三陸復興国立公園めぐる旅④(大槌町、被災地の現場を歩く)

2013年06月17日

前回の内容は
http://blog.hokkaido-np.co.jp/staff/2013/06/post-3.html


 旅も後半に入ります。今回は宮古から釜石までの旅路を紹介します(下の略地図参照)

130617-01-map3.jpg
 


 震災前は、宮古-釜石間はJR山田線が通っていましたが、今も不通です。そのため国道45号線をバスで南下しました。宮古は始発だったこともあり、一番前の席に乗車できました。向かって左側が海なので、三陸鉄道同様に「特等席」で海岸の景色を眺めていきました(=写真下=)

130617-02-bus.jpg


 本来なら、海岸沿いの住宅や街並みを眺めていけるのでしょうが、バスの車窓から見えるものは、被災した住宅跡の基礎コンクリ部分がむき出しになった、灰色の単調な風景です。(=写真下=)

130617-03-bus.jpg


 大槌町でバスを途中下車しました。ここは、震災の被害が特に大きかった地域。基礎だけが残された住宅跡地から、黄色い花を付けた雑草が茂っています(=写真下=)。風呂場の浴槽は、そのままの状態です。以前は普通の暮らしがあったことを物語っています。中央遠方の建物は、大槌町の旧役場庁舎です。

130617-07-otsuchi.jpg


 大槌町の旧役場庁舎の全景です(=写真下=)。被災したままの状態になっています。当時の町長が、この庁舎の前で災害対策会議の最中に津波に流され、後日遺体で発見されるという、たいへん痛ましい事態にみまわれました。この旧庁舎は、震災を後世に伝えていくための「震災遺構」として一部が保存されることになりました。

130617-05-otsuchi.jpg


 役場庁舎から少し離れた歩道に、青いペイントスプレーで書かれた文字があります(=写真下=)。『どこにいだの(どこにいるの) みんなまってるよ!』行方不明の家族が自宅に戻ってきた時のためのメッセージです。添えられている花と水は、家族の手で今も頻繁に取り換えられているのでしょう。

130617-06-otsuchi.jpg


 被災地を見守る位置に、東日本大震災一周忌の供養塔が立てられています(=写真下=)。黙祷させていただきました。

130617-08-otsuchi.jpg


 小高い丘から、大槌町の被災地全景を撮影しました(=写真下=)。左上の建物が、旧役場庁舎です。私は通常、ブログに大きな写真をアップしませんが、この写真は拡大写真もアップしてあります。写真をクリックすると、右下の墓地の墓石が倒壊したままになっているのが確認できると思います。

130617-04-otsuchi.jpg


 昼過ぎに釜石に到着しました。釜石港を見下ろす避難場所から撮影しました(=写真下=)。この地域も津波で大きな被害をもたらしましたが、今は、がれきはほとんど除去されています。

130617-09-kamaishi.jpg


 三陸鉄道釜石駅に到着しました(=写真下=)。現在、この駅から列車の発着はなく、駅舎は震災後2年近く閉鎖していましたが、今はジオラマ展示スペースやカフェやとして活用されています。そういえばNHK「あまちゃん」にも、ジオラマとカフェが登場します。この駅にヒントを得たのかな?

130617-10-kamaishi.jpg


 ジオラマの全景です(=写真下=)。細部までよくできています。右下の「運転台」で、ミニチュア列車の発車・停車が自由に行えます。
 
130617-11-kamaishi.jpg


 ジオラマの拡大写真です(=写真下=)。「あまちゃん」でもおなじみの三陸鉄道の赤と青の列車が停車しています。ホームに立つ人がリアル!

130617-12-kamaishi.jpg

 来年の春には、釜石発の列車の運行再開が予定されています。次回の訪問時には、ジオラマではなく実物の列車に乗車できることでしょう。楽しみにしています。
(つづく)

(電子メディア局・編集グループ・立花幹彦)


 



トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/491

コメント

昨日、大槌町内を震災被災地見学(ある旅行会社のイベントにて)しまして、語り部の赤崎さんから生々しいお話を拝聴することが出来ました。町並み、特に防波堤の破損状況には愕然としました。知友人との会合等で、体験したことを伝えれれば、と思っております。(宮城県、福島県にはそれぞれ一回ボランテイア参加したことがあります)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)