思うのですが、OS(パソコン用基本ソフト)は、ウィンドウズかマックをお使いの方がほとんどではないでしょうか。
筆者も仕事ではウィンドウズを使っていますが、プライベートではウィンドウズはほとんど使っていません。マックでもありません。
では、何を使っているかというとLinux(リナックス)を使っています。

ウィンドウズやマックはたくさんのソフトがあって非常に便利なのですが、これらのOSを購入するには数万円かかります。
また、性能の低いパソコンだと、電源を入れて使用できる状態になるまでに2〜3分以上かかったりします。
ちょっとネットで調べ物をしたいだけなのに、3分間も待つのはイライラしますよね(注・筆者はとても短気です)。
これらのことはLinuxを使えば、すべて解決できるのです!

これから数回にわたって、約1分間で起動する快適なネット端末をノートPCで実現する方法をご紹介します。
Linuxの通常のインストール方法は他のサイトでも詳しく説明されていますので、今回はよりマニアックにHDDを安価にSSD化してスピードアップを図ります。
必要なのは、古い(新しいとなお良い!)ノートパソコンと、数千円程度の費用のみです。

ただし最初にお断りしておきますが、これらの作業は少々専門知識が必要となります。
パソコンをはじめて購入したばかりの初心者の方や、技量に自信のない方はやらないほうが無難です。
お金を貯めて、最新のパソコンを購入するほうがよっぽど簡単に快適な環境を手にいれることができます。
しかし、自分でつくり上げたLinuxマシンでのネットサーフィンは、ちょっとだけ心を豊かにしてくれます(そう信じています)。
そこのマニアックなあなた! 是非、挑戦してみてくださいね。(続く)

(技術担当・O)

DVD申し込みありがとうございます

2009年09月04日

 ぼく、ドーレくん。このブログにも何度か登場してます。
 今回は、北海道マラソンのスタッフを務めました。すなわちマラドーレ!
 記念DVDの宣伝を兼ね一言お礼を言わせていただきます。

%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AC091.jpg

 今回の北海道マラソンでは6749人が完走し、過去最高の92%の完走率でした。おかげさまで、終了後に記念DVDを申し込んでくださる方が引きも切らずに続いています。重ねて感謝いたします。

 記念DVDはただいま鋭意編集中です。9月下旬には発送できる予定です。みなさまに感動のゴールシーンが届くまで楽しみにお待ちください。

 記念DVDは申し込みはこちらから。9月15日まで受け付けています。

(TY)

プロフィール

プロフィール

スタッフ
 電子メディア局に在籍する「不特定多数」「老若男女」のメンバーで構成しています。他のブロガーのみなさんに比べると北海道の「通」とは言えませんが、曲がりなりにも北海道の最新情報を日々発信する職場から、何かしら皆さんのお役に立てればと思っております。

※イラストは道新グループの会員組織「道新ぶんぶんクラブ」のキャラクター「ぶんちゃん」 です。




ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック