道新写真ニュース「北海道ナウ」 大通サイネージに提供

2015年09月30日

 札幌市が地下鉄大通駅コンコースに設置したデジタルサイネージ「SAPPORO SNOW VISION」の本放映が10月から開始されます。

 「デジタルサイネージ」とは、液晶ディスプレイを利用した大きな広告パネルのこと。一般には聞き慣れない言葉ですが、最近ではJR札幌駅地下街に設置されるなど、新しい広告媒体として普及が進んでいます。

 10月からは、サイネージに放映される広告やおしらせの合間に、北海道新聞が提供する写真ニュース「北海道ナウ」が毎日放映されます。場所はみずほ銀行・宝くじ売り場の近くです。

 第一線で活躍する道新カメラマンが撮影した報道写真はもちろん、北海道の四季を切り取った美しい風景、地域の楽しい催しなど、地下街を通行するみなさまの目と心をなごませ、地下空間に彩を添えたいと思います。どうぞご覧ください。

 

▼宝くじ売り場前に設置されたデジタルサイネージ「SAPPORO SNOW VISION」
150930_01a.jpg

▼試験放映中のサイネージに提供したコンテンツ「大雪山系黒岳 早くも冬景色」
150930_02a.jpg

▼同じく試験放映中に提供したコンテンツ「中秋の名月、来年は新幹線と」

150930_03a.jpg

▼デジタルサイネージは現在6本の柱に設置。来年1月には12本になる予定です
150930_04.jpg
※写真ニュース「北海道ナウ」は、15分ごとに1回、30秒間放映される予定です

(電子メディア局・編集グループ・立花幹彦)

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5267

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)