三陸復興国立公園めぐる旅③(宮古市・浄土ヶ浜でウミネコ観察)

2013年06月10日

前回の内容は
http://blog.hokkaido-np.co.jp/staff/2013/06/post-2.html

 「住めば都、旅は宮古」と言うかどうかは分かりませんが、今回は宮古市の浄土ヶ浜海岸訪問を中心にお話します。

      ◆

 人にはそれぞれ、生涯忘れられない風景があると思います。私は20年前に訪れた、この浄土ヶ浜海岸の景色です。当時カメラは持ってなく、そのときの写真は1枚もありません。若い頃は、見聞した事をずっと忘れずに記憶できるだろうという、全く根拠のない自信があって、写真を記録するだけのツアーというものを軽蔑していたところがありました。 

 20年が経過し自分も若くはなくなり、自信があったはずの記憶力も衰え、「もう一度、浄土ヶ浜海岸を訪れたい」と、いつの日からか思うようになりました。景色を見るだけでなく、浜風の匂いや波の音を含めて「もう一度再会したい」という思いです。未曾有の震災を乗り越えた分、なおさらに。

      ◆

 三陸鉄道北リアス線の終着駅・宮古に到着し、そこからバスで浄土ヶ浜海岸に向かいました。バスを降りて歩いていくと浄土ヶ浜海岸が見えてきます(=写真下=)

130610-01-joudo.jpg


 白い砂浜が見えてきました(=写真下=)。「浄土ヶ浜」の名前の由来は、いまから300年以上も昔、この地を訪れた僧侶が美しい景色に魅了され『さながら極楽浄土のごとし』と感嘆したことから名付けられたと言われています。

130610-02-joudo.jpg


 20年ぶりに目的地に到着。懐かしさが込み上げてきます。ウミネコもポーズをとってお出迎え(=写真下=)。看板には「陸中海岸国立公園」と書かれていますが、「三陸復興国立公園」に変更されるのでしょうか。

130610-03-joudo.jpg


 レストハウスから海岸全景を撮影しました。観光客はほとんどいません(=写真下=)。学生を卒業し社会人になってからは、風景撮影を趣味のひとつにしましたが、この浄土ヶ浜だけは、私が今まで撮影してきた写真のなかに、似ている景色は1枚もありません。『さながら極楽浄土のごとし』という気持ちが理解できます。

130610-04-joudo.jpg


 海岸から少し離れた小高い場所に、記念碑が建てられています。『1960年5月24日チリ地震津波/地震がなくとも潮汐が異常に退いたら津波が来るから早く高い所に避難せよ』と書かれています(=写真下=)。半世紀を隔てて、記念碑の言葉の重みをかみしめる思いです。プレートに映り込んでいるのは浄土ヶ浜海岸です。

130610-05-joudo.jpg


 観光遊覧船に乗船しました。乗客が投げるパンを目当てに、ウミネコが船と同じスピードでぴったりついてきます(=写真下=)

130610-06-joudo.jpg


 ウミネコの目線をキャッチ(=写真下=)。エサをくれないから怒っているのかな?怖い目つきです。

130610-07-joudo.jpg


 お昼頃のレストハウス前では、ウミネコたちが整列しています(=写真下=)。この時間になったら観光客がエサの「かっぱえびせん」をくれることを学習しているのでしょう。

130610-08-joudo.jpg

 私が前に回りこんでも、微動だにしません。ちょっと怖いです(=写真下=)。AKB48のように「センター」決まっているのかな?(決まっているわけないか。)でも人間よりも厳しい上下関係がありそう。20羽くらいだから「UMNK20」(ウミネコ20の略)と命名しておきましょう(笑)。

130610-09-joudo.jpg


 宮古での宿泊は、駅近くの山田屋別館という旅館です(=写真下=)。素泊まり4500円。浄土ヶ浜海岸には天気のいい日に訪れたいと思っていたので、天候しだいでは、数日間の滞在も考えていました。(写真の窓に映り込んでいるのは筆者です)

130610-10-joudo.jpg

 宿のおかみさんは親切なかたで、私のわがままな要求にも「宿泊予定を変更しても構いませんよ」と快く応じてくれました。居心地がよく部屋は質素な畳敷きです。
 このあと三陸復興国立公園をさらに南下し、内陸の花巻市を訪ねた後、旅の帰路にもこの宿で一泊しました。数年後にまた泊まりに来ます。そのときもよろしくお願いします。

(つづく)

(電子メディア局・編集グループ・立花幹彦)

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/457

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)