« ボールは変わるよ、再興だ! | メイン

教育者たりえるスポーツマン

2013年05月05日

 長嶋茂雄氏と松井秀喜氏の国民栄誉賞授与式が行われた。
 長嶋茂雄氏と王貞治氏は、「巨人・大鵬・卵焼き」時代の巨人軍の誇るスーパースターだった。
 その長嶋氏は脳梗塞の後遺症との戦いの真っ最中で、王氏も癌との戦いを続けている。
 松井氏は巨人軍のスーパースターから米大リーグ、ニューヨークヤンキースの主軸選手として活躍。しかし左手首の骨折以降は両膝の故障などが連続、それらを越えてワールドシリーズMVP獲得など不屈の戦いを繰り広げた。
 きょうの国民栄誉賞授与式をみて、きわめて希なことだが「教育者足りえるスポーツマン」が存在するのだと思った。長嶋氏や王氏の不自由ながら戦う姿を見て、勇気をもらう国民がどれほどの数になることか。
 松井氏はインタビューのなかで、「ファンはチームが勝つことで喜んでくれる。自分が打てたからと言って、チームが負ければファンのために貢献したことにはならない」といい、「チームの勝利のために戦ってきたということだけは断言できる」といいました。考えてみれば、高校時代の「甲子園での5打席5敬遠」の時も、顔色一つ変えずに1塁へ歩いたものでした。
 きわめて希なことですが、スポーツマンで教育者に昇華される人たちを見れたと思いました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/20575

プロフィール

プロフィール

伊藤 龍治
1947年札幌生まれ。札幌啓明中では夏は野球、冬はスキー。旭丘高では夏はバスケット、冬はスキー。「スポーツ二毛作」実施者。早稲田大でスキー。日本初のアルペンサービスマン、世界初のジャンプワックスマンは自称ながら事実。スキーで4年おきの「骨折五輪」に3度出場。全日本アルペンコーチ。北海道新聞に「いい汗いい話」を12年半執筆。テレビ、ラジオ、講演などスポーツジャーナリストとして活動中。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー