« 2009年03月 | メイン | 2009年05月 »

おじさんは山へ芝刈りに、おじさんは川へ洗濯に・・・

2009年04月30日

てなわけで待望の!?おじさん登場です。
(待ってないとか言わないの~、てか言わせな~い)


昨日は春の恵みにありつくべく、同僚Nっちと二人で山菜採りへ出掛けたのでした。
おじさんは、昨年から社外の大先輩に案内していただき、2シーズン目のど素人なのですが、良い先生に恵まれた結果、2時間足らずで、ほらこのとおり

syukaku.JPG


少し時期が遅く、育ちすぎた感じではありますが、立派なアイヌネギ。全て美味しくいただきます。
先生の教え通り、味付きジンギスカンにどっさりと入れれちゃいます。
morituke.JPG
豪快に盛られたアイヌネギたち



普段は”味付き”を好まないおじさんですが、アイヌネギとの相性バッチリなんです。


まさに


き、たぁ~~~


地球(道産子)に生まれて良かったぁ~!!


てな感じです、はい。




満腹になったところで、今度は川へ向かいます。


そう、おじさんの趣味である釣り、今シーズン初釣り(毛針釣り)が目的なんです。
おじさんの好きな釣り方は、一般的にフライフィッシングと呼ばれているあれです。
(聞いたことありますよね)

エサを使わず、フライと呼ばれる疑似餌を使って魚を騙して釣り上げるのです。
フライは鳥の羽等を素材にして、魚が餌としている水棲昆虫(カゲロウ、トビケラ等)や陸生昆虫(バッタ、アリ等)を模して、自作しちゃいます。
この話は長くなってしまうので


・・・・・中略・・・・


今回の狙いはイワナ。
しかもNっちへのフライフィッシング初体験教室という「おまけ」つき!
他の釣りでは「オモリ」や「ルアー」といった自重のあるものをキャストするのですが、この釣りの場合は、ラインの重さのみで遠くまで飛ばさなければならず、慣れるまではなかなか難しいんですよね。


Nっちはフライフィッシングはもとより釣り自体初心者で、本当に釣れるのだろうかと終始不安げ。


そんな不安はよそに、まずはキャスティングを軽くレッスン後、先生であるおじさんがお手本。


実釣!


軽やかなキャストから繰り出されたラインは、アリを模したドライフライ(浮く毛針)をここぞ!というポイントにプレゼンテーション!

次の瞬間、
「パシャッ」

と水面が割れ(この瞬間がたまらんのです)、間髪を入れず合わせを入れると、ロッドを通して小気味よい感触が・・・。

よし、よし、イイ子だ、おいでおいで、イワナちゃん。

し、しかし手元に寄せた魚を見ると、あれれヤマメちゃん・・・。
01.JPG


この川、今時期ヤマメはまだ禁漁中なので、写真を撮って速やかにリリース(ありがとう)。

あっ、といっても、おじさん普段からキャッチ&リリース主義なんです。
別に格好付けるとかではなく、ただ単にその魚にまた次も会いたいから、
自分の子供たちや、またその次の世代、いつまでも川に魚がいるようになればイイなぁと。
ただそんな気持ちから・・・。
この辺は賛否両論あると思いますけどね・・・。




さぁ、話を戻してNっち登場です!

手取り足取り(あっ、足取ったら転んでしまうね!)で、1時間程経過したところで、何とか自分で釣れるように!!
四苦八苦しながらも、完全にハマッた様子。

(しめしめ・・・)

しかしなぜか釣れるのはヤマメばかり。

ここでとある釣り具メーカーの昔あったキャッチコピーを思い出すおじさん。当てはめてみると、
「イワナのために巻いた毛針にヤマメばかりが釣れてしまう。喜んでいいのか、悲しんでいいのか・・・」
とまさに複雑な心境・・・。


そして、最後に川の女神は彼にほほえみました。


ひとまわり大きな立派な魚体、そしてギョッ(おいっ!)とした表情の二人(一匹と一人)。
02.JPG



この感動は一生忘れられないことでしょう。

おじさんも20年前に、この釣りで初めて釣れた1匹、景色、光景、今でも鮮明に蘇ります。


同じ時を過ごし感動・喜びを共にした友、そして「採・食・釣」を与えてくれた大自然の恵みに感謝感謝。
これだからやめられない・・・。


疲れ気味な心はすっかり”洗われ”、明日への活力をもらったおじさんなのであった。

<kuwa>

午後のひと時

2009年04月30日

さわやかな青空が広がるこの季節。春を感じながらのランチはいかがでしょう?
札幌の中心部にありながらのんびり感が広がる至福の空間です。
天気のいい昼さがりにテラスでパスタランチにグラスワインなんか最高です。
夜はディナーもさることながらワインメニューも充実している素敵なお店です。
夏の夜風に吹かれてのひと時も最高です。
札幌市中央区南2条西5丁目のイタリアンレストラン。
通りに面した小さな階段を昇って入るそのお店は女性客でいっぱいですよ。

%E3%83%86%E3%83%A9%E3%82%B9.jpg

テラスをヒントに探してみてくださいね。(kom)

リニューアルから1週間がたちました

2009年04月27日

 北海道新聞ホームページが「どうしんウェブ」としてリニューアルしたのが去る19日(日)。ちょうど1週間がたちました。題字も一新、ページのレイアウトやメニュー構成も大幅に刷新しましたので、最初はとまどわれた方もいらっしゃったかと推察します。じょじょに慣れてきていただけていれば、幸いに思います。

 リニューアル前日(18日)と当日(19日)、私たちメディア局員はじめ今回のリニューアルに携わっていただいたご協力各社の方々が深夜、早朝の北海道新聞社に集い、粛々と作業を続けておりました。その模様、熱気をこのブログを通じて皆さんにもお伝えしたいところですが、ココロの余裕が無く当日の職場写真を1枚も撮影しておりませんでした…(残念)。

-----

 さて、リニューアルしたとはいえ、なにぶんにも新聞社のホームページですから、ニュースがメインコンテンツなのは以前と変わりません。
 
 が…今度の「どうしんウェブ」には「ゆるキャラ」ならぬ「ゆるコンテンツ」が登場しています。

 それが☆☆「今日の占い」コーナー☆☆です。

top0427.jpg

 12星座占いで、その日の運勢をチェックできるうえ、12種の星座の中で自分の☆がどれくらいの立ち位置にあるのかをチェックできます。私など、今日のように自分の☆が下位(10位)にいるときは、なるべくヒッソリおとなしく過ごそう…などと思ったりしています。

iteza.jpg

 昔は「愛情運」が気になったものですが、最近ではやはり「金運」でしょうか…。

 ランキング上位3位までは、トップページでも確認できますので1日の始まりにはぜひこのコーナーを「チラ見」してくださいね。今後とも「どうしんウェブ」をよろしくお願いします!! (菊地)
 
 

丘珠空港撤退

2009年04月17日

 全日空系のコミューター航空・エアーニッポンネットワーク(A-net)が2009年度内にも札幌・丘珠空港から撤退し、新千歳に路線移管する方針が分かった。実は同社は2001年の設立当初、本社を丘珠空港に置く地元航空会社だった(現在の本社は羽田空港内)。当時経済部記者だった私は、設立計画浮上の同年4月20日付朝刊一面に「エアーニッポン、札幌に新会社」との記事を執筆した。解説には「道内の競争激化へ 人気路線への攻勢必至」と書いている。まさに隔世の感だ。
 okadama.JPG
同社は、親会社エアーニッポンの引退機YS-11型機によるプロペラ路線を、ボンバルディア社DHC8-300型機に更新する形で移管。いまやトラブル続きの同社機だが、A-net開業直前の試乗では「なんと低騒音で快適な」と驚いたことを思い出す。解説に書いた人気路線とは道内では丘珠-函館間を指し、JRや高速バスとのサービス合戦に期待もしたものだ。
 だが、いまや道内発着路線の年間搭乗率は60%を切り、頼みの丘珠-函館線も今年に入って大きく低迷している。道外路線との接続もなく、ジェット化もままならぬ丘珠はまさに「陸の孤島」。世界的な航空需要低迷の中、全日空グループの決断もいたしかたない。
 疑問なのは、今になって反発する札幌市の姿勢だ。

 札幌都心と丘珠の公共交通機関のアクセスの悪さは指摘するまでもないが、無料だった丘珠空港駐車場は07年10月に有料化。「利用するな」といっているようなものだ。
 空港を抱える自治体はもっと必死だ。かつて利用低迷にあえいでいた有明佐賀空港を取材したが、佐賀県は「無駄な空港」との世論の中傷に耐え、空港利用増を図るために航空会社に日参して意見交換し、夜間貨物便という新機軸を打ち出した。
 もちろん道をはじめ道内自治体もさまざまな取り組みをしている。だが、東京支社時代に国土交通省や航空各社を取材したが、札幌市の方々の姿はついぞお目にかからなかった。私ごときの目の届かない水面下で活躍されていたのだろうか。
 札幌市は「道や経済界にも働きかける」というが、発着が丘珠から新千歳に変わるだけなので道の対応も難しいだろう。列車や高速バスが競合する経済界はさらに難しい。
 有力政治家への働きかけといった常套手段をとるかもしれないが、それとて、完全撤退をやめさせ、まだ有望な丘珠-函館線のみ残留といった条件闘争しか勝ち取れないのではないか。
(磯田 佳孝)

「キナコ」

2009年04月15日

 先日の日曜日、札幌・円山動物園に行ってきました。いい天気で、ホッキョクグマの双子の赤ちゃんも外で元気に遊んでいました。お母さんの「ララ」から一緒におっぱいをもらう姿などかわいかったですね。デジカメや携帯にその姿を納めようとする人も多く、人気はまだまだ続きそうです。

 シンリンオオカミの「キナコ」(雌9歳)もかわいいです。優しげなあいきょうのある顔をしています。性格も穏やかで、雄の「ジェイ」(3歳、4月25日には4歳に)とも仲がいいといいます。2匹の住む「エゾシカ・オオカミ舎」も、広々として小山もあり、開放的で気持ち良さそうです。



 シンリンオオカミはリーダーを中心とする厳格な順位があるということで、「キナコ」が姉さん女房ですが、ボスは「ジェイ」です。じゃれあいのときは「キナコ」が「ジェイ」の下にいて、伏せの姿勢やおなかを見せています。縄張りを主張しているのか、「キナコ」がおしっこをした場所にすぐ「ジェイ」もおしっこをしていました。
 以前えさやりの場面を見たことがあるのですが、二つの大きな骨付きの肉を「ジェイ」が独占していました。一つを食べながら一つを足で押さえており、「キナコ」が近づこうとするのを、吠えて許しません。この状況を変えたのはカラスでした。えさをねらって近づいてきたカラスを追い払おうと「ジェイ」が足を離したすきに、「キナコ」がさっと一つの肉をくわえて逃げていきました。「ジェイ」も吠えましたが、えさとり戻すことはしませんでした。
 この春には「キナコ」の産室も造られました。赤ちゃんの報告を楽しみにしています。(G)

「平和塔」

2009年04月09日

 私事ですが、早朝からの勤務がないときは、朝に犬と散歩をしています。

 子犬のうちは、近所を30分ほどで済んでいたのですが、最近は藻岩山の麓にある、「平和塔」という小山の頂上まで、約1時間かけて往復しています。標高178メートル程度ですが、頂上からの眺めはなかなかのモノです。

 当初は雪が深いのと運動不足で、ヨロヨロしていましたが、今は雪解けも進んでかなり楽に往復できるようになりました。心なしか体重も落ちてきて、健康増進にもいいようです。

 今朝はとても暖かく、途中から半袖になって登ってきました。けれども、先月末にはまだ写真の様な状態でした。改めて季節の変わるスピードの速さに驚きます。それでも、日陰の部分は、まだ膝くらいまで雪がありますが…。

 散歩を始めてから、周りの自然に目がいきます。昨日はエゾリスとコゲラを見つけました。ネコヤナギも花穂が膨らんでいます。こらからはコブシの花が咲き始めるでしょう。

 「平和塔」は道内戦没者慰霊のため建立されたもので、札幌中心部からも目立つ白い建物です。近くには「はらっぱ」という広場があります(昔は森永牧場と呼んでいたような)。藻岩山にいらした際は、「平和塔」にもぜひ登ってみてください。(S)

キタキツネも歓迎するキロロスノーワールド

2009年04月05日

 この週末はおおむね好天に恵まれ、春のゲレンデで日焼けした人も多かったのではないでしょうか。 キロロスノーワールドの駐車場の手前では、道路のすぐ横でキタキツネも歓迎してくれました。

キタキツネ



キロロのゲレンデ

【写真】きれいに晴れて心地よい風が流れるキロロのゲレンデ


 キロロスノーワールドでは、シーズンを締めくくる大会「キロロカップ」が4月4-5日に開催されました。 キロロカップはジュニア大会、マスターズ大会、そしてメインのキロロカップの3戦で小学校1年生から80歳以上(!)まで総勢500人以上が参加する、公式戦ではないものとしては道内最大の大会です。 シーズンの締めくくりとしてこの大会の出場を目標に練習してきた選手も多いのです。
リザルトはコチラ

 ところで、このキロロカップには他の大会にはない「特選組」と「オープンクラス」という区分けが存在します。 「特選組」はその名の通り選ばれた速い選手のみのクラスで、SAJポイントの上位者やFIS大会出場者ばかりが名を連ねます。 アマチュアの中ではスター選手ですから、スタート時のギャラリーの熱気が違います。 

スタートする選手とギャラリー

【写真】スタートした選手がどういう滑りをするのか注目するギャラリー。雰囲気はまるでワールドカップ


 「オープンクラス」とはハンディキャップのある選手のクラスです。 たとえば両下肢機能障害の方はチェアスキーを使って滑るし、片足部切断の方は1本のスキーで滑ります。 一番最初のきれいな雪面で滑るとはいえ、全く同じコースを滑るのですから驚きです。 パラリンピックの日本代表選手が出走したりしますから、こちらも見逃せません。 チェアでも片足でも同じスキーヤーなんだということを強く感じます。

疾走するチェアスキーヤー

【写真】アウトリガー(ストックの先に短いスキーを付けたもの)を駆使してチェアスキーで駆け下りる選手


 こんなに独特の雰囲気のキロロカップですが、以前は4月の週末3連続でシリーズ戦で行われました。 経営会社が変わり開催数が減ってしまったのは残念です。 キロロさん、お願いですから以前のようにシリーズ戦に戻してもらえませんか! 全道のアマチュアレーサーからのお願いです。

 春の陽気も手伝ってお祭り気分のこの大会。 全力を出し切って表彰台に上った選手も、力を出し切れず壇上に拍手を送った選手も、また来シーズンに再会することを誓って帰路につくのです。
(畠)

本日発売「マイ・クリップ」

2009年04月03日

 メディア局スタッフが新商品をご用意いたしました!
 その名は記事付き写真 マイ・クリップ

 新聞に写真と記事が載るなんて、有名人でもなければめったにありません。何かの表彰や入賞などで載ることがあれば、その新聞は社員の私たちにとってでさえ、一生の宝物になります。

 その宝物を、よりかっこよく永久保存版にしませんか? 「マイ・クリップ」は、「北海道新聞」の題字をつけて新聞1面仕立てにして、きれいな長方形に紙面をレイアウトし直して、そのうえ額に入れてお届けするサービスです。

 英語のclip、クリップは「新聞の切り抜き」の意味です。あなたの記事だけをていねいに切り抜いて額に収めたもの、それが「マイ・クリップ」。

 世界で1枚の特別版が、3000円からあなたのお部屋に。ただし、お申し込みは写っているご本人かご家族の方に限らせていただきます。だからこそ特別版! 

 さあ、2005年8月以降に道新に載った方、今すぐこちらへお入りください。


090403myclip_photo.jpg

!!!!!!!!!!! 見本です !!!!!!!!!!! 

                                        竹内宏幸

桜と電車~予告編

2009年04月03日

今日も「北の鉄道アルバム」をご利用くださいまして、ありがとうございます。

先ほど東京から帰ってまいりました。

滞在中に「鉄道関係の小ネタ」と称し、大変つまらないことを書いてしまいました。
誠に申し訳ございません。

東京では桜の名所をいろいろ巡りましたが、まだまだつぼみが多い状態。
とうとう満開の桜を見ることはできませんでした。残念です。

それでも、「桜と電車」をテーマに、ダメながらも写真を撮ってまいりましたので、
近く皆さまにご紹介したいと思っております。

眠いので、今日はもう寝ます。では、また。             (くま)

《この写真の詳しい説明は後日。満開だと本当にすばらしいのですが》

「つばさ」 時の鐘 川越だ!

2009年04月02日

 おおっ、時の鐘だ。亀屋じゃないか。埼銀の支店まで写っている!
090330%E5%B7%9D%E8%B6%8A%E6%99%82%E3%81%AE%E9%90%98.jpg


 いきなり、ローカルな話題ですみません。NHKで3月30日から始まった朝の連ドラ「つばさ」のことなんです。舞台となっているのは埼玉県川越市。私はこの街の高校生でした。

 連ドラを見続けているわけではないのですが、今回は別。主人公が川越の老舗のお菓子屋さんの娘というストーリーが決まった時から、ずっと放映を待っていました。
 
 初日から出てくるわ、出てくるわ、懐かしい街並みが。あそこの角を曲がって、こう行って、ああ行くと、学校だ。毎朝、通ったんだよな。

 トンチキ、トンチキ、トントンなんてお囃子が聞こえると、ああ川越祭りだ、山車だ、稚児行列だ。次から次へと、昔が思い出されます。

 テレビの画面でもしょっちゅう出てきますが、木造の時の鐘は川越の象徴です。道新HPにある「フォト海道」で調べたら、ちゃんとありました。さすが30万枚超を収蔵しているデータベースです。

 東京から電車で30分ちょっとなのに、昔の蔵造りの商家が並ぶ川越は、江戸時代の雰囲気を今に伝えています。
 
 ダ埼玉、と言われてきた故郷。でも、今は浦和レッズ、大宮アルディージャ、埼玉西武、それにあの石川遼選手も埼玉県人と、少しずつ自慢できるものが出てきました。

 毎日のTVを見ながら青春の日々を思い起こしているこのごろです。

 追記 川越のお菓子といえば、ホントは芋せんべいではないでしょうか。サツマイモを薄切りにして砂糖を付け、カリカリにしたものです。冒頭の亀屋は有名。ああ、食べたくなった。
                                                (森)
 


 

プロフィール

プロフィール

スタッフ
 電子メディア局に在籍する「不特定多数」「老若男女」のメンバーで構成しています。他のブロガーのみなさんに比べると北海道の「通」とは言えませんが、曲がりなりにも北海道の最新情報を日々発信する職場から、何かしら皆さんのお役に立てればと思っております。

※イラストは道新グループの会員組織「道新ぶんぶんクラブ」のキャラクター「ぶんちゃん」 です。




ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック