高倉健さんのラジオの声に心動かされ

2014年12月21日

 俳優・高倉健さん逝去の報道から1カ月となります。

         ◆

 12月8日の夜、高倉健さんの追悼特別ラジオ番組『オールナイトニッポンGOLDスペシャル 高倉健 旅の途中で』が放送されました。私はこの放送を録音し、愛用のウォークマンに転送して毎日の通勤途中に聴き入っています。1996年から2000年までの5年間、ニッポン放送で年に一度放送していたラジオ番組『高倉健 旅の途中で』を特別編集し再放送したもので、高倉さんが、人生や人との出会いについての思いなど、自らの声で赤裸々に語っています。

 91年に高倉さんがエッセー集『あなたに褒められたくて』を出版し、その内容に感動したニッポン放送のプロデューサーが高倉さんに出演依頼し、5年後に本人が出演許可してくれました。そのきっかけは、道内ロケで知り合った十勝管内・上士幌町の少女から届いた1本のカセットテープ。高倉さんの誕生日に、その「犬っころのような」キラキラした目をした少女から、「おじちゃん、お誕生日、おめでとう」とお祝いの声と歌を録音したカセットテープが届き、それを聴いて心を動かされ、『人間っていいな、生きてるって悪くないな、という思いをたくさんの人に感じてもらいたい』と、ラジオ出演を決めたそうです。


        ◆

 1996年の第1回目の放送は、女優・薬師丸ひろ子さんとの対談。高倉さんと薬師丸さんの上質で優しく、お互いを思いやり、少し照れている雰囲気が楽しい会話からよく伝わってきます。聴いていて、こちらも思わず笑みがこぼれます。

 映画「野生の証明」では、役を離れても、薬師丸さんを自分の娘だと錯覚することがしょっちゅうで、『人生は8割以上が錯覚で成り立っているんだよ。あのひとは自分のことが好きだったんじゃないかなあ、と錯覚しているほうが、人は幸せになれるんだ。だから生きていけるんだよ』と語っています。なるほど。私もこのラジオ番組を聴いていると、高倉さんと薬師丸さんと私の3人でテーブルを囲んでいるように錯覚します。錯覚することは幸せを感じることなんですね。

 高倉さんのようなかたでも、気力が落ち、仕事に逃げ腰になることが何度もあったそうです。そうなった時にいつも読んで自分に気合を入れてきた文章を朗読してくれました。高倉さんの写真集『独白』に掲載されている作家の丸山健二さんが書かれた『それが高倉健という男ではないのか』という文章。

 去る12月14日の衆院選挙で、私は会社に泊まり込み選挙速報の仕事をしましたが、出勤する直前、この朗読を聴き直し、気合を入れて臨みました。背筋がしゃんとするというか、気持ちが真っ直ぐになるというのか、余計な雑念を払いのけてくれる御守りのような文章です。


        ◆

 高倉さんが少女のカセットテープの声に感動したように、私もAMラジオの高倉さんの声に心を動かされています。私は「人に何かを伝えること」を生業にしていますが、その本質とは何かという、大切なことを教えられた思いでいます。

 141221.jpg

 上の写真は1995年1月8日に撮影した夕刻の小樽の風景。20年前にフィルムカメラで撮った一枚です。自分で気に入って大きく引き伸ばして額に入れ、今も自宅のリビングに飾っています。ラベンダーにも似た雪の色と、街灯の幻想的な青緑色がたまらなく好き。ディジタルカメラでは出せないアナログフィルムならではの美しい発色です。心に感動を与えるものは、ずっと色あせることはありません。

 高倉健さんも、旅の途中で、同じ風景を見ていたのかもしれません。そう錯覚しています。

 ご冥福をお祈りいたします。

(電子メディア局・編集グループ・立花幹彦)

 

※ラジオ番組「高倉健 旅の途中で」については、高倉健著「旅の途中で」(2003年・新潮社刊)に詳しく記述されています。絶版となっていましたが、最近再出版されました。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3819

コメント

記事、楽しく拝見しました。
「旅の途中で」四刷が 12月20日付けで出版されています。
取り急ぎ、お知らせまで。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)