北大金葉祭ライトアップ 雨のイチョウ並木もまた美し

2015年10月26日

 今年も北大イチョウ並木が、金色に美しく染まる季節がやってきました。24日には、今年で4回目となるライトアップイベント「金葉祭」が開催され、仕事の帰りに立ち寄ってみました。

 

▼10月22日の昼ごろ撮影したスナップ。小春日和の抜けるような青空のもと、イチョウ並木の鑑賞には絶好のコンディションとなりました。まだ緑が残る手前側の木々、そして奥に行くにしたがって黄色から赤に染まっていくグラデーション模様が美しい。道路のアスファルトに映る並木の影も含めて、まるで芸術作品を観ているようです。
151026-01.jpg

 
▼薬学部のそばの木々は、葉が赤く色づいています。橙色(だいだいいろ)、朱色、紅色、真紅(しんく)・・・ さまざまな葉の色が、柔らかな秋の日差しの透過で美しく発色しています。
151026-02.jpg


▼今年の金葉祭は10月24日、25日の2日間。イチョウ並木の見ごろに合わせ、昨年よりも少し早い10月下旬の開催となりました。『いちょうがいちばん、きれいな日。』手作り感があり、いいポスターです。ポスターのイチョウの絵は、まるで実物のよう。背景の木々の葉が透けているのかと錯覚するほど上手に描かれています。
151026-03.jpg


▼24日の夜、仕事帰りに金葉祭ライトアップイベントを見学しました。あいにくの雨模様ですが、アスファルトに反射するライトのおかげで、イチョウの輝きは昨年よりも美しく感じました。
151026-04.jpg


▼雨のなか、来場者が安全に鑑賞できるよう、誘導ライトで交通整理をする実行委員の学生さん。終始よく通る声で毅然と適確に、そして誠実に対応する姿がとても頼もしい。北大の精神が、今の学生にもしっかりと受け継がれていることを垣間見た思いです。
151026-07.jpg


 4回目の金葉祭、たいへんお疲れさまでした。実行委員のみなさまによる飲食の振舞いに、心も体も温かくなりました。ありがとうございます。

 25日は札幌で初雪が観測されるほどの寒さと強風のなかでの開催でしたが、苦労して実施したイベントこそ、生涯を通じた友と出会う機会になり、「あのときは、寒くて強風の中の金葉祭だったね」と、ずっと忘れることのない大切な思い出になるものです。来年の開催も、楽しみにしています。

 (文と写真=電子メディア局・編集グループ・立花幹彦)

 

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5421

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)